1
/
5

What we do

【メディア事業】 Wediaは『日本一のWebメディアを作る』をビジョンに掲げ、Webメディアを立ち上げました。 2年という短期間で、音楽メディア『OTOKAKE』を業界2位にまで成長させました。現在も「ユーザーの当たり前」を作るために様々なWebメディアを立ち上げています。 こちらがWediaが運営しているメディアの一例です。  ●OTOKAKE   https://otokake.com/  ●デジマクラス   https://digima-class.com/  ●トレーニングマスター   https://kintore-master.com/ SEOライター100名、SEO編集者40名が24時間体制で月に1,000~2,000記事を執筆しています。 Webサイト以外にも分散型メディアを多数運営中で、自社で運営しているFacebookページでは合計500万「いいね」を突破しました。 【コンサルティング事業】 ■国内最大手(月次数千万PV~数億PV)のWebメディアのSEOコンサルを実施。 ■SEO対策講演会、メディア運営研修などを通してクライアントのWebメディアに関する課題を解決。 Webマーケティング以外に、デジタルマーケティングやリサーチ、コンサルティングもしています。 デジタルマーケティングの領域全てがWediaの守備範囲です。

Why we do

メディアによるユーザー課題の解決
ユーザーの新しい「当たり前」を作る
Wediaは「欲しい情報が欲しい人へ渡る社会」の実現を目指しています。そんな社会を実現するために、「メディア」でユーザーの課題を解決しています。 例えば、パン屋は空腹な人を「パン」で解決し、布団屋は快眠を求める人を「布団」で解決します。 なので、Wediaが「空腹」という課題の解決に臨む場合は、  ●自宅ですぐに作れる料理のレシピ  ●空腹を感じる前に間食を取ろうというアドバイス などの「メディア」を作ることで解決します。 また、快眠という課題の解決に臨む場合は、正しい寝方やどんな布団が自分に合っているかを調べる「メディア」を作ることで解決します。 それぞれの職業で課題解決の方法は違いますが、Wediaは世の中の課題を「メディア」を通して解決することにアプローチします。 Wediaが運営している「OTOKAKE」は、年間2000万のアクセス数を誇る音楽メディアに成長。 ここまで成長できたのは、音楽に詳しくないユーザーが抱えていた「手軽に音楽情報を知る場がない」という課題を解決したからに他なりません。 Wediaはこれからも、ユーザーの生活に深く根付き「その存在がない世界にはもう戻れない」といったユーザーの必需品のようなメディアを作ります。

How we do

Wediaメンバー
社名はWeb+Media=Wediaが由来
<Wediaの文化> Wediaでは長年の実績から日本最大級のメディアを作る為に必要な力は3つであると考えています。 ①真摯 ②結果主義 ③チームワーク ※詳細は以下のページで解説 ①真摯:https://www.wantedly.com/companies/company_1792728/post_articles/336565 ②結果主義:https://www.wantedly.com/companies/company_1792728/post_articles/337160 ③チームワーク:https://www.wantedly.com/companies/company_1792728/post_articles/337244 この3つの力を備えたプロフェッショナルが集結し、株式会社Wediaを作り上げています。 働いている人は、倍率50倍〜100倍の激戦を突破してきた圧倒的な実力者数人で、少数精鋭です。 皆それがわかっている為、一緒に働く仲間を深く尊敬し、実際に自分たちの日々の活動によって業界が劇的に変化していく様子に「やりがい」を感じています。 皆さんにも是非、変化の瞬間を目の当たりにしていただきたいです。 常に走り続けるWediaの社員はどんな環境で仕事をしているのか、その一端を紹介します。 結果を出すためには、より良い環境で働くことが大切です。良い環境が高い集中力で仕事に集中させることができます。 オフィスは清潔に管理されています。高品質なスピーカーからは常にチルヒップホップが流れています。 結果を出しながら走り続けるためには、メンタルケアが大切です。Wediaではメンタルケア法として瞑想(マインドフルネス)を取り入れています。 Google・Appleなど世界的なIT企業において、瞑想によるメンタルケアはグローバルスタンダード化しています。 もちろんWediaも瞑想を取り入れていますが、より効果的なケアを行うべく「独自のノウハウ」を確立し、日々実践しています。