1
/
5

面接官が一番知りたい事

面接していて一番困るのが、
マニュアルに書いてあるような受け答えをされる場合です。

どんな質問をしても、100点満点の答えだと、印象に残らないのです。

その人らしさが全く見えないため、
採用して大丈夫なのか不安になります。


面接は、
会社が就職活動している人を選ぶ場であり、
就職活動している人が会社を選ぶ場です。


過大評価されて入社すると
会社も自分も不幸な結果になる事が多々あります。

多少、答えにつまって即答出来なかったとしても、
よく考えて自分の言葉で答えようとしている姿は、
印象が良い場合もあります。

面接は、緊張してしまう方も多いかもしれないですが
緊張してしまう、というのは、選ばれる立場、つまり受身のポジションに自分をおいているという事。
軸を会社側に置いているから。


軸を自分側に置いて、
自分に見合う会社かどうか判断する場、と捉えると
面接は全然違うものになってくると思います。


質問されるだけの面接ではなく
どんなビジョンを持っている会社なのか
自分に合う働き方が可能か、など
会社に質問する側になる、自分に合う会社を選ぶんだという意識を持つ事も重要なのではないでしょうか。

対等な関係で、お互いにマッチするのか判断するためにも
その人自身の言葉でその人らしさや考えが
面接で一番知りたい事です。

株式会社ライジング・フォース's job postings
1 Likes
1 Likes

IT

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more