Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】投資用不動産営業から人材営業へ。「人の繋がりを作る」人材事業のやりがいとは。

株式会社クラウドナインが掲げるビジョンは「ITを活用して、新しいワクワクを想像する」です。ビジョン実現のために欠かせないのが、メンバー一人ひとりの仕事に対する向き合い方だと考えています。クラウドナインの社員インタビューでは、現場で活躍している社員が「仕事とどう向き合っているのか」を中心に皆さんにお伝えしていきます。今回は、人材事業部で営業を担当する石黒さんをご紹介します。


社員プロフィール

石黒彩奈

新卒で投資用マンションの営業職を経験。新卒メンバーに送られる各賞を受賞するも2018年にクラウドナインに入社。現在は人材事業の営業職として活躍している。

__ 前職で担当していた投資向けの不動産営業は、比較的厳しい業界のイメージがあります。どうしてその仕事を選んだのでしょうか?

採用担当のかたに惹かれたことが一番大きいと思います。

前職は新卒で入社した会社でした。当たり前に就活をする中で、学生時代の先輩が誘ってくれたのが前職を知ったきっかけです。新卒就活をする中での1候補として前職がを見ていたのですが、当時の採用担当のかたがとても魅力的な方でした。面談を通してそのかたにどんどん惹かれていくうちに、前職企業自体への興味を持つようになったんです。

採用担当のかたは”会社の顔”としての活躍や、周囲のメンバーを想う姿勢などがとても尊敬できるかたでした。いま振り返ってみると”将来は自分もあの人のように活躍したい”という憧れもあったように思います。

もう一つの理由として、社会人としての成果を出したかったというのも理由です。当時考えていた”社会人としての成果”は、とにかく稼ぐことだったので、若いうちから活躍して稼げるというイメージから投資用不動産領域にある前職を選びました。

__ 前職から離れようと思った理由は何でしょうか?

人事領域に関わる仕事がしたかったからです。

前職では営業として一定の成績を残すことができ、やりがいを感じることもできていました。その中で入社理由であった憧れの存在に近づくために、人を支える仕事がしたいと考えるようになったんです。

新たな挑戦ではあったのですが、"会社の顔"であったり、周囲のメンバーを支えるということを実現できるのは人事だと思い、転職をきめました。




__ どうして人材事業、クラウドナインを選んだのでしょうか?

人事での転職を探している中で、ウォンテッドリーに掲載されていた人事募集を見たことがきっかけです。

入社を決めたのは、面談でクラウドナインの社長に熱く語られたことが一番大きな理由でした。特に私のやりたかった”会社の顔"としての活躍や、周囲のメンバーを支えるということに共感してもらえたことが嬉しかったですね。また、やりたいことを達成する職種は人事に限ったことではなく、人材業界に関わることでも実現できるのではないかというお話を伺い、人材業界や”人とのつながり”に興味を持つようになりました。

__ 実際に入社してみて感じたことややりがいを教えて下さい

”人の繋がり”を作るという部分でとてもやりがいを感じています。

入社前は人事をやりたいという漠然としたイメージを持っていましたが、人材事業を通じて”人の繋がり”というものがなにかわかってきたように思います。特に日本で働きたいという外国人エンジニアの就業先を見つけたときは、人の繋がりを自分ごととして感じることができ、とても嬉しかったのを覚えています。

また、仕事を通じて、"周囲のメンバー支える"経験をしているという実感があります。人材事業は、扱う対象が人間であるからこそ、人によって接し方を変えたり、伝え方により気を使うという意味で人事に共通する部分があるなと感じています。最近では、相手の求めていることを理解できているという実感をより強く感じることができています。

また、自分のブランディングが仕事の情報を集める上で重要だということも強く感じています。比較的若い年齢と、女性という前提だけで、”仕事ができない人だ”と周囲に思われたくないので、取引先との連絡を取るときにはより丁寧、誠実な仕事をするように心がけていますね。

__ 前職とのギャップがあれば教えて下さい

人材事業、特にフリーランスのマッチング領域は独特な業界だと思います。これまでは不動産という形あるモノを売っていたので、商品を購入する人を満足していただければ成果がだせました。対して、フリーランスのマッチングは、働く人も、雇う人も満足させないといけません。そういった意味では両者の期待値調整とその仕組自体がとてもおもしろいという意味で良いギャップになっています。



__ どんな人がクラウドナインで活躍できると思いますか?

信頼関係を構築できる人です。

今の会社で活躍している人は、IT領域の知識をしっかりと持っている前提で人間的にも魅力がある人が多いですね。採用に必要なエンジニアのスキルをしっかりと理解できていることはあたり前で、その前提で人間的にも惹かれるモノがあるんです。特にいま私の上長として活躍している人は、自分のキャラクターを理解していて、そのキャラクターづくりがうまいと思います。

また、お客様と継続的な関係値を築くからこそ、マメな連絡や報連相など当たり前のことを当たり前にできる人が活躍できると思います。

株式会社クラウドナイン's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings