1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

Qosmosのあゆみ

こんにちは。コーポレートの座間です。

新年あけましておめでとうございます!…という時期に書き始めたのに
気が付けばもう2月ですね(白目)

昨年は色々とあり大変な年だったかと思います。
今年は少しでも多く明るいニュースが飛び交う年になりますように。
今年もBPMを!Qosmosを!どうぞよろしくお願い致します。


さて、昨年満を持してローンチした弊社のQosmosですが、
徐々に契約数、トライアル数を増やしている中で、
まだまだQosmos本当の魅力に気付いてないかもしれない(主に私が←)

ということで、私決めました。


今年は、Qosmosを社内外問わずどんどんアピールしていきます!!


以後よく広まるQosmos教。
いいですか、今日からあなたもQosmos信者です。



具体的に何すんの?話ですけど、2021年1発目(私の投稿が)なので
ここはQosmosの誕生までの歴史をみなさんと一緒におさらいしていこうかなと思っております!!!


さて、ここで問題です!

Qosmosの種ともいえる、弊社が一番初めに開発を始めたシステムはなんだったしょうか?
ヒント:みなさんの家に絶対ある、粗品とかでも良く出てくるアレと同じ名前です!


シンキングタイムは10秒です。
ご自身で10秒カウントして下にスクロールしてくださいね。











正解は…「Towel」でした!!

画像はTowellになってるけど、正式なサービス名はTowelだそうです。
読み方は「タオル」

「To Well」:業界を良くしていきたい的な感じ
「タオル」:職人さんを想起させたい→職人さんは体使って仕事している→汗かく→タオル

という意味が込められているんですって!

Towelはいわゆる職人マッチングシステムですね。




こんな感じで案件と職人さんをつなげるサービスだったようです。

実はこのTowelというシステムの存在、
今回の記事をメンバーにチェックしてもらうまで座間は知らなかったのです←
次に出てくるサービスが弊社の始まりだと思ってました。

弊社の中にも「知らなかった!!」という方いらっしゃるんじゃないでしょうか?
いると信じたい。私だけだったらどうしよう…。


余談
当時社内には、開発メンバーがいなかったので外注していたようです。
共有してもらった資料の中にお見積書なるものを発見しこそこそチェック。
まあ、それなりの金額ですよね。システム開発ってお金がかかるんだなあ…。




さてさて!次の問題です!!

結果的にTowelは世の中にその名を馳せる事ができませんでした。
その後、弊社は社内に開発メンバーを迎え新たなシステム開発に漕ぎだします!
記念すべき1つ目の自社開発サービスの名前は何だったでしょうか?
ヒント:カタカナ4文字のイケてるサービス名です。


シンキングタイムは同じく10秒です。それではどうぞ!










正解は…「ナオシテ」でした!!!



今までコンタクトセンターと言ったら電話やメールが主流だったところに、
LINEというチャネルを追加した、超画期的な最新のIT技術を活用したコンタクトセンターです。

これは私がBPMに来た時に「こういうサービスも開発中なんです!」と説明を受けたので
かれこれ4年くらい前でしょうか。当時はまだ工事業者としての色が強かったですね。
私も「工事店の座間です!」と電話をかけまくっている時期でした。(なつかしや~)



これは管理者側の案件一覧画面。
こうしてみるとQosmosと似ているような気がしますね。(え、全然違う?)
実はこれ、社内でテスト運用みたいなのがされていた時期もあって、実際の案件をナオシテで起票して手配していたこともありました…が、その後本格的に運用するには至りませんでした。

システム開発ってムズカシイネ。









どんどんいきます、次の問題です!

ナオシテはこの後パワーアップした姿に変身します。
この進化したプロダクトにつけたれた名前は何でしょうか?
ヒント:ぐるぐる回る蛇みたいな生き物の名前です←


ご存じの方はそのままスクロールどうぞ~












正解はこちら


はい、正解はUROBOROS(ウロボロス)です!


やだ、なにこれ凄くかっこいいじゃない。(そして資料のロゴが昔のだわ)
循環性・無限性・永続性・完全性…うんうん、何だかQosmosっぽさを感じるね。イケてる感あるね。



UROBOROSはあまり画面イメージがなかったんだけど、弊社CTOに貰った資料から少し抜粋。
左側はQosmosにもある横断工程表的なやつかな。右側はちょっと小さくて文字が読めないけど、
売上金額とか完了案件数の推移がグラフになってるみたい。

前回より管理サイドの機能が多く盛り込まれている気がしますね。


同じウロボロスなのになぜこんなに違うのだろうか…(Wikipediaさんより抜粋)
蛇っていうか、ワニ感が強い。







で、そんなこんなありまして(雑)、昨年ついに誕生したのが…


QOSMOSレポートです!!!おめでとー!!


QOSMOSレポートとは (通称:コスレポ)

現地調査及び現地からの報告業務を効率的にするサービスです!

案件ごとにURLを発行し協力業者に送るだけで、現場の情報を収集・履歴を管理できます。
アプリのDLが不要な為、スマホやタブレットさえあれば誰でもすぐに利用できるので、
システム慣れしていない現場の方でも使いやすい仕様になっています!

作業ごとに報告フォーマットをカスタマイズできるので、経験が浅い作業者でも
必要な情報を抜け漏れなく報告することが可能です。
熟練者が直接現場に行かずとも同様の調査が出来るようになります。

https://bpm-gr.co.jp/qosrepo



ちなみに、3問とも正解した方には私から拍手をお送りします(パチパチ!!)




これを読んでいるそこのあなた!

どうですか?弊社のQosmosの魅力が伝わりましたか?
え?まだまだ足りない?もっと知りたい?
ではぜひ弊社に遊びに来てください!勿論オンラインでも大歓迎です!

薬局の上でお待ちしております!

BPM株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings