1
/
5

入社3か月のディレクターが見た!ビッグビートの文化

今年3月15日にビッグビートは創立27周年を迎えました。

そのタイミングでインナーコミュニケーションのひとつとして動画を制作しました。

ただただ、社員がいい感じで語っている動画です。
ですがこの動画制作の裏には、3年後に迎える30周年に向け、今一度自分自身がビッグビートで何を思いどんなやりがいを持って働いているのか、その理由を社員に考えてもらうきっかけをつくりたい、という代表濱口の想いがありました。

また、コロナ禍でビッグビートは即座に在宅勤務に切り替え、画面越しでの会話があたりまえになって2年。不便はないけれど、でもやはりコミュニケーションの難しさはありました。そんな中薄まりつつあったビッグビートの企業文化を取り戻すインナーコミュニケーションの一環としての取り組みでもありました。

制作に挑んだのはまだ入社半年にも満たないクリエイティブディレクター吉田氏。

彼は制作にあたり、まだビッグビートをよく知らない自分自身がディレクションをして本当にいいのだろうかと考えたそう。でも、ビッグビートを知らない自分だからこそ、第3者の目線で代表濱口と社員のオモイを繋ぐことができるはず。“とにかくやってみよう”と仕事に取りかかった吉田氏。

しかし、動画というのはあくまで結果的なアウトプットだった、と吉田氏は言います。

「最終的に動画という形になりましたが、言ってしまえば動画でも記事でも漫画でもなんでもよかったんです。大事なのは、インタビューをして考えて言葉にする時間。質問に対して、昔を思い出して楽しかった記憶や懐かしい思い出、そんなことを思い出しながら、自分にとってビッグビートがどんな存在なのかを話す。その瞬間こそが今回の企画の核となる本質なのではないかと感じました。」

そう語る吉田氏の言葉のとおり、動画にはひとりひとりが真剣に、時折照れくさそうにしながらも、
自分がビッグビートを選んだ理由、そして今ビッグビートで働く理由を赤裸々に語る様子が映っています。

『 だから、 “ここ” にいる 』

これが動画のタイトルです。
この言葉の“ここ”が指す場所、それは必ずしもビッグビートという会社を指すものではなく、
私たちがたくさんの選択肢の中から選んできた道、今この瞬間の自分自身が立っている場所。
その選択を振り返ったとき、自分自身のよりどころとなる想いが必ずあり、それが私たちが今“ここ”にいる理由なのだと思います。

ビッグビートで働く人たちがどんな思いでこの場所を選択し、選び続けているのか。
ぜひ動画をご覧ください。

▼315動画はこちらから
https://youtu.be/SHq507yu7ks

株式会社ビッグビート's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more