1
/
5

ここでしかできないスペシャリテを

ガーブコスタオレンジを立ち上げるにあたり、新しくシェフを迎えることに。
ミシュランガイドにも掲戟され、予約のとれない店、大阪・天神橋の「イル・チプレッソ」、さらに京都祇園「イル・チプレッソ祇園花見小路」を経て、弊社バルニバービグループの代表である佐藤との対話の中から、淡路島への想いを募らせ、この淡路島プロジェクト「ガーブコスタオレンジ」のシェフを快諾した高島朋樹シェフだ。

高島「海もある、山もある、自分の近くに食材の生産地が揃っているということは、コックにとっては理想的な環境です。」

シェフ高島は食材のポテンシャルを最大限に引き出すことを常に重視し、―皿を仕上げてきた。その高島にとって淡路島とは自身の手の届くところで食材がつくられていることは最大の魅力だと話す。

高島「イタリアでは半径1km以内のものしか使わない、といったリストランテやトラットリアが主で、地産地消が根付く、というより、自分のところのものしか使いたくないといった考え。それを淡路島で体現できるのではないかと想い描いています。」

そのためには淡路島の風土を知り、体験することを重要とし、そしていままでつちかった第一線での料理経験を活かし、淡路島の生産者の方々と歩みたいと決意している。

高島「淡路島には可能性があり、生産者の方々と一緒に美味しいものを提供していきたい。自身の想いを伝え、よりよい食材、そしてその食材を最大限に生かす料理をし、届け、ガーブなら美味しくしてくれると思って もらうことで、信頼関係を結んでいきたいです。
淡路島の風土と体験を、食材と料理によって体感してもらう、そのスペシャリテをつくりあげることが自分の責務だと考えています。それができなければ淡路島に来た意味がない。」

淡路島という場所を楽しみ、淡路島と向き合うことでしか生まれない、その料理に向けて、シェフ高島の新たなる一歩が始まった。

高島「コックとしてやりたいことは、大阪、京都でほぼやってきました。あと何ができるだろうと考えたとき、いままで遠かった生産地とその生産者の方々と共に歩むこと。そして淡路島なら使いたい食材が全てそろっている。これからもどんな発見ができるか、楽しみです。」

株式会社バルニバービ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings