1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

社員インタビュー~入社の決め手は”一番信用できそうな会社”だったから バックオフィス Yさん

自己紹介

2016年中途入社。AZではバックオフィス業務全般を担当。
国内外の出納業務、キャッシュフロー管理、売掛金管理などお金に関わる業務やスタッフが働きやすい環境を整える体制作りや労務業務が中心。社内一人部署として日々奮闘中。

AZに入社した経緯を教えて下さい

前職では営業事務や経理補助などをしていましたが、転職活動中に今後のキャリアを考えた時に次に働く会社では

・会社としての基盤を作ることに携わりたい
・従業員として経営陣と距離の近いところで仕事がしたい

を実現したいと思っていました。

そんな時にAZのバックオフィス部門の募集に出会ったのが入社のきっかけです。

当時は人数も規模も今よりもまだまだ小さかったですが、第二創業期で成長中のAZで会社を育てるメンバーとして働きたいと思いました。いくつか内定受けていたのですが、面接時のやりとりや対応、空気感が一番信用できそうな会社だなと感じた点も入社を決めたポイントです。


現在担当している業務・お仕事は何ですか?

現在の業務は経理、人事労務を中心としたバックオフィス業務になります。広告費周りの入出金、海外送金を含めた出納業務、キャッシュフロー管理、売掛金管理などお金に関わるあらゆる業務や労務に関する業務、スタッフが働きやすい環境を整える体制作りにも関わらせてもらっています。

入社時には他業種からのキャリアチェンジということもあり、社内のITツールの多さには驚きました。最初は使いこなすことに少し苦労しましたが、周りのメンバーに聞いたり、自身でもITに関わる資格を積極的に取ったり、バックオフィスから見た業務効率性、コスト面も意識しながら仕事をしています。

現在、AZのバックオフィスは私一人の単独部署なんです。一人部署だと、ある程度は自身でタスクの調整ができ、業務フローの改善などもすぐに反映しやすいですが、逆にわからないことが起きると、自力で解決することも求められます。そういった環境なので、AZに入社してからは、自分で調べたり、考えたりすることがかなり増えました。笑

どうしても一人で解決できない問題にぶつかることがありますが、外部の専門家に聞いたり、経営陣に確認を取ったりしながら進めています。

バックオフィスのイメージとして、定形業務が多いように思われる方も多いのですが、3割くらいは非定形の業務もありますね。そういった業務では、臨機応変にスピーディーな対応が求められることも多いです。

業務内容によっては、会社の重要な意思決定の材料になることも多く、とても責任感ややりがいを感じています。

またバックオフィスとして気をつけているポイントとしては、情報の整理があります。過去の経緯を遡ったり、属人化しないように定期的に整理したりしておくことで、会社が安心して常に未来へ進みやすい状況を作っておくことも意識しています。

それ以外にはバックオフィスとして社員が働く環境にも気を配るように心がけています。個人的には社員がいきいきと働ける環境があることで、お客様へのより質の高いサービスの提供につながると思っています。まだまだ日々学ぶ事が多いですが、これまでの事務経験も活かしながら、働く社員がより仕事に集中できるような基盤作りやサポートができる仕事に関わり、今後もそれぞれの業務を極めて幅広く業務にかかわっていきたいです。


AZで働く魅力を教えて下さい

会社の成長を側で感じられる点とチャレンジさせてくれる点です。

お互いを信用して、その人に任せる環境があるので、チャレンジしたい人はチャレンジできます。私の場合は、一人部署ということもあり、ある程度は自力でも学びながらも、より専門的領域に踏み込んで業務に取り入れたい場合は、上長と相談し、外部講座やセミナー、研修を利用して学ばせてもらっています。

外部の方々の知識や情報をアップデートすることで自分の世界が広がるので、また新しい業務にチャレンジすることができます。そういった環境に身を置くことで自分の中で掲げた目標を達成していく環境がAZにあるのも大きいです。

こんな人と一緒に働きたい

自分の行動に責任が持てる人。
例えば何か問題が起きたときでも最後までやり抜く人。相談できる人はもちろん周りにはいるのですが、最後まで主体的に行動できる人と一緒に働きたいです。

会社のスピードが速いので、ついていける人
私の体感ですが、前職に比べ意思決定からのスピードがすごく速い(笑)ので、スピードについていこうとする、ついていくことが苦にならない人のほうが働きやすいんじゃないかなと思います。

最後に

現在AZでは一緒に働くメンバーを募集しています!
働くメンバーに話を聞いてみたい方は、下記からお気軽にご応募ください
https://www.azkk.co.jp/recruit/

株式会社AZ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings