『価値ある良いもの』をつくりたい、入社2年目のエンジニアが語るand factoryらしさとは。

大学時代は文系を専攻し、入学時は今とは全く違うキャリアを描いていました。3年生になるタイミングで、なんか違うのでないかと感じ始め、昔から好きだったパソコンに携われる職業につきたいと思うようになりました。そして、理系の友人達の影響もあり自然にエンジニアという仕事に興味を持つようになっていきました。

と話してくれたのは、Smartphone APP Division エンジニアの佐藤 歩

現在は、新規事業開発のエンジニアとしてアプリ開発からサーバ周りまで幅広い業務を担う佐藤が、働く上に大切にしていること、入社2年にしていま思うことなどを語ってくれました。


佐藤 歩(さとう あゆむ)プロフィール

文系4年生大学在学中に、好きだったパソコンに携われる職業につきたいとエンジニアへ進路の転身。
大学卒業後2社を経てand factoryにジョイン。現在はアプリ開発からサーバ周りまでマルチに活躍。

人と人、コミュニケーションは働く環境づくり

プログラミングは未経験ではありましたが、新卒でSESの会社に入りました。入社したら教えてもらえるだろう、という思いでエンジニアを希望しました。先輩の同行でいくつかのプロジェクトに出向させてもらいましたが、最初はどこの現場に行ってもエンジニアとして活躍することはできませんでした。それはそうですよね、全くの初心者だったんですから。(笑)

エンジニアとして一人前の仕事ができない代わりに、illustrator/Photoshopを使用したデザイン修正、提案書作成や動画処理などを行うこともありました。現場で学ばせてもらうというフェーズだったので、現場の方々に受け入れてもらえない時期もありましたが、まずは僕自身を知ってもらっておうという試みをしました。職場や飲み会でのコミュニケーションは良く取るように心がけてましたし、朝のあいさつにしても大事なコミュニケーションだと思い大切にしていました。その結果、いろんな現場で受け入れてもらえるようになり、現在でも当時の人々と仲良くさせてもらっています。


転職経緯、and factoryに入社を決めた理由

2社目は開発担当として入りました。エンジニアとして成長し、コードを書きたいという思いを強く持っていました。入社後はiOS開発を担当していましたが、徐々にディレクションがメインとなっていき、純粋にコードを書き続けられるエンジニア、という職種からは遠ざかっていきました。すぐに転職するという選択肢もあったのかもしれませんが、業界経験が浅かったのでディレクターとして学べることをしっかり学びたいと思い、職場ではディレクター兼エンジニア、週末は知り合いの会社でひたすらプログラミングをさせてもらいました。4年程いろいろ学んだ上で、自分のこれまでの経験やエンジニアとしての技術がどれくらい通用するかを試してみたいと思ったのをきっかけに、転職活動をスタートしました。

そんな中、and factoryのことを求人媒体で見つけて応募しました。いくつか面接を受けてましたが、他企業の面接担当の雰囲気や会社風土が合わないなと感じている中、and factoryは他の企業とは異なっていました。僕の経歴一つとっても前のめりで興味を示してくれたり、質問や会社に関しての説明も丁寧で、ビジネスに関しても魅力を感じました。一番の決め手となったのは、面接をしてくれた青木(取締役)の人柄です。人に対して明るく真面目で、直感でいい人そうだなと感じましたし、入社した今もそれは変わっていません。

2年で社員3倍に、会社が成長する中で感じること

僕が入社した時はまだ20名程度だった社員も、2年で約3倍になりました。ベンチャー企業としてメンバー数もビジネス規模も大きくなってきている今のタイミングで、会社とともに成長できることは僕にとって貴重な経験をさせてもらっていると感じます。役員は魅力的な素晴らしい人たちばかりで、しっかりとビジョンや思い、進める方向を示してくれていると思います。

入社した時から変わらないのは、いい意味で同じ高さの目線で語ってくれるところです。役員と距離が近いことによって、やらなきゃいけない時はみんなでやりきる!という意識がしっかり浸透していると思いますし、メンバー同士にもTeamPlayがうまれていますね。and factoryらしいとてもいい文化だと思います。


リファーラルで呼んだ仲間が今のパートナー

今はSmartphone APP Divisionの中では新規事業開発を担当しています。プロデューサーを含めた少人数チームで、戦略をしっかり練ってスピード感を持って開発に取り組むことを心がけています。今期の目標として、サーバーもやりたいというのをあげていたので、今はアプリとサーバーを担当しています。サーバーチームのエンジニアたちも色々共有してくれているので、今までとは比較にならないくらい効率よく技術習得できています。大変ではありますが、いろいろチャレンジやらせてもらえる機会があることは楽しいと感じます。

実は、現在同じチームで一緒に働いているプロデューサーは、僕がand factoryに誘いました。彼自身の人柄や仕事に求めることや実現したいことを知っていたので、彼に合う環境かなと思い1年間誘い続けたところジョインしくれました。思ったとおり存分にやりたいようにやって結果を出していると思うので、とても頼もしい仲間です。常に情報は共有し合い、ちょっとした齟齬が生まれそうだと感じたらお互いにすぐに確認するようにしています。自己満足的な作り手よがりなものを作ってもユーザーに受け入れられず売り上げに繋がらないものであれば、それはかっこ悪いものだと思うので、スピード感を持ってしっかり「価値ある良いもの」作りをしていきたいと思っています。

やってみないとわからないことがあれば、まずはやってみる

and factoryのメンバーは、各方面でとても優秀で経験を積んでいる方、そして人として魅力ある方が多いと感じます。そんな環境で働けるのはラッキーだと思っているので、競い合うというより、年齢や職種問わずいいところを盗ませてもらっています。また、優秀なメンバーが不得意分野で困っている場合は、できるだけ協力し効率よく結果を出していけるよう、立ち回りたいと思っています。

知らないことがあれば聞く、やってみないとわからないことがあれば、とりあえずやってみる。何よりも行動することが自身の成長に繋がり、会社にとっても良い結果を生むと思っています。


and factoryにこれから入ってくる方へのメッセージ

急成長をしていてスピード感がありながら、とても仲間を大事にしている会社です。一人で抱え込むことなく協力して結果を出して、みんなで喜びを分かち合える環境だと思います。悩みがあっても距離の近い役員たちが何でも聞いてくれますので、安心して飛び込んできてください!

and factory株式会社では一緒に働いてくれる仲間を募集してます!

Androidエンジニア
Kotlinを使って圧倒的スピードで価値を生み出すAndroidエンジニア
and factory(アンドファクトリー)は、Smartphoneの持つ事業可能性に対してどこまでも真摯に、積極的に挑戦を続けていく会社として、2014年に原宿で誕生しました。 専門性の高い事業を牽引してきたボードメンバーを中心に、Smartphone App・IoTそれぞれの専門領域で事業を推進しています。 ●Smartphone APP Division 自社サービスとしてエンタメ、ニュース、書籍など幅広いジャンルで多数のアプリをリリースしてきました。 大量のユーザーを抱える無料アプリ群を保有しながら、UI/UXや開発力に優れるヒットアプリをリリースし続けています。 現在、日本を代表する出版社との協業事業などにも積極参入して実績を重ね、新たなお話も多く頂いております。 ●IoT Division IoTは様々な事業ドメインに導入が可能であり、 IoTプラットフォームの確立と技術開発のための実証実験の場として多くのメディアに注目されている「&AND HOSTEL」の事業やヘルスケア事業の他、人々の生活に新たな価値体験を届けるIdeaを形にし、ビジネスプラットフォームを確立することに積極的にチャレンジし続けています。
andfactory株式会社
iOSエンジニア
成長意欲高いメンバーと、裁量大きな環境でチャレンジしたいiOSエンジニア
and factory(アンドファクトリー)は、 Smartphoneの持つ事業可能性に対してどこまでも真摯に、 積極的に挑戦を続けていく会社として、2014年に原宿で誕生しました。 ●Smartphone APP Division 自社サービスとしてエンタメ、ニュース、書籍など、 UI/UXや開発力に優れる幅広いジャンルのヒットアプリをリリースし続けており、 現在は日本を代表する出版社との協業マンガアプリ事業に積極参入し、成長しています。 ●IoT Division IoTは様々な事業ドメインに導入の可能性を持っており、 IoTプラットフォームとして、人々の生活に新たな価値体験を届けるIdeaを形にし、 ビジネスプラットフォームを確立することに積極的にチャレンジし続けています。
andfactory株式会社
andfactory株式会社's job postings
31 Likes
31 Likes

Weekly ranking

Show other rankings