1
/
5

【インタビュー】Playlist 創業から今期へ向けた想い(営業統括 ver.)

こんにちは。Playlist 採用広報担当の荒木です。
Playlistは2022年6月で創業3期目を迎え、6月23日で創業2周年を迎えました。そこで今回は営業統括である新垣貴弘さんにPlaylist 創業への思いと今期の目標を語っていただきました。
ぜひとも最後までご一読いただけますと幸いです!

新垣 貴弘(Takahiro Arakaki):営業統括部

アパレル経験を経て起業したくてIT業界へ。ベンチャー起業で2社、営業とマネジメントを10年間経験したのちPlaylistへ参画。Playlistの経営戦略をアクションへと動かしていくことがメインです。営業から社内の新しい取り組みまでPlaylistらしさを追求して表現していきます。

Playlist を創業した目的

これまでSES業界でエンジニアと共に顧客に対してシステム開発や、エンジニアのキャリアパスのマネジメントを行いながら事業を推進してきました。セールス業務や人事などを中心に幅広く業務を行っていたので、人と関わる機会が多いポジションでもありました。
顧客や仲間のエンジニアに対して課題を解決という形で「価値提供」をする想いが強く、多くの経験から”選択肢を与える”ことがいつしか私の信念となりました。信念を形にしたいという考えがあり、まずはこれまでのビジネスの軸であったSESでの事業をメインに「相手に対して選択肢を与える」すなわち、エンジニアに対するキャリア提供や、顧客に対する課題解決の道を提供できるような事業としてPlaylistを創業しました。

創業3期目に対する想い

働き方に課題が多いビジネス構造であるSES業界ですが、Playlistは全員でこの課題と真正面から向き合ってきたからこそ得ることができたDiscordで交流を目的としたオンラインオフィスや、Notionを活用した情報共有の社内ポータルサイトなど、独自の働く環境があります。
そして顧客に対して、100%自社内で開発や運用しながら課題解決の提供ができる「ラボ開発」というさらなる道への発見にも繋がりました。
”SES企業”ではなく”IT企業”として多くの可能性がある場所へPlaylistは駆け上がりたいと思います。

代表 新垣が考える現在のPlaylistの強み

これまでチャレンジができる組織作りを意識してきました。特に自社を構築する作業は社員全員で考えながら、それぞれの力を持ち合わせてチャレンジしていたので、結果として関わりが深いコミュニティのような文化形成ができ、それが強みとなっていると感じています。
その特徴としてDiscordのオンラインオフィスでは、社員が行き交い、お互いにサポートする光景もみえてきました。SES事業やラボ事業であれ、Playlistを成長させるのは社員のメンバーであり、コミュニティのような組織がそれを実現できると信じています。

Twitter(採用)

Instagram

YouTube(Playlist公式)

Playlist株式会社's job postings
11 Likes
11 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from Playlist株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?