1
/
5

SES業界に飛び込んでみて・・・

Playlist 採用広報担当の荒木です。

今回のインタビューは入社後1年経ち、エンジニアスキルを磨き続けている安井みなみさんです。

Playlistに入社して初回の現場が決まるまでとこれからの理想のキャリアパスについて伺ってきました。

エンジニアになるために・・・

IT業界への転職を思い始めた時、独学では何から学べばエンジニアになれるのか、どう勉強していいのかが分からなかったのでプログラミングスクールに入りました。そこではJAVAを勉強し、IT業界に必要なスキルやプログラミング言語に関する基礎知識を勉強しました。スクールはIT業界に入るための登竜門のようなイメージです。ただ、スクールに入ったことで継続した勉強する習慣が身につき、現在も日々新しいスキルの習得のために勉強する事ができています。

あとは、SNSで情報収集、情報発信を行っていました。主にエンジニアを目指している事やそれに向けて努力している事、求職中であることを発信していました。プライベートでの取り組みをアピールを行うこと、企業が発信していた情報収集を行った事で、企業マインドと自分の認識がずれることなくPlaylistに入社でき、エンジニアのスタートラインに立つ事ができました。何を目標としてどんな行動をするか、主体性を持って行動する事がエンジニアを目指す上で必要だと感じています。


SESで初現場が決まるまで・・・

入社して現場が決まるまで大体2〜3回面談を受けました。IT業界未経験でしたが、スクールでやっていたからこそITの基礎知識、作成したポートフォリオがあった事や意欲的な勉強の姿勢を面談でアピールできたと思います。また、面談を受ける前には営業と面談練習を行っていました。私の場合は成果物があった事で入社後、最初のプロジェクトがサポート案件ではなく、テスト業務のプロジェクト参画できました。現在はテスト案件を経験し、スキルアップをした事でVBAの案件に参画する事ができています。


目指す理想のキャリアパス

目指すエンジニア像としては、「人から仕事を任せたいと思われるような信頼してもらえるエンジニアになること」です。
目標に向かって現在努力していることは、VBAの知識を深めることです。現在、参画しているプロジェクトでVBAに関わっていますが、現場で使用するのは一部のため、基本〜応用までを習得し、自身のスキルアップを図りたいと考えています。VBAのツールを毎月1つ作成するスケジュールを立てて実行しているところです。その後、他の言語を習得することで自分のエンジニアとしての価値創造を目指しています。

入社前から現在までを通し、自らのキャリアパスを描くことが目指すエンジニア像に近づく1歩になっていると感じるインタビューでした。Playlist としても目標を掲げる全ての社員にバックアップしていきたいと思います。Playlistではエンジニアを目指している方も応援していますので一緒に頑張りましょう!皆様からのご応募お待ちしています。


Playlist株式会社では、エンジニアを募集しています!!

少しでも興味や面白そうだと思っていただけた方は、ぜひ「話を聞きに行きたい」からのエントリーをお待ちしています。

Playlist株式会社's job postings
18 Likes
18 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more