Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

"人と人をつなげること"が僕の使命である。

【萬里小路】という名前に生まれた運命

小さい時からこの名前のおかげで、人と初めて会うと必ずこの名前について聞いてもらえたし、覚えてもらえた。名前で損するのはテストとか書類で何回も名前を書かされることくらい。(笑)それ以外は珍しいということで得の方が多かったと思っている。

そのため、なんとなくこの名前で生まれてきたことには誇りがあるし、この名前の由来、つまり先祖を辿っていくと、歴史にきちんと名を残しているのだ。だから、僕もどこかそんな運命なのかなと勝手ながら感じている。

萬里小路家のスタート

萬里小路家のスタートは今から約770年前の1250年頃。そして、歴史的に名がある人物として、萬里小路藤房という人物がいる。

萬里小路藤房は、鎌倉時代末期の第96代後醍醐天皇の側近だった。少しだけ歴史の話をします。
この頃は皇統が2つの家系に分裂してごちゃごちゃしてた時代で、両統迭立を保守しようとする鎌倉幕府に後醍醐天皇は反対し、鎌倉幕府の倒幕計画を立て、藤房はその計画に参加することになりました。
その後、後醍醐天皇は建武の新政で天皇主権の政治体制にしたが、世間から反感を買いうまくいかず停滞したのです。。

その間に、足利尊氏が関東で勢力を広げて幕府(のちの室町幕府)を開こうとするが、後醍醐天皇の息子がその動きに反対し二人は喧嘩。その対立に不安を感じた藤房は足利尊氏を説得しにいったとか。
藤房は鎌倉幕府と同じ武力を中心とした武士の時代に戻ることを懸念したのですね。しかし、足利側は贅沢な生活をする公卿や武力のない公卿の不安定さが諸悪の根源だと、全然話を聞いてもらえかった。。

さらに、混乱や不満が続く政治(足利尊氏が武士たちに嘘の約束をして事態はさらに悪化したことが大きいという説もある)や傲慢で贅沢をしている公卿の状態に対して、藤房は後醍醐天皇に武士たちと協力してやりましょうと進言するがそれも聞き入れてもらえず。結果、嫌気がさし失踪して出家したとか。。

萬里小路の歴史のスタートはこんな感じだったと言われています。

藤房が果たせなかったこと

僕が感じた萬里小路藤房は、
・世の中から争いや対立をなくしたいと願い
・傲慢で贅沢な生活をする公卿に苦言を呈し
・公卿と武士は協力していくべきだと進言
中立的な立場でバランスを重視し、皆平等であるべきだと主張した、物事に対して真っ直ぐで忠実な人物だったんだなと。
でも、いろんな偉い立場の人間の間に立って、自らその主張をしてきたが、実際はうまく実現することができなかった、という失敗を経験してきた人でもある。
そして、似たような状態って今の時代・世界にも言えること(武士はいないけど)なんだと僕は思っていて、僕はどこかリーダーや偉い立場になりたいというよりは、そういう人を応援する、または人と人をつなげることがやりたい、いやそれが萬里小路家として生まれた使命、運命なのではないかと思ったのだ。

アントニ・ガウディとサグラダ・ファミリアとの出会い

萬里小路家が誕生してから約740年後の1988年に僕が生まれた。僕のその後の話をし始めると長くなるので省略するが、今の自分の姿勢や感覚に大きな影響を与えたのが、25歳の時だ。大学時代に初めて海外に行き、社会人になった今でも継続している。

そして、24歳・社会人3年目の時に、スペイン・バルセロナという街に行き、サグラダ・ファミリアという建築物、そしてその建築家アントニ・ガウディという人物と出会うことになった。
この建築との出会いが僕の人生の方向性を一つ示してくれた。ガウディが生涯の中でつくりたかったもの、伝えたかったこと、このサグラダ・ファミリアに込めた想い。それらをもっと知りたいと。それは、人の想いをきちんと理解すること、そしてその想いを人に伝え届けること。そして、サグラダ・ファミリアという作品を通して、人と人がつながっていくこと。そこに共感をした。ガウディもサグラダ・ファミリアの完成を待たずこの世を去った。(ガウディが亡くなった100年後の2026年に完成予定である。)

この人と人をつなげること。僕の先祖、藤房が果たせなったこととガウディが果たそうとしていること、が重なったのだ。
僕は、建築家ガウディという人物の生き方・考え方に憧れ、そしてサグラダ・ファミリアのような作品をつくって、人々に夢や希望を与えていくことが僕が人生の中で果たしていくことなんだろうと、今を生きている。

これが僕のストーリー。

1 Likes
1 Likes