1
/
5
バックエンドエンジニア
Mid-career
on 2022-04-06 94 views

モダン開発でトヨタグループのDXを牽引するバックエンドエンジニア募集!

KINTOテクノロジーズ株式会社

KINTOテクノロジーズ株式会社 members View more

  • Kazuhiro Kumagai
    Other

  • 20代は個人事業主として自動車関連アウトカー領域のバックエンドエンジニアを担当、30代は零細企業・中小SIer企業の経営者として著名なスクラムチームの立ち上げ、海外IT部隊の立ち上げなどを担当、その後株式会社KINTOへ転職。
    現職では予算・契約管理やITエンジニアの中途採用などを担当しています。
    まずはやってみようの精神で活動しています。

  • 楽天グループのデータセンター・ネットワーク・サーバーなどのインフラや、IDサービス・スーパーポイントサービス・メールサービス・マーケティングDWH・ネットスーパー・電子マネー・物流システムなどの開発を統括。
    その後、株式会社ニトリにて、IT、物流システムの責任者を経て、2019年6月にトヨタファイナンシャルサービスに入社。
    デジタルIT部隊の立ち上げをゼロから実施。2021年4月より現職

  • 2006年より、楽天にて楽天スーパーポイントのプロデュースを担当。その後、オンライン電子マネー「楽天キャッシュ」のサッカーくじ「楽天toto」、M&Aによる生命保険事業「楽天生命」のオンライン申込みサイト構築など、金融系サービスにてサービスローンチ、および運用、チームビルディングをリーダーとして牽引。

    2014年1月より株式会社ホワイトプラスにて、宅配クリーニングサービス「リネット」のシステムに関わるすべてを担当。
    開発環境、運用環境いずれも次のステージに引き上げる為のエンジニア冥利につきる毎日を過ごした後、

    2015年2月から2016年1月までホワイトプラスにて「リネット」のマーケ...

What we do

【■トヨタグループをテクノロジーで支援する技術者集団】
KINTOテクノロジーズ株式会社は、トヨタグループ各社が展開するモビリティサービスやビジネスをテクノロジーで支援するために、2021年4月に創設されたテックカンパニーです。

KINTOテクノロジーズはトヨタグループ内でも唯一の「BtoC・DtoC領域に特化した内製開発組織」であり、世界30ヵ国で展開するグローバルモビリティブランド『KINTO』関連プロダクトや、マルチモーダルモビリティサービス『my route』など、「クルマに乗る人」に焦点を当てた新しいサービスの開発・運用を全面的に行っています。

創業からおよそ1年、会社の前身となる組織立ち上げから数えても3〜4年ほどの若い組織ながら、モバイルエンジニアやフロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニア、インフラエンジニア、デザイナー、データサイエンティスト、プロダクトマネージャーなどの職種で約200名が在籍しており、外国籍のメンバーも続々と入社しています。

Why we do

【■「人とクルマ」を取り巻く環境の変化】
現在、自動車業界では100年に1度と言えるほどの大変動が起きています。

まず、大きな変化として挙げられるのが、自動車とその関連技術の急速な発展です。自動車はネットワークに接続され、外部システムとの情報のやりとりが可能になりました。これにより、位置情報などのデータの収集・活用やソフトウェアのアップデートを継続的に行えるようになったのです。

クルマに対する人々の認識や行動も変化しています。電気自動車の世界的な普及に加え、クルマに関する消費行動が「所有」から「利活用」へとシフトしていることも、自動車メーカーや産業にとって影響を与える要素です。さらに、デジタル化や企業のクラウド活用、決済サービスの普及などを背景にMaaS(Mobility as a Service)と呼ばれるビジネスモデルも広がりはじめています。

これらは、自動車を「モノ」としてだけではなく「モビリティサービス」として提供する時代が到来しつつあり、同時に「人とクルマの関係性」が変化していくことの顕れだと私たちは考えています。

【■変化に対するトヨタグループの取り組み】
こうした変化を受け、トヨタグループでは自動車の製造から販売・利活用、その後のサポートまで、クルマのライフサイクルを包括的にサポートする方向へと舵を切りました。これらを実現するためには、販売店を経由して自動車を販売する従来の方式に加えて、直接お客様と繋がり、継続的かつリアルタイムに価値を提供するサービス・体制づくりが必要です。

【■KINTOテクノロジーズが担う役割】
これまで自動車の製造と販売店への卸しに注力してきたトヨタグループにとって、BtoCやDtoC領域におけるサービス展開は新しい取り組みです。そのため、『KINTO』ブランドをはじめとするtoC領域のサービスを展開するにあたって、事業戦略やビジネス要件・顧客ニーズを深く理解し迅速に反映できる専門的な開発組織の組成・拡大は最重要課題のひとつでもありました。

こうした事情を背景に設立されたKINTOテクノロジーズは、現在トヨタグループの内製開発部隊として、テクノロジーやクリエイティブの面からtoCの事業展開を支える役割を担っています。

How we do

私たちは、専門的なスキルや知見を持つメンバーが、自身の価値を最大限発揮できる環境を作ることが重要だと考えています。
そのため、大手グループに所属する企業ではあるものの、スタートアップのようなスピード感や技術的な自由度の高さを実現できる意思決定フローを作っているほか、専門人材に寄り添った人事制度を整備しています。

【■企業のカルチャー】
①作り手の意志を尊重し、未来を見据えてモダンな技術を導入
技術力が課題解決力に直結するエンジニアリングの世界では、必要に応じて適切なライブラリやツールを取り入れることが重要です。
KINTOテクノロジーズにはメンバーがボトムアップで技術の導入を提案し、より良い開発体制へと改善していく文化があります。
(例)現在はiOSアプリ開発にSwiftを、Androidアプリ開発にKotlinを取り入れているが、チャンスがあればFlutterやReact Nativeなどのクロスプラットフォームフレームワークなども導入できるよう、機能・性能調査を進めています。

②メンバー同士の積極的な情報交換とスキル研鑽
私たちの開発組織のメンバーは「より利便性や品質の高いサービスを実現するために何が必要か?」を常に考える姿勢を持ち、その目標を実現するためにメンバー同士が日常的に情報交換を行います。
また、スキルアップを目的として外部研修/セミナー参加、国内カンファレンス参加制度を設けているほか、社内勉強会やワークショップ、LT大会、ハッカソンなども開催予定です。

③データドリブンな経営による、合理的な意思決定
弊社は「データ分析とマーケティングは一心同体」という考えを持ち、企業の設立当初からデータ分析に注力して、専門の組織を設置してきました。収集・分析した結果をもとに、ロジカルな意思決定を行うことを重視しています。

【■開発フロー】
ビジネスサイドや他の開発チームからの要望に基づき、プロジェクトを立案します。基本的にはスクラム開発を採用していますが、明確なマイルストーンを区切る必要がある場合などは、適宜ウォーターフォール的な要素を取り入れます。エンジニアやデザイナーが各ステークホルダーとコミュニケーションを取りながら、プロジェクトを推進していきます。

【■働き方】
ワークライフバランスを重視しており、プライベートの予定や都合も優先できる理解ある環境です。
基本的に出社を前提とした働き方ですが、上長承認があればリモートワークでの勤務も可能です。

【■業務の特徴】
①事業戦略上重要なサービスや世界各国に展開するサービスを担当
KINTOテクノロジーズが手がけるプロジェクトはトヨタグループの事業戦略において重要度の高いサービスが多いです。また、モビリティサービスブランド『KINTO』は世界30以上の国々に展開しています。やりがいや充実感の大きい仕事に取り組むことができます。

②中長期的な目線でサービスと向き合う
トヨタグループに属する企業であるため、資金面や組織面の基盤が強く、短期的なビジネスの状況に左右されずにプロダクト開発に集中できます。腰を据えて特定のサービスと向き合いたい方に適した環境です。

As a new team member

【■概要】
バックエンドエンジニアとしてご活躍いただきます。
※配属ポジションは多数ございますので、ご相談により決定します。東京/大阪の2拠点に勤務地がございます。(転勤なし)

【■詳細】
バックエンド開発を担うチームでは、愛車サブスクリプションサービスである『KINTO ONE』や移動の楽しさを追求する『モビリティマーケット』、各サービスで共通的に利用される会員情報や決済などの基盤機能の開発・運用をしています。

・KINTO ONE : https://kinto-jp.com/kinto_one/
・モビリティマーケット : https://mobima.kinto-jp.com/

バックエンド開発ではプログラミング言語にJava(version 11 or 15)を、フレームワークにSpring BootやMyBatisを採用しています。もともとトヨタグループの技術資産としてJavaのアプリケーションが存在していたことや、言語としての安定性・パフォーマンス・エコシステムの充実度などが、Java採用の理由です。
また、AWS FargateやAmazon SQS、Amazon CloudFrontなど各種AWSサービスも徹底活用しています。

KINTOテクノロジーズが開発を担当するのは、トヨタグループの技術戦略において重要な位置付けを担うサービスや、世界30以上の国々で利用されるサービスなどです。
そのためバックエンド開発においても「とりあえずシステムが動けばそれでいい」ではなく「中長期にわたりメンテナンスしやすいコードやアーキテクチャになっているか」を大切にします。採用する技術にも、その思想が反映されています。

私たちの開発組織ではエンジニアがボトムアップで技術の利用を提案するケースが多いです。
導入の際には、技術選定のスキルや各ステークホルダーとの交渉力・コミュニケーション力なども必要になるため、コーディングのみならずエンジニアとしての総合的なスキルを磨くことが可能です。

【■仕事の魅力】
・グローバル規模で展開されるトヨタの新規ビジネスをエンジニア起点でリード頂きます。「MaaS」「モビリティ」「シェアリング」など、社会で注目されるビックワードプロダクトに関わり、人々の生活をより豊かに・便利に・楽しく変えていく一翼を担っていただきます。
・事業サイドとの距離が非常に近く、自分たちの開発したサービスが事業にどう貢献したかを見ることができ、エンジニア起点での事業のグロースを体感することができるポジションです。
・まだ世の中に無いサービスを実現するため、不確かな事が多い状況でプロジェクトが生まれます。その不確かさを確かなものにしていくために、自分が持つ経験や観点が活かされやすい環境です。
・10年後の当たり前を自ら作り上げていくプロセスをオーディエンスとしてではなく、アクターとして参加。トヨタ自動車関係者や各社システムとも連携を図り、今までに無いクルマの選び方や使い方を実現し、それを自ら運営して頂きます。

【■開発環境】
・PC:WindowsとMacより自由に選択可
・ツール: IntelliJ, VS Code, Docker, Github, Terraform, Github Actions, PagerDuty, JIRA, Confluence, Slack など
・開発言語: Java
・フレームワーク: Spring Boot
・ミドルウェア: Tomcat
・プラットフォーム:AWS ECS, EKS, Aurora, DynamoDB, S3, EC2その他各種AWSサービス

※参考:
KINTO開発チームインタビュー
https://www.kinto-technologies.com/?_ga=2.13387959.1266547609.1649035312-910480228.1647406815#/recruit/kinto

プロジェクト推進チームインタビュー
https://www.kinto-technologies.com/?_ga=2.8797365.1266547609.1649035312-910480228.1647406815#/recruit/projectpromotion

Highlighted stories

アプリ開発が増える未来を見越して。-モバイル開発グループインタビュー-
目的は明確だが、あり方は未知数。-プロジェクト推進グループインタビュー-
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About KINTOテクノロジーズ株式会社
KINTOテクノロジーズ株式会社
  • Founded on 2021/04
  • 236 members
  • 東京都中央区日本橋室町2丁目3-1 COREDO室町2
  • About KINTOテクノロジーズ株式会社
    モダン開発でトヨタグループのDXを牽引するバックエンドエンジニア募集!