1
/
5
UI/UXデザイナー
Mid-career
on 2022-02-04 463 views

地方創生×コミュニティ通貨アプリのUI/UXデザイナーをWANTED!

面白法人カヤック

面白法人カヤック members View more

  • 面白法人カヤック企画部/ゲームプランナー/サウンドディレクター

    ■代表作
    ・進撃の巨人Tactics(2019〜/iOS,Android)
      └各種仕様策定、サウンドディレクション
    ・ぼくらの甲子園!熱闘編(2012-2016/mobage,iOS,Android)
      └運用プロデューサー、ディレクション、Flashゲーム制作
    ・ぼくらの甲子園!(2010-2015/mobage)
      └企画立案、プランニング、Flashゲーム制作

    ■現在
    ・面白法人カヤックのソーシャルゲーム事業部所属。ゲームプランナーとサウンドディレクターを兼任。

  • Yuko Hasegawa
    web director

  • 2013年4月に面白法人カヤック新卒入社。
    複数のソーシャルゲーム運用・開発を経て、2014年より『キン肉マン マッスルショット』を企画・開発し、2016年〜2017年はプロデューサーとして同タイトルの事業運用に従事。
    2017年よりモダンコンバット Versus 運用ディレクターとして日本パブリッシングを担当。

  • 社外人事として様々な企業の組織作りのお手伝いをしています

What we do

オリジナリティを追求して変化し続けるクリエイター文化のカヤックでは、様々な事業を展開し続けています。
個々のクリエイターのスキルレベルや働き方、趣向に合わせた事業に取り組むことができ、新しい事業に挑戦する機会が多いのも魅力です。

【面白プロデュース事業部】
新しい技術とアイデアに挑戦し、クライアントとその先にいるユーザーに新しい体験を提供することで、クライアントのマーケティング及びブランディングに資する広告を提供しております。

【ゲームエンタメ事業部】
自社タイトルである「ぼくらの甲子園!ポケット」、ハイパーカジュアルゲームの「ParkMaster」のほか、マヂカルラブリーの野田クリスタルさんと協業した「スーパー野田ゲーPARTY」など、オリジナリティを追求したゲームを生み出してます。

【eスポーツ事業部】
ゲームファンに向けた一連のコミュニティサービスを展開しています。
ウェルプレイドのesports事業、スマートフォンゲームに特化したコミュニティの「Lobi」、トーナメントプラットフォームの「Tonamel(トナメル)」などのサービスを提供しております。

【ちいき資本主義事業部】
地方公共団体や地域企業に対して、まちづくりに関するコンテンツの開発とサービスの提供を行っております。
移住プラットフォームサービスの「SMOUT」、通貨コミュニティサービスの「まちのコイン」、地域プロモーションの受託、鎌倉市内で展開するまちづくり事業などのサービスを提供しております。
また、他社との協業にも多く取り組んでおり、今後とも面白いサービスや事業を世の中に拡大させていきます。

Why we do

今回募集するちいき資本事業部では、人のつながりやコミュニティ、自然や歴史、文化などさまざまな魅力を活かして、地域ならではの豊かさを実現させ、これからの地域の豊かさを計る指標をつくり、新たな豊かさや幸せを定義したいと考えています。

地域には、①地域経済資本②地域社会資本③地域環境資本の3つの資本があると考えています。

つまり、経済合理性だけにとらわれることだけが地域活性のゴールではなく、
多様な価値観のもとそれぞれの地域が個性的になり、
あらゆる人に開かれ、その人のライフスタイルに適した地域を選択できると、
もっと豊かな暮らしになるのではないかと考えています。

環境資源の限界、少子高齢化による過疎、事業承継などさまざまな地域課題に対して、
ちいき資本主義事業部では、カヤックのもつクリエイティブ力と鎌倉で実践してきたコミュニティづくりの経験から、地域に関わる人たちがまちづくりをジブンゴト化するお手伝いをしています。

How we do

ちいき資本主義事業部がつくったサービスの原点は、カヤックがまちづくりをジブンゴト化してきた経験です。鎌倉に暮らす人と一緒にまちづくりを面白がり、ブレストをし、アイデアを持ち寄る中でたくさんのヒントを見つけました。

どのサービスも、「地域の問題を解決する」ではなく「それぞれのまちが面白く、多様であるために何があるといいか」という視点から始まっています。

関係人口創出や移住を支援するプラットフォーム「SMOUT」は、自分ができることや価値観を登録すると、地域から声がかかる仕組みです。故郷へのUターンでも、転勤でもなく、自分で好きなまちを見つけるからこそ、面白く生きる人が増えると考えています。

コミュニティ通貨「まちのコイン」も、自然や歴史、文化、人とのつながりを資本として測れる仕組みをつくりたいと考えたことがきっかけです。「まちのコイン」は、お金で測れなかったものに光が当てられるプラットフォームとして、地域の人たちと一緒に磨いている最中です。これまで埋もれていた多様な地域の資本を見つけて、増やしやすくなっています。

人と人がつながって、住む場所との出会い方や資本主義への向き合い方をアップデートできれば、もっと面白くて多様な社会ができるはずです。カヤックのクリエイティブの力を活かし、企業としての成長や経済合理性との両立を目指してチャレンジしています。

▼ちいき資本主義事業部について
https://www.kayac.com/service/rc

▼関係人口と移住のためのスカウトサービス「SMOUT」
https://www.kayac.com/service/smout

▼お金で買えないしあわせがあふれるまちへ「まちのコイン」
https://www.kayac.com/service/machino_coin

As a new team member

【仕事内容】
事業拡大に伴いスマートフォンアプリのUI/UXデザイン業務にたずさわっていただける方を募集いたします。自社アプリだけではなく、受託、スマートフォン、販促物(チラシなど)、WEBなど幅広いデザインの機会があります。

■『まちのコイン』開発ディレクターが語る、仕事の魅力
https://www.kayac.com/news/2021/08/interview_hasegawa

■社会貢献に関わる仕事を、持続可能な事業にしていく 『まちのコイン』コミュニティマネージャー、カスタマーサクセスの仕事とは?
https://www.kayac.com/news/2021/11/interview_coin.machino

■何を目指しているのか
「まちのコイン」をユーザファーストなアプリケーションとして創り上げていくことに留まらず、ユーザーとのタッチポイントに関わるすべてに対して、一貫性のあるサービスのデザインを行います。

■そのために必要なこと
「まちのコイン」は、スポットや運営団体が試行錯誤しながら、地域全体を設計するプラットフォームです。提供するアプリなどは、サービスを提供する立場の人にも使いやすく、わかりやすく設計されている必要があります。ユーザーが楽しみながらストレスなくアプリを使えることに加えて、まちでコインをもらったり、あげたりする体験全体を踏まえたUI/UXを考えています。

■期待すること
コミュニティ通貨「まちのコイン」のデザイナーとして、UI/UXの向上に携わっていただきます。

【具体的にお願いしたいこと】
・ペルソナやカスタマージャーニーを踏まえたサービス設計とデザイン改善
・ワイヤーフレーム作成
・デザインコンセプトやデザインに関するガイドラインの作成
・アプリ、サイトのUIのビジュアルデザイン
・デザイン・開発プロセスの仕組み化、改善
・デザインレビュー

※「まちのコイン」「まちのコインスポット専用アプリ」など、ユーザーとサービス提供者、および運営者が利用するアプリや管理用のウェブサイトまで設計していただきます。
https://coin.machino.co/

※希望に応じて別事業や職種変更を伴うキャリアチェンジも可能です。

【求める人物像・スキル】
■必須のご経験
・スマートフォンアプリのUI/UXデザインの実務経験3年以上

■あると望ましいご経験
・ユーザビリティに関する基礎知識
・Adobe Illustrator、Adobe Photoshop、Sketch、Adobe XD等を使用したデザイン実務経験
・サービスを良くするために役割や立場を超えた言動を行える方
・一つ一つの業務に、改善の意識を持ってお仕事ができる方
・細部にまで気を配りつつも全体のバランスを常に意識できる方

■期待される人物像
・常にデザイン領域における最新トレンドのキャッチアップを行っている方
・ユーザビリティの高い提案の出来る方
・細かいところまで妥協せずに、クオリティを高める姿勢をお持ちの方

■業務上で使用するツール
GitHub
Slack
Sketch
XD
Photoshop
Illustrator
Figma


■仕事の魅力
・顔の見えるユーザーからフィードバックを受けられます
カヤックは鎌倉で「まちのコイン」の運営をしています。そのため、鎌倉のスポット、ユーザーとの交流からフィードバックを受けられます。そこで得られた経験や他のまちの運営団体の声も聞きながら、サービスのデザインができます。自分が進めたデザインへの反応が直接受け取れるポジションです。

・3つのステークホルダーに関わる面白さがあります
「まちのコイン」のデザイナーは、コインを使ってまちでの体験を楽しむ人、体験を提供するスポット、運営する団体の3つのステークホルダーに向けてサービスを設計します。さらに、使う人がさまざまで、まちの特色が違ったり、スポットの特性が違ったりする点も、面白くて難しいところでもあります。

・地域でのつながりが増えて、働き方や暮らし方が変わった仲間がいます
自分の好きな地域と関わるうちに「もっと地域に深く関わりたい」「自分の暮らしを変えたい」「もっとまちの個性を知ってもらいたい」と考えている仲間がいます。カヤックが「まちのコイン」を運営している鎌倉に住むメンバーも増えてきました。サービスを一緒につくっていく中で、まちづくりがジブンゴト化し、人とのつながりによる変化を体感できるかもしれません。

Highlighted stories

活躍のフィールドは自分次第!エンジニアからディレクターへ転向し、サービスづくりを極める

カヤック入社6年目のデザイナーの「働く楽しさ」が色褪せない理由

映像専門からなんでも屋に転職したプロジェクトマネージャーのQOL爆上がりストーリー

Portfolio

Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
About 面白法人カヤック
面白法人カヤック
  • Founded on 1998/08
  • 280 members
  • Expanding business abroad /
    Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
    CEO can code /
    Funded more than $300,000 /
  • 神奈川県鎌倉市御成町11-8
  • About 面白法人カヤック
    地方創生×コミュニティ通貨アプリのUI/UXデザイナーをWANTED!