1
/
5
SRE /インフラエンジニア
Mid-career
on 2022-01-18 28 views

導入実績5,000件以上!自社サービスの設計・運用改善を担うSRE募集

MICIN, Inc.

MICIN, Inc. members View more

  • バークレイズ証券 情報技術本部でのエンジニアを経て、株式会社情報医療に参画。
    債権トレーディングシステムの開発・運用・保守等、アプリケーションからインフラまで幅広い技術に精通。
    学生時代にはソフトウェア工学を専攻し、アジャイル開発チームの最適化に関して研究。同領域のTop ConferenceであるAgile2012にて唯一の日本人として発表し、同論文は英論文誌International Journal of Computer Applications in Technologyに掲載された。
    早稲田大学大学院 基幹理工学術院 情報学専攻卒

  • 株式会社MICINにて、アプリケーション開発を担当。フロントエンドから、バックエンド、インフラなど様々な領域に興味を持ち携わっています。

    前職の株式会社コロプラでは、ソーシャルゲームの開発・運用やVRアプリケーション開発などを経験。

  • 2020年8月より、株式会社MICINにて、医薬品の臨床開発向けデジタルソリューション事業「MiROHA」の開発を担当。
    2018年6月より2020年7月まで、株式会社COMPASSにて、人工知能型タブレット教材Qubenaの開発に従事。主に、マイクロサービスアーキテクチャの設計を担当。
    2018年5月まで顧客管理システム(CRM), マーケティングオートメーション、コラボレーションツールのWeb Service(Java, JavaScript)、および、Mobile Application (iOS, Android)の開発。テスト駆動開発、Continuous Deliveryを、...

  • 株式会社MICINにて、アプリケーション開発を担当。
    綺麗なコード・アーキテクチャが好きです。

What we do

  • 各領域にて活躍していたメンバーがMICINに集う大きな理由は「ビジョンへの強い共感」です。メンバーそれぞれの原体験にもとづく「医療を通じてよりよい世界を作ること」への思い。この思いの強さこそが極めて難易度が高く、時に苦しくもある挑戦を楽しむ原動力になっています。
  • ビジョン実現のため、既存・新規問わず、多くの事業に取り組んでいますが、やみくもに規模は追わない厳選採用をしており、少数精鋭での運営になります。自然と各メンバーへの裁量は大きくなり、指示を待つのではなく「自ら仕掛ける」ことが求められます。

「こんな病気になるなら、こんな生き方をしていなかったのに」という、人生の最期の後悔を、なくしたい。
代表の原は、大学卒業後、臨床現場で医師として働いていました。そこで会った少なくない数の患者様が、人生の最期に自分の生き方を後悔していました。
わたしたちは健康な時は「自分はずっと健康なまま生きていく」と思いがちです。しかし、現実には大きな病気にかかるリスクは誰にでもあり、その事実に気づくのは大抵の場合、症状が深刻な状況になってからなのです。
「情報化が進む中、様々なデータを集め、解析することで、健康なうちからリスクを知り、将来の病気の可能性を知ることができるのではないか。」「診断した病気の治療をするのではなく、医療の仕組み自体を変えることで、「すべての人が納得して最期を迎えられる」時代が作ることに貢献したい。」
MICIN創業、そしてビジョンの背景にあるのは、そんな思いです。

▼詳細は以下会社紹介をご覧ください▼
https://speakerdeck.com/micin_hr/micin-company-introduction-hui-she-shuo-ming-zi-liao-67f2bb8a-f585-4c48-9b3b-2b7330b071d0

現段階で公表できない案件も多くありますが、面談・面接ではできるだけ最新の情報をお伝えしたいと思います。

Why we do

  • 医療、IT、ビジネス…様々な領域で濃い経験を積んだメンバーが集い、互いの考えをぶつけ合いながら切磋琢磨しています。お互いの力を活かしながら未知の領域を切り開くため、チームワークも非常に大事にしています。
  • エンジニアも多く在籍しています。Barclays証券情報技術本部のエンジニアや、大容量データを扱っていたエンジニア、GoogleでTech leadをしていたNLPの専門家や、画像処理を専門とする実装に長けた人といった高い技術を持つ方々が在籍しています。

たとえば、生活習慣病は日々の健康を管理することにより防ぐことができるものですが、医療現場の多くが多忙を極めており、事前予防に関しての適切なアドバイスや、きめ細やかなケアや指導をしていくことがあまりできていないのが現状です。

また、患者の数だけ蓄積している医療情報も、いまは無秩序に散乱しています。

私たちMICINは、これまで病院にあった医療データを自分で所有できるようにしたり、AIを活用してそのデータを分析し、 自ら納得して医療を受けられるサポートをしたり、スマホのオンライン診療を通じて医療情報をデータ化していきます。

そうやって、医療をもっと身近な存在へと変えることで、これまで以上に自分のカラダを大切にするようになったり、 ふだん食べるものや生活習慣が変わり、 納得して毎日を生きられるようになる。そういう世界を実現したく思っています。

How we do

  • 出社の際に、コミュニケーションが取りやすかったり業務に集中がしやすいように設計しております。
  • リモートワーク可です。

ビジョン実現のために5つのVALUEを大事にしています。

【VALUE】
Initiate
起点メイク

自ら仕掛け、常に変化の起点となろう。
出来ない理由より、出来る方法を考え、
まずは一歩踏み出そう。

Ownership
当事者意識

どんな時も決して他人のせいにせず、
自分ゴトとして考え、向き合おう。
その姿勢が、新たな機会を生み出す。

Persist
完遂イズム

新たな挑戦は、思い通りにいかないのが当たり前。
困難を乗り越えて、粘り強くやり切る。
やり切るからこそ、見える世界がある。

Integrity
信頼ベース

約束を守ること。誠実であること。
それらの積み重ねから生まれる信頼は、
あらゆる成果の基礎となる。

Engage
チームMICIN

立場を超えて、尊重し合い、刺激し合う。
社会を進化させる大きなチャレンジは、
一人や一部門では成し得ない。

医師である代表の原をはじめ、事業開発やデータ分析、自然言語処理といった分野に強みを持つ多才なメンバーが集まっています。医療への思いを持った様々な分野のスペシャリストとの協同で業務を進めることが可能です。

As a new team member

MICINでは、事業の拡大に伴い様々なプロダクトが開発・運用されています。
これまでSREチームは横断的な役割として、インフラの共通的なベースラインの整備を行う横断チームに近い役割を中心に担ってきました。
その一方で、プロダクトが多角化する際に、横断チームとしての振る舞いだけではプロダクト固有の課題があったときに、それらを解決するのが難しいこともわかってきました。
こうした課題を解決すべく、横断チームとしての役割を担うロールと、よりプロダクトに入り込み、プロダクト固有の課題を解決を行うロールのメンバーで構成される2軸のチームにしたいと考えています。

【業務内容】
自社のプロダクト及びその基盤の開発・運用をインフラレイヤを中心に幅広く担当していただきます。
SREチームのみがインフラの構築・運用に関わるという形ではなく、アプリケーションエンジニアチームとInformation Securityチームと密にコミュニケーションを取りながら、業務を分担して行っています。
SREチームの役割の一つは、横断チームとして自社のインフラの信頼性・安全性を保障できるベースラインを作り維持することです。

具体的には、AWSのマルチアカウントの管理及び自動化や、プロダクト間で共通利用される Terraform のテンプレートリポジトリの整備、 Production Readiness Checklist の整備・レビューなどを行っています。
また、SREチームはプロダクトの信頼性や運用の効率性に責任を持つ、ということを共通認識としています。具体的には、モニタリングの整備や負荷試験の実施、障害対応の標準化などを行い、こういった活動は、あるプロダクトで実施したものを社内標準に段階的にフィードバックし、より信頼出来るインフラを全社的に展開できるようにしています。
これまでは、プロダクトが共通的に抱える課題を解決するように基盤の整備を中心に行ってきました。そういった基盤もあるところまで整ってきたことから、プロダクトそれぞれが抱える課題にフォーカスして解決を行える体制にもチャレンジしていきたいと考えています。SREチームのメンバーが、それぞれのプロダクトに専任的に関わりながら、専門の知識を持った存在として、プロダクトの信頼性を向上させていくような取り組みを実施していきたいと考えています。
※ご希望や適性に応じて、SREチームをリードしていく役割を担っていただく可能性があります。

【技術について】
ほぼ全てのプロダクトが、AWS上にデプロイされています。
構成は、Terraformによってコード化されて管理され、モニタリングは DataDog を中心に行っています。
インフラ構成やアプリケーションのデプロイは、CI/CDのパイプラインが組まれ、コードレビューが行われた後、自動リリースが行われる形が基本となっています。
自動化を推し進め、サービスの改善や拡張に集中できる体制を心がけています。

【チーム体制・環境について】
現在、SRE の専任のメンバーは3名です。なるべく少数のチームを維持し、自動化や仕組み化、適切な権限移譲を行って、効率的なチームを目指したいと考えています。
SREチームとして、まだまだ発展途上であると捉えており、メンバー間で課題を提起しながら、改善を繰り返しています。
開発者の意思を尊重する社風であり、ご志向に沿った開発を行える環境があります。アプリケーションチームともカジュアルにコミュニケーションが行え、技術的な議論も活発に行われています。

【このポジションの魅力・得られるもの】
・オンライン診療サービスをはじめとする医療領域のプロダクトは、業界特性もあり高い信頼性と安全性が求められます。効率性との両立させながら、現代的なインフラストラクチャを構築するスキルが身につきます。
・AWS のサービスを幅広く利用しており、比較的新しいサービスも多く採用しています。
・モニタリングやパフォーマンス改善など技術的な運用スキルのほか、標準プロセスの設計など、より抽象度の高い設計の経験を積むことができます。

【必須スキル・経験】
・AWS/GCP等の各種クラウドサービスの利用経験
・Unix / Linux 環境での開発経験

【歓迎スキル・経験】
・Infrastructure as Codeについての理解
・Webアプリケーションの開発経験
・Git/Githubを用いたチーム開発経験
・コンテナ型アプリケーションの運用経験
・MicroServicesの基盤の構築、運用経験
・ネットワーク・セキュリティに関する専門知識
・チーム作りに興味がある方

【求める人物像】
・自発的に思考し、積極的に行動に移せる方
・技術的な好奇心が強い方

Highlighted stories

〜メンバーが互いを称え合う〜全社表彰イベント「MICIN AWARD」開催!
【教えてCEO!MICIN CEO 原聖吾への12+αの質問】
【MICINのひと】創業期から在籍する静かにアツいエンジニア
Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About MICIN, Inc.
MICIN, Inc.
  • Founded on 2015/11
  • 130 members
  • Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル13階
  • About MICIN, Inc.
    導入実績5,000件以上!自社サービスの設計・運用改善を担うSRE募集
    MICIN, Inc.