1
/
5
Others
Internship
on 2020-11-10 7,093 views

地方創生&食品ロス問題に貢献!社会貢献型インターンシップ参加学生募集

株式会社クラダシ

株式会社クラダシ members View more

  • 新卒でリクルートに入社し、人材領域サービスのwebマーケティングに従事。
    2021年1月より株式会社クラダシにてマーケティング全般と、事業開発を担当。

  • 小平 佳鈴
    コーポレート本部/人事広報部/広報・基金G

  • 1971年大阪生まれ。1995年総合商社入社。
    戦略的コンサルティング会社取締役副社長を経て、2014年フードロス問題を解決するため、株式会社クラダシ(旧:グラウクス株式会社)を設立して代表取締役社長に就任。
    SDGs採択の7カ月前に社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム「KURADASHI」サービスを開始。その売上の一部を社会貢献活動団体に寄付している。
    2018年環境省主催 『第6回グッドライフアワー』にて「環境大臣賞」を受賞
    2020年農林水産省協賛『第7回 食品産業もったいない大賞』にて「審査委員会委員長賞」を受賞

What we do

  • ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」のビジネスモデル
  • 収穫した産品を、弊社が運営するソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」で販売し、農家の売上を向上しつつ売上の一部をクラダシ基金に還元するという、サーキュラーエコノミーを実現しています。

クラダシチャレンジ(以下、クラチャレ)とは、株式会社クラダシが、フードロス問題や地域創生に興味関心のある学生に日本全国の人手不足で悩む地域・農家へインターンとして行っていただき、収穫支援や現地での交流を行う取り組みです。学生が労働力となり、未収穫となっていた一次産品を収穫することで、フードロスの削減を目指します。

また、クラチャレを通じて、地方の関係人口を創出・拡大し地域経済発展とGDP成長が期待できます。学生と地方農家をつなぐエコシステムを実現し、未収穫産品の削減と地域社会の新たな発展を図ります。

参加する学生の皆さんの滞在費や交通費などは「クラダシ基金」から拠出しています。

【クラダシ基金とは】
弊社が運営するソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」では、様々な理由でロスとなってしまう商品を販売し、おトクな価格で消費者に届けることで、フードロス削減を図っています。また、売り上げの一部をNPOなどの社会貢献活動団体へ寄付しています。その寄付先の1つとして弊社が自ら社会貢献活動を行うため運営しているのが「クラダシ基金」です。

▼ソーシャルグッドマーケット「Kuradashi」はこちら https://www.kuradashi.jp/

▼株式会社クラダシHPはこちら https://corp.kuradashi.jp/

▼クラチャレ・クラダシ基金の詳細はこちら https://www.kuradashi.jp/fund

Why we do

  • 人手不足による未収穫物のロスは深刻な問題です
  • ソーシャルグットカンパニーでありつづける

【農家・自治体への効果】
①未収穫品から新たな収益の獲得
地方では、農業人口の高齢化・労働人口の不足によって、未収穫作物の発生が増加しています。特に、クラダシと協定を結ぶ自治体の特産品には、手作業が求められるものが多く、時間と手間を要します。人手不足が原因で、収穫されることなく、ロスとなってしまう作物が多く存在しているのが現状です。
そこで、派遣した学生が労働力となり、未収穫作物を採ることで、農家さんの新たな収入を生み出すことができます。

②地方の関係人口増加に貢献、若者を呼び地域振興に
都心の学生と地方の農家さんが共に汗を流し、熱く語り合うことができるのもの魅力の一つ。活動を通して、農業そのものや、その地域に価値を見出す学生がたくさんいます。そして、SNSを通じて、その魅力を共有することで、観光客の増加や、地方の関係人口増加を図ることができます。

③地元の特産品の購買促進に
クラチャレで訪れる自治体には、魅力的な特産物がたくさんあります。中には、とっても美味しいのに、市場での知名度があまり高くないものも存在します。そこで、クラチャレの活動や特産物をSNSなどでPRすることで、購買促進を図ることができます。

【学生へ学びの場を提供】
①かけがえのない原体験を
フードロスや地方創生問題に興味はあるけれど、何をしていいか分からない。そんな学生が
クラチャレでリアルな収穫体験や、現地の方との交流をすることで、今後自分に何ができるかを考えるきっかけにしていただければと思います。

②社会貢献活動の実績に
クラチャレに参加することは、フードロス削減や地方創生に大きく貢献することです。この経験は、就職活動において、社会貢献活動をしてきた実績として話せるというメリットもあります。

③自然豊かな農場で休息を
参加した学生の多くから、働きながらリフレッシュできた、という声をいただきます。都会での生活に疲れてしまったという人も、自然豊かな農場での作業は、最高の休息となること間違いなし!

How we do

  • 昨年、北海道の仁木町で開催されたクラチャレ参加者によるSNS投稿
  • 昨年、高知県の北川村で行われたクラチャレの様子

クラチャレでは、フードロスや地方創生問題に関心のある学生をインターンとして、人手不足で悩む地方農家のところに行っていただき、収穫支援や現地での交流を行っています。

例えば、昨年の12月に高知県の北川村で開催されたクラチャレに参加した学生は、ゆずの収穫支援や選果作業、梱包作業などを行いました。また、役場に出向き、町長や副町長を始めとする役場職員の方々と北川村への移住や地方創生などについて意見交換を行いました。

また、実際に自治体や農家の方からは、単なる収穫の人手としてだけではなく、学生がその地域に興味を持ち、色々なことを聞いて学んでくれることが地域活性化に繋がり嬉しいという言葉をいただきます。
クラチャレを通じて、学生がその地域、地域の特産物に魅力を感じ、SNSなどを通してその魅力を発信していくことで、地域活性化にも貢献しています。

As a new team member

【クラダシチャレンジとは】
株式会社クラダシでは、地方創生や食品ロス問題に興味がある学生が、人手不足に悩む地方農家での収穫支援を通し、地域課題や食品ロス問題について考える、社会貢献型インターンシップ「クラダシチャレンジ」を実施しています。
参加学生の旅費は、地域経済の活性化と社会発展に寄与するため設立した、「クラダシ基金」から支援しています。

▼クラダシチャレンジ・クラダシ基金の詳細はこちら
https://www.kuradashi.jp/fund

■参加条件
・現在大学生・大学院生の方
・全日参加可能な方
※オンライン授業などによる部分的な不参加については要相談
※自宅⇔空港までにかかる交通費は原則学生側が負担

■こんな人を求めています
・食品ロス・地方創生の問題に興味がある人
・ソーシャルビジネスについて学びたい人
・意欲的な学生と繋がりたい人
・他の学生にない経験をしたい人
・社会貢献をしたいけど何をしたらいいかわからないという人

■過去のクラダシチャレンジ開催事例
・京都府京丹波町での黒枝豆収穫支援
 https://www.kuradashi.jp/html/user_data/assets/pdf/challenge09.pdf
・北海道仁木町でのさくらんぼ収穫支援
 https://www.kuradashi.jp/html/user_data/assets/pdf/challenge08.pdf
 https://youtu.be/PLEgZt-fEfI(クラチャレの雰囲気が分かる動画です。ぜひご覧ください。)
■新型コロナウィルス感染症の対策について
現地に赴いてこそ感じられる「リアルな体験」を、大学生に安全な形で提供します。

<感染症対策>
・参加10日前から参加期間中、毎朝検温を行う
・こまめな手洗い・除菌を徹底する
・活動中は、予防対策として、必ずマスクを着用する
・活動中の3密を避ける
・体調がすぐれない場合や発熱のある場合は、外出や移動を控える
※その他関係省庁・自治体の指針に従い運営をいたします。
※今後の状況次第では、開催を見合わせる可能性がございますので、ご了承ください。

Highlighted stories

【代表インタビュー】大量のフードロスを目にした元商社マンが、持続的な課題解決を目指すまで。

元商社マンが創り出す、次世代型ソーシャルビジネス(COOインタビュー)

マネーフォワード広報からクラダシ社外取締役へ「捨てない」を当たり前にしたい

What happens after you apply?
Other users cannot see whether or not you're interested.
3 recommendations
Company info
About 株式会社クラダシ
株式会社クラダシ
  • Founded on 2014/07
  • 60 members
  • Funded more than $1,000,000 /
  • 東京都品川区上大崎3-2-1 目黒センタービル5F
  • About 株式会社クラダシ
    株式会社クラダシ wants to talk with you
    Are you interested in this Job Post? Come talk with us