1
/
5
Sales / Business Development
Internship
on 2020-07-02 399 views

自身の経験をフル活用して、圧倒的な成長をしたいインターン生募集!

株式会社バックテック

株式会社バックテック members View more

  • 1989年2月12日愛知県名古屋市生まれ。
    2016年4月に創業した、株式会社バックテック(ヘルスケアITベンチャー)を経営しております。

    小学校から野球を続け、プロ野球選手をずっと本気で目指していました。
    高校生の頃、肘を負傷し、初めて理学療法士のリハビリテーションを受け、その仕事に感動し、理学療法士の道へ。

    趣味は、読書、スキューバダイビング、サーフィンなど非常に多趣味。
    興味があることは、まず体験する!最近は座禅にはまっています。

    =======
    キャリアサマリ
    =======

    ▼2011年-2013年
    愛知県の藤田保健衛生大学を卒業し、理学療法士(国家資格)の資格を取得...

  • 株式会社バックテック(ヘルステックスタートアップ)で勤務しています。

    バックテックでは、医療職(理学療法士)×研究者というバックグラウンドも活かしつつ、プロダクトのUX/UIの設計やサービス品質管理、メディア運営、データ解析を中心に事業全般に関わっています。労働者の腰痛予防や労働生産性などの疫学研究をしています。

    趣味は、相撲観戦(マニアレベル)、海外旅行、洋画鑑賞、グルメ巡り(特に餃子とカレー)です!

    =======
    キャリアサマリ
    =======

    【研究活動】
    保健学博士 @神戸大学(元・日本学術振興会特別研究員DC2)

    主な研究テーマは腰痛などのカラダの痛み、運動、労働生...

Why we do

  • 産業保健に関わる方々にテレワーク実施者の課題解決についてプレゼン
  • 最新の医学的知見をもとに専門家の教育にも力を入れています。

新型コロナウィルスの世界的な感染拡大の影響で、各企業、オフィスワーカーの働き方としてテレワーク実施者が急増しました。この動きは、緊急事態宣言解除後も、感染リスクや固定費削減等の観点から、テレワークに向いた業務は、さらに拡大・定着の方向へ動いています。

そのため、自宅での慣れないデスク環境下でのテレワークと外出機会の低下に伴う運動不足やストレス等から、腰痛などをはじめとした心身の不調を訴える方が今後も増え続けることが予測されます。テレワーク実施者の健康課題は、”カラダの痛み”が最も多く、身体症状が波及してメンタルヘルスの不調もきたす可能性が懸念されています。

テレワーク実施者の肩こり・腰痛予防を推進することは、快適なテレワークでの業務を支援できるだけでなく、テレワークの長期化に伴うメンタルヘルス対策としての効果も望めます。

我々が、そんな働く人々の健康を”医療×テクノロジー”を通して支えることで、人を元気に、日本を元気に、世界を元気にしていけると信じ、活動しています。

そして、世の中には間違った健康情報が多すぎるという課題感も持っています。正しい医学的知見をテクノロジーを利用することで、人々の手に最速で届け、かつ個々人に最適な情報やソリューションを与えていくことが我々の存在意義です。

数年以上カラダの痛みに悩んでいる方も多く、実際のユーザーからの喜びの声は、感動ものです!

Highlighted stories

【社員紹介】入社の決め手はエビデンスに基づいたプロダクトを社会に価値提供できているところ!
【社員紹介】セールスマネージャーが当社に強く共感し使命感に駆られたコトとは?
『よし!トライしてみるか。』タイで木を植えていた彼が、ヘルスケア業界に挑戦しようと思った背景や理由とは?
Other users cannot see whether or not you're interested.
1 recommendation
Company info
株式会社バックテック
  • Founded on 2016/04
  • 10 members
  • Featured on TechCrunch /
    Funded more than $1,000,000 /
    Funded more than $300,000 /
  • 東京都渋谷区代々木2-26-2 2桑野ビル2-D
  • 自身の経験をフル活用して、圧倒的な成長をしたいインターン生募集!
    株式会社バックテック