Discover companies you will love

  • 植物工場、植物管理者
  • 8 registered

植物工場生産ファームにて、いちご/トマトの栽培管理者を募集

植物工場、植物管理者
Mid-career

on 2024-02-28

612 views

8 requested to visit

植物工場生産ファームにて、いちご/トマトの栽培管理者を募集

Mid-career
Expanding business abroad
Mid-career
Expanding business abroad

Hiroki Koga

ニューヨークでいちごの植物工場を運営してます。植物工場という日本の技術を使い、世界の人々に日本の美味しい農作物を届ける仕事をしてます。圧倒的なブランドを作り、世界最大の植物工場を目指します! 日本からも施設園芸の篤農家さん、植物工場経験者、バイリンガルPMを積極的に採用しております。学歴不問、経験と情熱重視です。

Reed John

I am charting a course for reshaping the agricultural industry, starting with premium strawberries in the New York City area.

Ikesue Ryuji

1977年11月福岡県生まれ。2003年熊本大学大学院卒業後、タキイ種苗株式会社に入社し、野菜の品種改良に従事。2012年から5年間、アメリカンタキイ@アリゾナで海外向けの野菜の品種改良を行う。その後、(株)スプレッドにて植物工場向け野菜の研究。現在はアメリカのOishii Farmにて世界一美味しいイチゴを植物工場で生産、研究中。

Shinsuke Naito

Oishii Farm's members

ニューヨークでいちごの植物工場を運営してます。植物工場という日本の技術を使い、世界の人々に日本の美味しい農作物を届ける仕事をしてます。圧倒的なブランドを作り、世界最大の植物工場を目指します! 日本からも施設園芸の篤農家さん、植物工場経験者、バイリンガルPMを積極的に採用しております。学歴不問、経験と情熱重視です。

What we do

Oishii Farmは、ニューヨークを拠点に植物工場を展開する2016年創業のスタートアップです。日本の農業・工業の技術を活かして、世界中いつでもどこでも、誰でもが美味しい新鮮な野菜や果物を食べられるような、そんな世界を目指しています。 まず最初に日本が世界に誇る最高品質のいちごに着目し、3年間の研究を経て、世界最大級、かつ、高品質のいちごの量産化に成功したしました。アメリカの天候・農業技術では生産不可能な圧倒的にあまい品種です。Oishii Farmのいちごは、ニューヨーク中のミシュラン星付きレストランや五つ星ホテルから問い合わせが殺到し、話題となりました。現在は、技術革新を通して価格を当初の1/5まで下げることにも成功し、アメリカ大手の高級スーパーマーケット「ホールフーズ」でも販売が拡大しています。またいちごに続き、フルーツトマトの販売も開始しました。 * 詳細は弊社HP(https://oishii.com/pages/our-story) をご覧ください。 ここからは更なる農業技術&工業技術(自動化・ロボティクス)の研究を重ねると同時に、世界中に工場を拡大し、様々な日本品質の果実・野菜を世界中の人々に届けたいと考えています。 日本が世界に誇る施設園芸(グリーンハウス農業)と工業技術の結晶である植物工場を通して、世界中に日本の美味しい農作物を届けると同時に、400兆円とも言われている農業市場にパラダイムシフトをもたらし、「農業といえば日本」という21世記を一緒に創り上げていける仲間を募集してます。

What we do

Oishii Farmは、ニューヨークを拠点に植物工場を展開する2016年創業のスタートアップです。日本の農業・工業の技術を活かして、世界中いつでもどこでも、誰でもが美味しい新鮮な野菜や果物を食べられるような、そんな世界を目指しています。 まず最初に日本が世界に誇る最高品質のいちごに着目し、3年間の研究を経て、世界最大級、かつ、高品質のいちごの量産化に成功したしました。アメリカの天候・農業技術では生産不可能な圧倒的にあまい品種です。Oishii Farmのいちごは、ニューヨーク中のミシュラン星付きレストランや五つ星ホテルから問い合わせが殺到し、話題となりました。現在は、技術革新を通して価格を当初の1/5まで下げることにも成功し、アメリカ大手の高級スーパーマーケット「ホールフーズ」でも販売が拡大しています。またいちごに続き、フルーツトマトの販売も開始しました。 * 詳細は弊社HP(https://oishii.com/pages/our-story) をご覧ください。 ここからは更なる農業技術&工業技術(自動化・ロボティクス)の研究を重ねると同時に、世界中に工場を拡大し、様々な日本品質の果実・野菜を世界中の人々に届けたいと考えています。 日本が世界に誇る施設園芸(グリーンハウス農業)と工業技術の結晶である植物工場を通して、世界中に日本の美味しい農作物を届けると同時に、400兆円とも言われている農業市場にパラダイムシフトをもたらし、「農業といえば日本」という21世記を一緒に創り上げていける仲間を募集してます。

Why we do

1. 持続可能(サステナブル)な農業の実現 農業業界は、いま重大な局面を迎えています。 日本にいるとなかなか感じる事が出来ませんが、世界の人口は増えていく一方で、気候変動や化学肥料問題により農業用地は年々減少しています。干ばつも世界中で発生しています。世界レベルで見ると10年後には生の野菜やフルーツが超高級食材になり、2-30年後にはほとんど食べられなくなる可能性があります。 植物工場は世界中場所を選ばず、天候に影響される事なく、水をリサイクルすることで、これまでの農業よりも地球に優しい、サステナブルな農業が実現できます。 我々の子供・孫の世代がいまと変わらず、美味しい野菜やフルーツを食べるにはとてつもなく大きなパラダイムシフトを起こさなければならなりません。 Teslaが電気自動車で革命を起こしたように、Oishii Farmは植物工場で農業界に革命を起こします。 2. 「農業と言えば日本」と言われる世界産業の創出へ 植物工場は施設園芸とIoT技術の結晶です。日本はこの二つの領域において20世紀の間世界のトップを直走ってきました。その結果世界で初めて野菜を完全閉鎖型の環境の中で量産する「植物工場」という技術を確立しました。植物工場とは日本のお家芸なのです。 しかし日本は植物工場のビジネス化に時間がかかってしまい、今では米国をはじめとした諸外国のスタートアップがその覇権を握ろうとしています。Oishii Farmが米国の企業でありながら名前に「Oishii」を残しているのは、我々の技術が日本の物であるという事を世界に再認識して欲しいというところにあります。 20世紀は「電化製品と言えば日本」、「自動車と言えば日本」、という時代でしたが、21世紀は「食と言えば日本」、「農業と言えば日本」という一時代を築いていきたいと思います。

How we do

日本の農業と工業技術を基盤に、独自に建設した最先端の植物工場の中で、自然とテクノロジーを融合させながら、雨・空気・熱・光・栄養といった要素を果物・野菜にとって最適な条件で再現し、365日最高品質の果物・野菜を作り続けることができます。 さらに、AIやロボティクスを使って作業・環境制御を自動化し、日々農作物のポテンシャルを最大限に引き出すための研究開発を行っています。 チームは、ニューヨークという土地柄もあり、世界中からプロフェッショナルが集まる超多国籍な集団です。農業や生産の専門家、植物工場経験者、プラントブリーダー、生産技術者を始め、外資系コンサル出身者もいれば、アーティストから元一流シェフまで、様々なバックグラウンドのメンバーが日本の技術に魅了され、農業界に革命を起こそうとしています。 また、大学機関や世界的なエンジニアリング企業など世界中のアカデミアとタッグを組み、オープンイノベーションな開発をしています。

As a new team member

多くの作業が、自動化やAIの導入により、常識に囚われない新たな農業のあり方が生み出される一方で、植物の最適な状態を維持する上では、人の目を介した観察が必要不可欠です。これまでの実務経験を活かし、野菜・果物を栽培・育成する知識を持った農業のプロ集団の一員として、持続可能で効率的な農業技術で最高品質の野菜を一緒に作りませんか? 長期的に高品質のいちごやトマトを収穫し続けるためには、それらの状態をいかに安定させることができるかが重要なポイントになります。そのために、植物工場内の問題の把握やその原因の追及と解決策の策定および実行。さらに、データを活用した詳細な分析だけでなく、最新の農業技術活用などが必要となります。 我々は、植物工場の特徴を最大限に活かすことを念頭に、野菜・果物の健康、成長、生産性、そして資源を効率的に利用することを実現できるよう、様々な要素を最適化するような、バランスの取れた業務を行うことを目指しています。 農学部や理学部を卒業された方や、農業業界での実務経験がある方、継続的な収穫のために効果的な戦略を検討することにご興味がある方、磨かれた観察力を弊社植物工場で活かしませんか?是非一度、ご応募ください! 【仕事内容】 生産ファームの植物の健康状態の管理/維持するために、下記3つを中心に日々業務を行っていただきます。  1)いちご/トマトの観察、調査  2)環境条件の確認、調整    3)観察結果に基づき、生産部門と管理内容を決定、実行 生産ファーム全体の生育状態をトラッキングし、収穫量や品質を向上させるための改善提案・企画立案、導入。 これまでの農業経験を活かし、データ分析やプロセス改善に貢献できる技術が必要です。 【必要なスキル・経験】 ●必須 ・農学・理学の大学や大学院卒業 ・1年以上の果菜類の栽培経験 ・外国人スタッフとコミュニケーションが可能なレベルの英会話力 ・会社のミッションに共感し、世界で一番美味しい農作物を作りたいと本気で思っている方 ●あると尚良し! ・海外での業務経験 ・プロジェクトリーダー経験 ・いちご・トマトのブリーディング経験 ・植物工場での栽培経験 【勤務地】 アメリカ合衆国 ニュージャージー州 または 日本
0 recommendations

    0 recommendations

    What happens after you apply?

    1. ApplyClick "Want to Visit"
    2. Wait for a reply
    3. Set a date
    4. Meet up
    Job Post Features
    Online interviews OK

    Company info

    Founded on 12/2016

    150 members

    • Funded more than $300,000/
    • Expanding business abroad/
    • Funded more than $1,000,000/

    Kearny, New Jersey, United States