Discover companies you will love

  • コミュニティマネジャー
  • 3 registered

東京拠点責任者候補/地域課題を解決するインキュベーション施設マネジャー

コミュニティマネジャー
Freelance

on 2024-02-02

268 views

3 requested to visit

東京拠点責任者候補/地域課題を解決するインキュベーション施設マネジャー

Freelance
Freelance

Naoaki Mitsudome

Shogo Sato

株式会社かたわら 代表取締役社長・財)えぞ財団 事務局長。 地元大学を卒業後、大手アミューズメント・ITベンチャー・ブライダルにて、マーケティング・人事部署を中心にプレイヤー兼ゼネラリストとして成果追求と横断的なマネジメントを同時に経験した強みを活かし、2019年より個人屋号「かたわら」にて開業。 サツドラホールディングス・JobRainbow・こゆ財団・北海道北斗市・京都府福知山市など、大手・中小・地域問わず複数の企業・自治体に横断的に「中の人」として所属する複業人事スタイルで、北海道⇄全国を行き来して組織創りに取り組む越境複業を経て2022年12月法人化。 人事顧問のほか、地域コミュニティ運営、プロジェクトMGRを主業に、経営×現場視点を掛け合わせた完全オーダーメイド型での組織創り・生産性向上ノウハウを全国の企業・自治体へ提供しています。 Projects> 完全オーダーメイドの組織創りプランナー 株式会社かたわら 代表取締役社長 ●一般財団法人 えぞ財団 事務局長 ●一般社団法人 シェアリングエコノミー協会 北海道事務局長 ●サツドラホールディングス株式会社 HRパートナー ●株式会社JobRainbow 人事顧問 ●一般財団法人 こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団) 人事顧問 ●GEHD株式会社 人事部次長 ●北海道 北斗市 人材育成アドバイザー ●京都府 福知山市 人材育成アドバイザー など 公私を通して「ひとと組織のありたいらしさを叶える」支援や地域創生・D&Iに繋がる活動が軸。 綺麗事よりみんなで「自分事」に向き合う組織を全国に増やしていきたい。 趣味は音楽鑑賞・隠れ家グルメ・ドライブ・カラオケほかサブカル全般。 邦楽ロックを特に愛し、野外フェス参戦が欠かせないライフイベント。 好きなアーティストは、サカナクション・藤井風・米津玄師・Tempalay・DURDN・Vaundy・ゲスの極み乙女。・椎名林檎など。

静かにアツい。サツドラHDの「地域コネクティッドビジネス」とは

Shogo Sato's story

Hiroki Tomiyama

1976年札幌生まれ。札幌の大学を卒業後、日用品卸商社に入社し福島や東京で勤務。2007年株式会社サッポロドラッグストアーに入社。営業本部長の傍ら2013年に株式会社リージョナルマーケティングを設立し、北海道共通ポイントカード「EZOCA」の事業をスタートする。 2015年5月に代表取締役社長に就任。2016年より新ブランド「サツドラ」の推進をスタートする。同年8月にはサツドラホールディングス株式会社を設立し代表取締役社長に就任。その他 AWL株式会社、 株式会社コンサドーレ、バリュエンスホールディングス株式会社、株式会社出前館にて社外取締役を務める。 また、2020年6月より北海道経済コミニティ「えぞ財団」を立ち上げて活動中。

北からはじまる 静かな革命

Hiroki Tomiyama's story

サツドラホールディングス株式会社's members

Naoaki Mitsudome 社長直轄グループCIチーム

What we do

【北海道から日本を、世界を変える】 1972年、スーパーマーケットの一角にわずか15坪の小さな薬店として始まったサツドラ。 現在は北海道を中心に200を超える店舗を構え、グループ会社リージョナルマーケティングの運営する共通ポイントカード「EZOCA」は北海道の191万人以上の皆さまにご利用いただけるまでに成長しました。 私たちサツドラホールディングスはこれらの強みに加え、AIやPOS開発などテクノロジーによる小売の仕組みのアップデート、教育関連事業の取組み、通信事業の開始、地域の皆さまの健康支援に向けた取組みなど様々な形で地域をつなぐことで課題を解決し、お客さまのより便利な生活の提供に努めてまいります。 ■私たちの3つのバリュー 〈地域とつながる場所がある〉 約50年かけて築き上げた200店舗あまりのドラッグストアチェーンは、地域で暮らす人々と直接つながることのできる場です。 〈地域をつなげるコミュニティがある〉 EZO CLUBやEZOママ、そして2020年に完成する新社屋のシェアリングスペースは、地域の人々をつなげるコミュニティです。 〈未来へつなぐ課題解決力がある〉 地域とつながる場、地域をつなげるコミュニティ、そこに最先端のテクノロジーやアイデアを加えることで、人口減少や高齢化等の社会課題を解決する力に変えていきます。
課題先進地域である北海道で地域の課題を解決し、そのモデルを日本中へ、そして世界へと広げていきます。
私たちが大切にしている価値観を「ミッション・ビジョン・バリュー・ウェイ」として言語化しました。
「人生100年時代」に仕事を楽しみ、社会に貢献し続けていくサツドラらしい行動をウェイとしてまとめました。
採用チームメンバー一同、新たな仲間との出会いにワクワクしています!
ただモノを売るだけの小売から、地域に関わるあらゆるヒト・モノ・コトを繋ぎ、未来を豊かにするビジネスへと進化。
地域の様々な企業・コミュニティ・自治体と連携し、EZOCAという共通ポイントを活かしたプラットフォームを築きます。

What we do

課題先進地域である北海道で地域の課題を解決し、そのモデルを日本中へ、そして世界へと広げていきます。

私たちが大切にしている価値観を「ミッション・ビジョン・バリュー・ウェイ」として言語化しました。

【北海道から日本を、世界を変える】 1972年、スーパーマーケットの一角にわずか15坪の小さな薬店として始まったサツドラ。 現在は北海道を中心に200を超える店舗を構え、グループ会社リージョナルマーケティングの運営する共通ポイントカード「EZOCA」は北海道の191万人以上の皆さまにご利用いただけるまでに成長しました。 私たちサツドラホールディングスはこれらの強みに加え、AIやPOS開発などテクノロジーによる小売の仕組みのアップデート、教育関連事業の取組み、通信事業の開始、地域の皆さまの健康支援に向けた取組みなど様々な形で地域をつなぐことで課題を解決し、お客さまのより便利な生活の提供に努めてまいります。 ■私たちの3つのバリュー 〈地域とつながる場所がある〉 約50年かけて築き上げた200店舗あまりのドラッグストアチェーンは、地域で暮らす人々と直接つながることのできる場です。 〈地域をつなげるコミュニティがある〉 EZO CLUBやEZOママ、そして2020年に完成する新社屋のシェアリングスペースは、地域の人々をつなげるコミュニティです。 〈未来へつなぐ課題解決力がある〉 地域とつながる場、地域をつなげるコミュニティ、そこに最先端のテクノロジーやアイデアを加えることで、人口減少や高齢化等の社会課題を解決する力に変えていきます。

Why we do

ただモノを売るだけの小売から、地域に関わるあらゆるヒト・モノ・コトを繋ぎ、未来を豊かにするビジネスへと進化。

地域の様々な企業・コミュニティ・自治体と連携し、EZOCAという共通ポイントを活かしたプラットフォームを築きます。

【ドラッグストアビジネスから、地域コネクティッドビジネスへ】 私たちの考える地域コネクティッドとは。 地域のあらゆるヒト・コト・モノをつなぎ新たな未来を創造することは、小売、コミュニティ、スポーツなど様々な地域のつながりを培ってきた私たちだからこそ、実現できることです。 ■地域と地域が連携し地方創生のモデルに 地域と地域が手を結ぶことで、日本はもっと元気になれるはず。 地域の魅力を発掘し、社会に大きな変化をもたらす人・モノ・仕組みを創造することで、地方創生の最先端モデルを生み出すことを目指します。 ■地域プラットフォームづくり 北海道の企業やコミュニティ、自治体と連携し、EZOCAという共通ポイントプログラムを軸とした、豊かで便利な暮らしの実現を目指します。 ■ライフコンシェルジュ構想 急速なテクノロジーの変化により、店舗の果たす役割は「モノを売ること」から「モノ×サービスの提供」へと変化していきます。私たちは〈リアルな店舗〉で〈人間〉にしかできないサービスを追求します。 ■健康プラットフォーム構想 地域の医療機関や介護施設などが健康情報を共有し、連携・サポートし合うことで地域住民が住み慣れた街で永く健康に暮らせる社会を目指します。

How we do

「人生100年時代」に仕事を楽しみ、社会に貢献し続けていくサツドラらしい行動をウェイとしてまとめました。

採用チームメンバー一同、新たな仲間との出会いにワクワクしています!

【7つのSATUDORA WAY】 〈好奇心を忘れず、挑戦から学んでいこう〉 一生青春、一生勉強。変化を恐れず何事にも興味を持って挑戦する。 〈困難を乗り越えて、ひとつ上を目指そう〉 問題ではなく、自分を成長させる課題として捉えて解決していく。 〈何でも自分事にし、自ら行動しよう〉 なぜやるか、どう思うか。自分主語で語り、行動する。 〈オープンに、フェアにいこう〉 情報共有し、公明正大に。家族に誇れる誠実な行動を。 〈まわりのヒトを喜ばせて、ファンをつくろう〉 お客さま、取引先、仲間から学び、他者に貢献することで支持を集める。 〈違いを認めあい、互いの強みを活かそう〉 他者の良いところを探し、自分にできることと掛け合わせることで、一人ではできないシナジーを出していく。 〈いつでも、心と体の健康に気をくばろう〉 お客さまを笑顔にするのはあなた。何よりもまず自分の健康を第一に。

As a new team member

北海道と日本をつなぐ地域特化型インキュベーションオフィス「EZOHUB TOKYO」を開設します <コミュニティマネジャーを募集> 全国でも課題先進地域の北海道が、今後も持続可能な産業活動が行える地域社会でありつづけるために、北海道と日本をつなぐ“出島”である「EZOHUB TOKYO」をオープンすることにしました。今回はそこで働くコミュニティマネジャーを募集します。 「EZHUB TOKYO」は北海道にまつわるあらゆるヒト・モノ・コト・カネ・チエが交わる拠点です。毎週のように北海道に関連するイベントを開催したり、道内外の企業や団体を取りまとめながら課題解決につながるプロジェクトをマネジメントしたりと、北海道から飛び出していきたい企業や自治体/北海道に飛び込みたい企業や人材の双方にとって意味のある場所にしていきたいと思っています。 北海道で50年ビジネスを行ってきたサツドラだからこそ、「北海道でそのビジネスをしたいのであれば、〇〇の▲▲さんに会うといいよ」といった、世の中には出ない、しかし大変重要な情報を活かして会員さん同士をマッチングさせることも可能です。 コミュニティマネジャーには、このEZOHUB TOKYOに常駐して頂きながら、会員企業/団体の課題やアセットを把握、マッチングさせ協働を促進させる役割を主に担っていただきたいと思っています。また会員同士の課題整理や要件定義など、マッチング後の動きがスムーズになるような動き方をしてくださる方も大歓迎です。 <コミュニティマネジャーにお願いしたいこと> ・コミュニティの成長と活性化に向けた計画策定と実行(イベント企画、SNS運用など) ・会員満足度の最大化を目指したコミュニティの設計とメンバーサポート全般 ・ユーザーリサーチに基づいたKPI設定と達成マネジメント ・各種イベントやプロジェクトの企画~推進までのプロジェクトマネジメント ※別途アシスタントも採用予定 <EZOHUB TOKYOで働くメリット> ・地域を基盤としたインキュベーターとしてのキャリアを積むことができます! ・北海道を中心に地域でアクティブに活動する起業家/VC/金融機関/団体との人脈を構築することができます! ・コミュニティ立ち上げに初期段階から携わり、裁量を持って運営を進めることができます! ・東京で勤務していただきながら、北海道の魅力あるヒト、モノ、カネ、チエに触れることができます! ※すでにこれらにまつわるお仕事をされている方は、その経験を存分に活かして頂けます <求める人物像> 【オープンマインド】 会員様との交流を楽しみ、その交わりの中でコミュニティ戦略や企画立案のヒントを得て実行できる方 【柔軟性】 スタート間もない組織の中で走りながら仕組みをつくり、周囲を巻き込める方 【企画力/課題解決力】 0→1を厭わずに課題を解決するために最も最適な方法を検討、企画し、実行に移せる方 【北海道愛】 サツドラグループのコンセプト「地域をつなぎ、日本を未来へ」、EZOHUBの目指す「北海道から日本の未来をつくる」に賛同し、活動に熱意を持って取り組んでいただける方 北海道と日本をつなぐ"出島"で、多様なステークホルダーと出会い、つながり、企てながら、地域課題解決のための新たなチャンスやきっかけを一緒に創出しませんか?
0 recommendations

    0 recommendations

    What happens after you apply?

    1. ApplyClick "Want to Visit"
    2. Wait for a reply
    3. Set a date
    4. Meet up
    Job Post Features
    Online interviews OK