1
/
5
経営企画
Mid-career
on 2022-07-03 282 views

ソーシャルイシューを解決したい経営企画メンバー

株式会社SASI

株式会社SASI members View more

  • 株式会社 SASI代表。1979年兵庫県丹波市生まれ。
    西日本を中心に100社を超える中小企業のブランド戦略に携わる。アイデンティティデザインという独自手法で、中小企業の価値を引き出す「デザイン経営」のサポートを行い、中小企業だからできる新たなデザイン経営の実践し続けている。
    さらに、中小企業のデザイン視点を広げるためのプラットフォームとして、カフェを通じたデザイン経営支援を行う株式会社DtoDを起業する。
    2018年5月に『強い地元企業をつくる 事業承継で生まれ変わった10の実践』(学芸出版社)を上梓。12月には事業構想大学院大学出版「人間会議」に寄稿。
    2020年神戸大学出版「働き方...

  • 2008年 同志社大学卒業→ワタミフードサービス入社 店舗管理業務を担当
    2011年 ワタミフードサービスにて3年間勤務の後、就業環境改善の為生保損保総合代理店アドバンスクリエイトへ入社。入社約1年後支店長としてマネジメント、および同社唯一の法人営業パーソンとして勤務。約10名のマネジメントと並行して新規法人営業を実施。
    2015年7月以降 パーソルキャリアの リクルーティングアドバイザーとして勤務。IT業界担当チームでマネジメントを経験後、2019年4月-から2021年2月までエグゼクティブエージェントとして活動。
    現在はハンズオンを含めた企業経営支援と人材紹介/転職支援を行うパラレル...

  • 新卒からイベント・SP・タレントマネジメント企業にて、芸能人の仕事術・キャリア構築術を学び、その後大手人材会社パーソルキャリア株式会社(旧インテリジェンス)にて、法人の中途採用支援や組織コンサルティングを経験しました。現職では経営企画として管理機能全般の構築や運用をリードする傍ら、セールスやPM、ディレクターとして中小企業の事業支援も行っております。ビジネスとヒトがマッチングして、相互に成長できる舞台をプロデュースすること、そして事業者のジャーマネのようにいつでもどこでも寄り添うことをモットーに活動してます。

  • 1986年兵庫県宝塚市生まれ。
    同志社大学経済学部卒業後、2008年より居酒屋チェーンでスタッフ職~マネジメントを3年間経験。 2011年に独立系保険代理店に転職。支社長および新規事業立ち上げに携わり、15名〜30名の組織管理を実施。
    2015年に人材会社 パーソルキャリア株式会社へ転職。6年間事業会社の採用コンサルティングとヘッドハンティングに携わる。2020年10月に株式会社SASIに参画し、取締役 兼コンサルタントとして経営支援業を展開。
    2021年12月に株式会社micataの取締役に就任。

    株式会社創生アドバイザリー 代表取締役
    株式会社SASI 取締役 経営企画
    株式会社m...

What we do

  • クライアントとプロダクトデザインの打ち合わせのワンシーンです。
  • 事務所兼カフェで打ち合わせを行っています。

私たちは想いのある地方中小企業のパートナーとして、地場中小中堅企業と共に戦う集団です。
経済産業省特許庁が標榜する次世代型の中小企業内スタートアップ創出フレームワーク「デザイン経営」の近畿エリアでのリーディングカンパニーとして、様々な省庁・地方自治体・法人・団体と一緒に、「アイデンティティ」をキーワードにして、VUCAの時代に適応できる新規事業やブランドの構築のみならず、地方中小企業の経営そのものをデザインしています。

私たちは将来的にクライアントが自立・自走できるように伴走するためにディレクターやデザイナー自身がクライアント内部に入り込み、伴走するスタイルが特徴です。
※当社では3~5年程度のお付き合いになるクライアントが多数存在します。また、そのクライアントについては、今後も末長くお付き合いしていく可能性が極めて高い状況です。

また、私たちが手掛けているデザイン領域は、世間一般的なデザインという言葉よりも広域に及びます。
デザインと聞くと一般的にはロゴマーク、プロダクト、パッケージやWEBなどのデザインをイメージされることが多いと思いますが、私たちは経営そのものをデザインを行っています。

具体的には、その企業・経営者が大切にしている理念やアイデンティティを入念にヒアリングを行い、それをベースにコンセプト、ビジネススキーム、価格設計を共に考えてからロゴマーク、プロダクト、パッケージ、WEB、インテリア、建築、DTPのデザインを行いますが、それだけでは終わりません。

その後もサービスやプロダクトのローンチ(展示会リリース、プレスリリース、クラウドファンディングなど)を手掛け、その後のファン拡大、売上拡大を達成するためにセールスディレクターを中心にWEBマーケティングのスペシャリストを投入、ディレクター・デザイナーおよびクライアントと共にチーム一丸となって経営戦略実現に向けて、考え、実行しています。

現在は金融機関や自治体と連携し、主に兵庫県と大阪府の地場中小中堅企業の事業支援を行なっています。関西におけるデザイン×経営の事業推進者として徐々に業容を拡大しています。
具体的な事例は以下のURLからご確認ください!

http://sasi-d.com/works/

http://sasi-d.com/projects/

Why we do

  • 銀海酒造様とのプロジェクトはNIKKEI DESIGNに取り上げられました。
  • アーバン工芸様とのプロジェクトは独創的なアーバン工芸様とのプロジェクトの代表的な商品『SETOUCHI』。藤巻百貨店でも完売するなどの人気モデルです。

私たちは地元企業が元気になれば、その地域は必ず変わることを信じて、事業・サービスを行っています。
その思いや事業・サービスに至った背景や経緯については、当社代表の近藤の物語がキッカケになっています。

代表の近藤は兵庫県丹波市出身、都市へのコンプレックスを抱きながら、田舎を飛び出し、進学。
デザイン事務所に就職し、10年ほどインテリアのデザインを経験、その後、様々な経験を経て、現在のアイデンティティ・デザイン、経営全体を丸ごとデザインという独自のスタイルを確立、現在に至ります。

その経緯の中で、地方とデザインに対して、このままではいけないと考えさせられる出来事がありました。それは生産拠点を国内から海外へ切り替えが本格化していく中で、元気のなくなりつつある地方活性化を目的に、全国の伝統工芸地に、補助金を使い有名デザイナーを迎えて、新しいプロダクトを創り出し、世界に向けて発信、販売を手掛けるプロジェクトに参加した時のことでした。
プロジェクト当初はデザイナーの才能と話題性もあり、ヒットしたものの、その後、すぐに売れなくなるという現象が起こったのです。
他のエリアでも同じ現象が起こり、デザインされた商品は在庫の山となり、補助金が切れたタイミングでデザイナーは居なくなるという悲惨な状況が起こっていました。

その時に、嫌いで仕方なかった自分の田舎、丹波市で同じことが起こることを想像すると、居ても立っても居られない気持ちになっていました。
この時に当社のビジョンである『自分のまちは、自分でデザインしたい』ということに思い至ります。

その後、地元丹波市の関係人口を増やすためのイベントを発起人として企画・実行し、社会課題を解決するソーシャルデザインの注目事例としてメディアで脚光を浴びるなど、世間からは成功したとの評価や注目を獲得。
一方で近藤自身の中では、自分自身を含めて、実行委員会、サポートスタッフ全員がボランティアで成り立っていたことから、これでは継続できないことに気づき、大きな壁にぶち当たります。

落ち込んでいる近藤の元に、地元丹波の商工会から地元の特産である黒枝豆のパッケージデザインの仕事の依頼を受け、これが運よくヒット。
そのプロジェクトのやり取りの中で地方事業者の武器は、地域に存在する資源そのものであることに気付きます。
その武器を使い、売上を伸ばすことで地元の雇用を増やし、設備投資を行い、さらなる地域資源を掘り起こす。このサイクルをデザインの力を使って創り出すことで、地方の活気と誇りを取り戻すことを生業にすることを意思決定、現在に至ります。

これまでに当社は地方中小企業の想いのある経営者(特に世代交代に伴う事業承継案件が多い)と強いパートナーシップを結びながら、数多くのヒット商品を創り出してきました。その中でも私たちの拘りは、たとえ私たちが関与しなくなったとしても、その事業者が主体性を発揮し、自立・自走してもらえるように共に成長することを最大の目標・目的として取り組んでいます。

今後も、コロナ禍の状況下で大きな変化が起こっていく中でも、私たちは地方の地元企業を元気にすることで、その地域全体が変わることを信じて、事業ーサービスを提供して参ります。

How we do

  • 現在、私たちは新しい組織のカタチ、ヒトと会社の在り方を模索、検討しています。上記は代表の近藤が掲げた『School=群れ』の構想です。会社とコミュニティの良いところを組み合わせていきたいと考えています。
  • 私たちのサービス範囲、フローを示した図です。フェースを5つに分けて、アイデンティティのヒアリングから売上UPまで中長期的に伴走し続けるスタイルを提案、提供しています。

■ハンズオンによる本気の支援■
SASI は、クライアントの企業経営に深く長く関わっています。多くのデザイン会社は「つくって終わり」ますが、私たちは長期に渡りクライアントの経営に参画しています。5年以上ご依頼いただくお客様もいらっしゃいます。

さらに、セールスに強い人材や、HRに強い人材、ファイナンスに強い人材など、デザイン周りだけじゃないバラエティー豊かな人材が揃っていることもSASIの特徴です。様々な知見をもって、幅広い課題にワンストップで対応しています。

お客様が言ったことが正しいとは限りません。正しいのはお客様のビジョンです。
お客様が言ったことがもしビジョンからずれていたら、忖度などせず率直に意見します。
すべてはクライアントの利益のための行動です。

■具体的なプロジェクトの進め方について■
私たちはプロジェクトについて、フェーズを5段階に分けています。

・フェーズ1:アイデンティティの抽出:経営者の人生の理解から始まり、どうしても実現したいビジョンや想いを徹底的にヒアリングします。合わせて事業として保有する強みや弱みなどを整理

・フェーズ2:アイデアの創出:クライアントのキーマンたちと、SASIDESIGNメンバーとセッションを重ねていきながら、アイデアを出していきます。その後、経営環境の分析も行った上で、経営目標を鑑みながら、売上・利益・価格の設定や商流を決定していきます。

・フェーズ3:アイデアの表現:これまでの話の内容をブランド全体のコンセプト、ロゴ、プロダクト、パッケージ、WEBなど各種デザインに落とし込んでいきます。合わせて、CJMや経営計画の
策定もクライアントと共に作成していきます。

・フェーズ4:アイデアの投下:いよいよデザインしたブランドやプロダクト、サービスをカットオーバーし、各種展示会やプレスへのリリース、Makuakeなどのクラウドファンディングの仕掛けなどを手掛けていきます。このフェーズから、セールスディレクターやWEBマーケティングなどのメンバーが本格的に参加スタート。

・フェーズ5:ブランドやプロダクトをリリースしたからと言って、すぐに大ヒットすることはありません。そこから、如何にマーケットにフィットさせていくのか、とても大事なフェーズになります。このフェーズからセールスディレクター&WEBマーケティングのメンバーが主体責任者となり、クライアントと共に、試行錯誤しながら売上・ファン拡大に向けた企画・実行・振り返りを繰り返していきます。

■オフィス環境■
宝塚と三宮にオフィスを構えるSASI。

宝塚オフィスは、事務所×Bookcafe「DOOR」から成ります。この事業開発型ブックカフェでは、明日を明るい日にするさまざまなアイディアが生まれています。おしゃれなカフェで美味しい賄いと好きなドリンクを毎日楽しめることも嬉しいポイントです!

■はたらき方■
今回ジョイン頂く方には宝塚か、リモートで勤務いただきます。宝塚では新卒メンバーからベテラン層まで、幅広い人材が活躍中です。リモートでは東京・福岡・松江で活躍しているメンバーもいます。バーチャルオフィスシステムとチャットツールでコミュニケーションラグの少ない環境で働いています。

フルコミットしたい方、または週の半分くらいを他の仕事との兼業で参画したい方など、働き方はご希望を伺いながら決めていければと思います。兼業の場合、週の半分くらいは稼働してもらいたいですが、働く日や時間の自由度はかなり高いです。

■SASI の社内風土■
どんどん意見を発信してほしいという文化があります。Web周りに限定することなく、アイディア・意見を出してほしいと思っています。
プロジェクトを成功させるために、健全なセッションを行いましょう!

■はたらく人の居心地をよくしたい■
誕生日は皆でお祝いです!いつも手の込んだお祝いの席を用意しています。
また、島根県松江市(グループ子会社が所在)でワーケーションをやってみたい、という話が挙がり、実際に制度化されたり、宝塚では本格的なハンドドリップコーヒーや、各種ラテがフリードリンクですので、一息入れるときのお供になっています。

As a new team member

特許庁が掲げる新たな経営のフレームワーク「デザイン経営」と「アート思考」を武器に、地方中小企業「アイデンティティ」の発露からなる新規事業開発を推進するSASIのコーポレートメンバーとして、経営の推進に携わっていただきます。

【業務イメージ】
※ご経験やご志向に合わせて業務を設計いたします
・事業状況の分析や予測
・新規事業の事業計画書の作成や実行のマネジメント
・アライアンス先の開拓や深耕
・各種プロジェクトのプロジェクトマネジメント
・新たなパートナーの採用や育成
・契約書の整備やチェック(提携する税理士や社労士と連携)

多面的な業務に携わるポジションですが、先任の経営企画が取締役ともう一名、さらにバックオフィスメンバーが2名の計4名体制に加わって頂く形ですので、しっかりとフォローをさせて頂きます。特定のスキルやノウハウというよりも、使命感とワクワク感を胸に地方中小企業のために一緒に仕事ができる、そんなバイタリティを持った素敵な方をお迎えすることで、現事業にさらにドライブをかけていきたいと考えています。

とは言え、どのような経験が必要かが分かりづらいかと思います。
例えば下記のような経験をお持ちであれば、その経験を十二分に生かすことが出来るポジションです。
経験や実績の有無というよりも、地方創生や地元企業の発展に対する思いに共感できるかどうかを重視しています。

【必要経験イメージ】※下記いずれか
・経営企画/事業企画経験
・バックオフィス(総務)業務の経験
・経営層を対象とした無形営業経験
・人事業務(採用や労務)や財務経理、管理会計などのミドル〜バックオフィス経験
・toC、toB問わずマーケティング経験

どうせ仕事をするなら困っている誰かのために
難しいかもしれないし出来るかどうかも分からないけど、地方のために
そのプロセスを通して自分自身も成長していきたい

こんな思いを持つ方であれば大歓迎です。

Highlighted stories

まかない Cooking 当番制始めました。

25歳 Webデザイナー 中町 勇輝の場合。

具体的事例:OEMからの脱却、最強の靴下、OLENOプロジェクト

Other users cannot see whether or not you're interested.
0 recommendations
Company info
About 株式会社SASI
株式会社SASI
  • Founded on 2012/05
  • 17 members
  • 兵庫県宝塚市仁川北3-6-3 ジュエル仁川 102号
  • About 株式会社SASI
    ソーシャルイシューを解決したい経営企画メンバー