山本 淳一郎

レバレジーズ株式会社 / レバテック株式会社IT新卒領域

山本 淳一郎

レバレジーズ株式会社 / レバテック株式会社IT新卒領域

世界は日々驚くほどに変わっていくしかし人間にとって必要なものはそれほど大きく変わらないだろう

大学生活において様々な事を挑戦してきて、常に日々今しかできないことは何かと考え行動し、「自転車で東日本一周」「朝活サークル設立」「プログラミング」「サッカークラブ運営」など様々なことに挑戦をしてきました。 これらを経て、自分の甘えという意味での弱さを痛感すると同時に、他にはない自分の他人とのコミュニケーション能力の強さや

Ambition

In the future

インターネットで多くの人の役に立ちたい。 一瞬で多くの人にサービスを届けられるこの時代に。

About レバレジーズ株式会社

レバレジーズ株式会社2 months

レバテック株式会社IT新卒領域Present

- Present

ITエンジニア専門アドバイザーがマンツーマンで就活の不安を解決し、 豊富な求人から求職者の志向性や適性に合う企業をご紹介するマッチングサービス。

About TATEITO株式会社

TATEITO株式会社2 years

エンジニア(Intern)

-

組織内で動画を活用するためのプラットフォーム「RUUUN(ラーン)」を開発・提供しています。

About レバレジーズ株式会社

レバレジーズ株式会社

インターン

与えられたお題を達成するために、問題と課題を策定し、 その課題から施作を見つけていくワーク。

東南アジア・インド一人旅

バックパッカー

今しかできないことをとことんやりたい。

About 株式会社電通

株式会社電通

メディアビジネス塾(Intern)

2週間のインターンの中で、「テレビの力で、世の中に”うねり”を生む」力を学び、18チーム中の最優秀プレゼン賞を受賞

芝浦ボディビル大会 2位3 months

ボディビルダー

-

学内の「朝活クラブ」のリーチ拡大を図り、芝浦ボディビル大会に出場。 2ヶ月間の減量で-5kgの減量に成功したが、あと一絞りが出来なかった。 結果としては、ファン投票賞では1位を獲得するも審査員賞で2位となり、総合2位となった。

MuscleGate Tokyo 4位入賞5 months

フィジーク選手

-

4ヶ月-12kgの過酷な減量を成功させ、人生初のフィジーク大会MuscleGateTokyoに出場しました。予選なども難なく通過し、結果は、4位入賞できました。

組織内の発信プラットフォーム ASAZOO6 months

エンジニア

-

「朝活サークル」メンバーが30人を超えた頃、友人と朝活サークルの収益化のビジネスの話をする。その時に、人とのコミュニケーション力、実行力だけではビジネスは成功しないと感じ、エンジニアを目指すようになる。この目標を達成するために、毎日8時間、独学でプログラミングを学ぶ時間を作り、半年間継続し、組織内の発信プラットフォームを完成させる。

学園祭女装コンテストグランプリ

女装

学内に「朝活クラブ」のリーチをかけるため、芝浦祭の女装コンテストに出場し、3ヶ月間SNSを通して、広報に力を入れ、見事優勝を果たしました。

自転車東日本一周旅2 months

旅人

-

コロナの閉塞感がある中、「今しかできないこと」をしたいと思い、東日本一周旅を遂行。旅の中では、ほぼテント泊をしながら、健康ランドで出会ったおじさんの家にも泊まったりする。1都10県に及ぶ旅の中では「地方」と「都市」の格差を非常に感じるとともに、何もできない「無力さ」を実感。

朝活クラブ設立

設立者 / リーダー

1年の冬ごろに前十字靭帯断裂から、サッカー復帰困難となる。熱中できるものを失くし、途方くれた中、ある動画をきっかけに私の人生は一気に好転していきました。この時に、私と同じように事情は違えど何かに苦しんでいる人がたくさんいる、だから今度は自分が多くの人を勇気づけ、「多くの人の背中を押したい」と思うようになり、朝活クラブを設立。

芝浦工業大学体育会サッカー部1 year

フォワード / ムードメーカー

-

大学1年、新型コロナウイルスが猛威を奮う中で、外出自粛など行動が制限され、何もできない日々を過ごしていた中、何かに打ち込みたいと、サッカー部に入部。一年ながらトップチームにも出場していた。

芝浦工業大学 入学

システム理工学部・機械制御システム学科

TOHON FC 一般社団法人JL&JL

コーチ / 運営

2010年に実父より設立されたサッカークラブが2020年に代表が次男、兄に受け継がれ、弟である自分とサッカークラブの拡大、強豪クラブへ歩き出した。 昨年、2021年には一般社団法人に登録。

小松川高校サッカー部3 years

ストライカー / ムードメーカー(14番)

-

「クラブとして初の都大会ベスト8を自分のゴールで」を目標に1年の時から努力を続けた。しかし、高校からはチームで求められるプレースタイルの違いや、中学校まで武器にしていた「スピード」は高校サッカーでは体格の大きい選手が増え、全く通用しなくなったことで、高校2年の夏前までトップチームの出場経験は1度もなく、非常に挫折した。求められるスキルが何かを


Keep up to date with your connections on the Wantedly People App.