1
/
5

【展示レポート】細尾・東京大学・ZOZOテクノロジーズによる共同研究成果展示”Ambient Weaving ── 環境と織物”

細尾・東京大学大学院情報学環 筧研究室・ZOZOテクノロジーズの共同研究による成果展示“Ambient Weaving ── 環境と織物”が、4月17日(土)より京都のHOSOO GALLERYにて開催となりました。
本展では、唯一無二の意匠を誇る日本伝統工芸品である西陣織と、先端テクノロジーを掛け合わせた、これまでに類を見ないユニークなテキスタイル作品を5点展示しています。

この記事では昨年2月より開始された本共同研究が目指したもの、そして本展の展示作品についてたっぷりとご紹介します。
共同研究開始リリース成果展示リリースをご覧になって「環境情報を織り込んだ織物って何…?」と不思議に感じた方も、この記事を通して本研究に関して少しでも理解を深めてもらえると幸いです。

3者で共同研究に取り組んだ理由については、株式会社 細尾 代表取締役社長 細尾 真孝氏、東京大学大学院情報学環准教授 筧 康明氏、弊社代表取締役CINO 金山 裕樹が「Fashion Tech News」のムービーにて語っています。こちらもあわせてご覧ください。

【織物とはメディアである】今回の共同研究の着想とは?

本共同研究の原点は「織物とは、人と環境の間に介在するメディアである」という議論にあります。人と織物の歴史は古く、約2,000年前から最も近く、まさに身近にあるものとして共に歴史を重ねてきました。
歴史を辿る際に、織物から当時の環境を推察されることも多々あるように、その時代に生きる人々の生活や環境は織物に反映され、そして記録として残っています。このように、織物は人間が歩んできた歴史や環境を残し、伝えるメディアでもあるのです。

つづきは、こちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more