1
/
5

新卒×代表座談会に潜入! ~ZOZOテク代表2人に聞く、新卒時代の成長術とは~

こんにちは!

今回は今年の新卒研修の中で行われた、新卒社員18名と弊社代表を務める久保田と金山が参加した座談会の潜入レポートをお届けします。


新卒社員からの質問に、代表の2人が答えていくスタイルのこの座談会。

実は中途社員のみなさんとも入社月毎に行っており「代表の人となりを知れた」「顔を見て直接話せてよかった」と、とても好評な企画なんです!

今回の座談会も真面目な話からカジュアルな話題まで、いろいろなお話が聞けました。中でも印象的だったトピックをいくつかピックアップしてお届けします。

久保田 竜弥(くぼた・たつや)
株式会社ZOZOテクノロジーズ 代表取締役社長/株式会社ZOZO 執行役員
2008年スタートトゥデイ(現ZOZO)入社。ZOZOTOWNの開発に従事。その後、2013年4月にWEAR事業責任者に就任。2017年7月に株式会社ZOZOテクノロジーズ代表取締役社長に就任。2020年7月から株式会社ZOZO執行役員を兼任。
金山 裕樹(かなやま・ゆうき)
株式会社ZOZOテクノロジーズ 代表取締役CINO(Chief Innovation Officer)
ファッションアプリ「IQON」(アイコン)を運営する株式会社VASILYを創業後、2017年10月に「ZOZOTOWN」 を運営する株式会社ZOZOに売却。現在は株式会社ZOZOテクノロジーズのイノベーション担当代表取締役として、ZOZO研究所の発足などR&Dと新規事業の創造を行っている。

Q1,若いうち(特に新卒1〜2年目)は何にお金を使うべきですか?

久保田:多様な経験をするためにも、何かに限定せずにいろいろなことにお金を使うのをおすすめします!貯めずに足りないくらいに使い切る方が良いと思います、若いうちは。僕の周りで成功している人で、若い頃からお金貯めてた人って全然いないんですよ。もう限界ギリギリまで使って、なんなら借金してでも遊んで…とかそういう人が多い気がしていて。それぐらいしないと色んな経験もできないし、インプットもできないと思うので、貯めずにあるだけ使ってみるのが良いと思います。

金山:消費じゃなくて投資ですよね。僕の場合は「これは投資だ」と自分の中で定義して、投資対象に対して徹底的に投資するスタンスをとっています。さらに買わない理由が値段なら買った方が良い、買う理由が値段だったら絶対買わない方が良いというスタンスをとっています。新卒のみんなには理解し難いと思いますが「何がしたい」「何が欲しい」「何かになりたい」「何か食べたい」「誰かと会いたい」とか、自分の中にある欲求は年齢を重ねるにつれて減っていくものです。だから、若いうちは全部昇華してあげた方が良いですよ。それは自分の血となり肉となり、必ず返ってくるから。我慢しちゃダメですね。

久保田:あと「お金に余裕ができたら……」と言って、物事を先延ばしにする人がいるじゃないですか。その考え方はおすすめしないです。これは何かを買う時だけのことではなく、決断するタイミングの全てに言えることだと思うのですが、お金に余裕ができることってほぼないんですよね。大体の人が収入が増えれば生活レベルを上げるから、お金に余裕ができる状態は来ないと思った方が良い。となると、そこで先延ばしにした時間ってすごくもったいないので、なんでも決断するなら早い方が良いんじゃないかな。


Q2,給料を上げる近道はありますか?

久保田:近道はないと思います。「人から認められる」とか「人の役に立つ」ことがその人の価値になっていくので、その価値を最大化させる方法を考えた方が良いと思います。僕の場合は人が面倒くさがること・嫌がることを積極的にやるようにしていました。今も迷ったら面倒くさそうな方を選ぶようにしてますね。自分の価値というか、「どうしたらみんなの役に立つかな」という考え方で仕事をしていたら、いつの間にか求められる存在になる気がします。


続きはこちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)'s job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more