1
/
5

【2020年新卒スタッフインタビュー】客観的かつ主体的に、魅力的な課題を改善。

こんにちは。採用担当の藤田です。
今回は2020年に新卒として入社した武井の記事をお届けします。

プロフィール

武井 勇也(EC開発本部 ZOZOTOWN部)
2020年にZOZOテクノロジーズ新卒3期生として入社。ZOZOTOWNのフロントエンドエンジニアとして特集等企画ページを中心に開発を行うチームに所属。新卒1年目にしてプロジェクトのシステム設計から開発までメインで担当。

エンジニアになろうと思ったきっかけを教えてください。

学生時代 、IT企業でWebサイト制作やマーケティングを請け負う会社でアルバイトをしていました。そのときはWebディレクターとして業務を行っていたのですが、エンジニアとやりとりが思うようにできない、他のサイトでは実現できていることができないなど不満が募り、自分でも勉強してエンジニアリングの理解を深めたいと思ったのがきっかけです。勉強するうちにコードを書いて問題を解決する方法を考えたり、技術を調べたりすることそのものがとても楽しいと思うようになりました。その後、エンジニアの師匠のような人に幸運にも巡り合りあって火がつき、一流のソフトウェアエンジニアになりたいと精進しています。


なぜZOZOグループに入社しようと思ったのですか?

魅力的で興味深い課題をたくさん抱え、またそれに全力で向き合っている企業だと思ったからです。この「課題」とは、アパレル産業の課題、技術の課題、多様な人同士が働く組織的な課題と様々です。どの課題にも奥深さを感じ、解決するためのアイデアを想像することが楽しかったのが決め手でした。また、ZOZOTOWNはもちろん、ZOZOSUITなどの革新的なサービスも前々から素晴らしいと思っていました。さらに、先に挙げた課題を改善することで、自分を含めたたくさんのお客さんに喜んでもらえたら最高だろうなというのも動機としては大きかったです。


続きはこちら

株式会社ZOZO(エンジニア・デザイナー部門)'s job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more