1
/
5

What we do

「スモッカ」「アルバイトEX」等をはじめ、展開サービスは30以上です。
2017年1月に虎ノ門に移転。和モダンをコンセプトとしたオフィスです。
社会に存在する様々な課題を事業を通じて解決し、誰もがより良く生きるための選択肢を得られ、最良の意思決定を行うことができる社会を実現する。 じげんは、「次元を超える事業家集団」として、事業を通じて社会に生じている格差に切り込み、人生の選択を支援することで最良の意思決定を実現していきたいと考えています。 特に現在、じげんがフォーカスしているのが「情報の非対称性」の問題。求人、住宅、旅行等といったライフイベント領域には、既に膨大な情報が存在し、様々なメディア・サービスが多数乱立しています。その結果、本来集約されたはずの情報が多数のサイトに散在していることで、かえって最適な情報選択が難しくなってしまったり、ユーザー自身が膨大な情報に埋もれてしまい、自分自身の判断基準による選択が出来なくなってしまう人が増加していたりと、新たな問題が生じてしまっています。 じげんは、既に存在する大量の情報を有機的に収束・再構築し、ユーザーに最適化して届けることで、ユーザー自身が最良の意思決定を行い、行動することのできる「場」づくりに取り組んでいます。Google検索が「情報の入り口」を創ったとするならば、私たちは一人ひとりのユーザに最適化された、「情報の出口」を創っている。そんな思いで日々サービス開発に取り組んでいます。

Why we do

全方位の経営を通じ、表彰等も数多くのチャンスが必然的に生まれる環境。少数精鋭の組織が実現できています。
じげんの掲げる「生活機会の最大化」というミッションを実現するため、創業以来、毎年連続で増収増益を実現しながら、既存事業はもちろん・新規事業の立ち上げ・M&A/アライアンスの推進・新たな領域展開など、全方位に成長させていく戦略を進めています。上場して終わりではなく、上場後も独自の経営戦略を持ちながら、多領域への展開・拡大を続けている数少ない企業です。 現在、グループ全体を通じて地方展開を加速させているじげん。この8月に大阪と沖縄に新たにオフィスを開設しました。じげんは事業家集団として「社会の問題を事業で解決する」という強い意志を持って、沖縄でしかできない事業を実現していきたいと考えています。沖縄は綺麗な海、穏やかな人間性等、ポジティブなイメージが強い一方で、大きな経済格差、低い所得、離職率などの雇用問題等、単純に解決できない様々な問題があり、じげんとしてこうした問題に事業で切り込み、沖縄だからこそできる事業、沖縄だから実現できるキャリアを模索していきたいと考えています。 【参考】 株式会社じげん大阪・沖縄オフィスが8月1日に開設/全国4拠点へ「事業家集団」の事業・組織基盤が拡大 http://zigexn.co.jp/news/press/201708013503 10期連続増収増益の超優良企業、じげんが沖縄拠点開設。拠点開設の背景や今後の展望を独占インタビュー https://www.jobantenna.jp/picks/interview010/

How we do

オフィス移転プロジェクトの企画・デザイン監修・コンセプターをCLOである水嶋ヒロさん、事業家集団の書を武田双雲さんに依頼いたしました。
将来のリーダとして、あなたもこの環境にチャレンジしてみませんか?