1
/
5

【中途入社インタビューVol.1】「スタートアップの面白さと楽しさ!自分らしく働ける成長環境とは」



こんにちは!ZEROGRA採用チームのTakaakiです!

今回は、4月に中途入社されたMotokiさんにZEROGRAに入ってどう感じたか、なんで入社を決めたのか、そのきっかけについて詳しくインタビューをさせて頂きました!

ZEROGRAへの中途入社を検討されている方はもちろん、長期インターンに興味のある方もどんな社員がいるのか、どんな環境で働いているのかを知るきっかけになると思うので、最後までぜひご覧ください!

《Motokiさんプロフィール》

日本大学を卒業後、新卒で大手印刷会社に入社し約3年間法人営業に従事。その後、人材派遣会社にて法人営業とエンジニアのキャリアカウンセリングを約3年間経験し、今年の4月にZEROGRAに入社。現在はCAとして仕事に従事している。


Takaaki:Motokiさん本日はお時間をいただきありがとうございます!今日はZEROGRA初の中途入社であるMotokiさんに過去の経歴から、ZEROGRAを選んだ理由、入ってみた感想など聞かせて頂こうと思いますのでよろしくお願いします!

Motoki:なんかインタビューされると緊張しちゃうね(笑)

Takaaki:ぜひ気楽にお答えいただければと思います!では、早速始めさせていただきます!まず、

自己紹介をお願いします!

Motoki:はい!4月にZEROGRAに中途入社しました、饗庭基樹といいます。僕は日本大学を卒業してから新卒として大手の印刷会社で営業職を3年弱ほど行って、その後、SES(システムエンジニア)を派遣する人材派遣会社に転職をして3年弱ほど営業職をして、今回ZEROGRAに入社したという経緯になります。

Takaaki:そしたらすでに3社目という形になるんですね!初めに印刷業界に入社されたのはどうしてだったんですか?

Motoki:正直、就活に出遅れてしまったような状態だったから、印刷業界が明確に良かったってわけではないんだよね。ただ、営業職として仕事ができるところで、どちらかというと印刷系に興味が強かったって程度なんだよね。

Takaaki:そうなんですね。実際に入社してみた感想としてはいかがでしたか??

Motoki:大手で歴史ある会社だったんだけど、だからこそ新卒がチャレンジできるような環境があまりなくて、キャリアの限界を感じたね。新規じゃなくてルートセールスばかりだし、やることも決まっていたから、もっと挑戦的で成長できる環境に行きたいって思ったのがきっかけで転職をしたんだ。

Takaaki:それで、2社目の人材派遣の方に進まれたんですね。では、そこから

ZEROGRAに入社するに至った経緯は何だったんですか??

Motoki:僕はもともとSotaくん(弊社代表)と高校時代から親友の中なんだけど、2社目にいるときに共通の友人の結婚式でSotaくんと会って、そのときにZEROGRAに誘ってもらったんだよね。そこからしばらく経って、転職を考え始めたタイミングでSotaくんにもう一回連絡をして面接することになったっていう感じ。

Takaaki:そーだったんですね!ちなみに、なんで転職しようってなったんですか?

Motoki:2社目の会社は、1社目に比べて組織が小規模になったので、業務の幅も広がったんだけど、入社して3年っていうタイミングで何か新しい環境に行こうかなと、ぼんやり転職も視野に入れていたときにZEROGRAの話を思い出したから転職したって感じかな。

Takaaki:そこまで転職の意向が高かったわけではないんですね(笑)それじゃ、ZEROGRAみたいな人材紹介の形に興味があったわけでもないんですか?

Motoki:いや、もともと転職を考え始めた時点で、人材紹介の業界とかCAって職種には興味があったから、そういった意味でもZEROGRAという環境は魅力的だと感じていたよ!

Takaaki:そうなんですね!

▽Sotaさん×Motokiさん▽

ちなみに、なんでCAに興味を持ったんですか?

Motoki:2社目でエンジニアに限定してキャリアプランニングをしていたんだけど、エンジニアって限られるとキャリアとかは割と絞られちゃうんだよね。だから、もっと幅広い業界・業種でCAとして活躍できるようにならないと、そもそも自分の市場価値も上がっていかないんだろうなって思ってたからだよ。

Takaaki:でも、1社目とか2社目でも法人営業をすることが多かったんですよね?それなのに、CAという職種にこだわるのはなんでなんですか?

Motoki:確かに、法人営業もしてたんだけど、でも2社目のときからCA業務自体は興味があって入社していて、ただ、いざやってみると割とやることが限られているって感じだったから、RA側よりもCA側の能力をより成長させないとって思ったんだよね。

Takaaki:そうだったんですね。それでは、前職とZEROGRAの仕事は似たものがあるようにも感じるんですが、改めて、

前職の経験がZEROGRAの業務に活きたなって感じることはありましたか?

Motoki:大きく2つあって、1つは、やっぱり前職でもキャリアプランニングをやっていたから、その点で現在の業務と親和性が高いっていうところは実感しているね。あとは、今はどちらかといえば年収帯の低い候補者を扱うことが多いんだけど、前職でも未経験のエンジニアを扱っていたところでその人の考え方とか価値観とかはもともと理解できていた部分が多かったかな。

Takaaki:じゃあ、結構ZEROGRAの業務や現在Motokiさんが関わっていらっしゃる求職者層と前職とは本当に近かったんですね。人材派遣と人材紹介とでは業界も違うからそういった共通点があるのは驚きました!

Motoki:そうだね。だから本当に転職する場としてはピッタリの環境だったと思うね。

Takaaki:では、次の質問なんですが、入社して3ヶ月が経って改めて、

入社前からのギャップや印象にのこったことがあれば教えて下さい。

Motoki:あのね、入社前の話にはなっちゃうんだけど、面接の中でYukiくんと話をしている中で、人としっかりと向き合うような熱量を強く感じたっていうのは印象的だったね。そして、入社をして他のメンバーとも話すようになると、また仕事の進め方やスタンスが人によって違ったりしていて、いろんな考え方ややり方が混在している状況には感動したね!

Takaaki:そういった点も珍しいんですね!僕はまだ大学生なのでそういった違いがあるというのは知らなかったです!

Motoki:そうだよね(笑) やっぱりスタートアップの環境で、そのあたりが統一されていないからこその面白味だと思うし、実際にいろんな意見ややり方を知ることができるのは勉強になるし、純粋に楽しいよ!

Takaaki:ちなみに、他にZEROGRAの環境で魅力的な点とかはありますか?

Motoki:やっぱり人の部分かな?みんなで喜び合う風潮とか、会社を大きくしていこうって熱量の人たちが集まる環境で仕事ができるというのも幸せなことだなって思うね。

Takaaki:それこそ1社目とかは大企業だったと思うんですが、改めて比較したときにやっぱりZEROGRAの規模の方がいいと思いますか?

Motoki:もちろんどちらも良し悪しあるとは思うんだけど、僕としてはZEROGRAのようなスタートアップの環境があっていると思うよ!やっぱり成長環境っていう点で考えたときに、いろいろな意見を学び取ったり、工夫する余地のある企業規模っていうのは本当に魅力的な環境だと思うね。

Takaaki:そうなんですね。とても勉強になります(笑)

では、研修制度とかサポートに関してはどう思いましたか?

Motoki:研修に関しては、体系的に学んでいくことを覚悟してジョインしたから、不満とかは全然ないし、むしろ座学とかじゃなくて実践の中で学んでいける方が僕としては上達が早いと思うし、前職で近しい業務に携わってきたということもあって、ガッチリ固められるよりはそれくらいの研修の方がありがたいね(笑)

Takaaki:サポート体制とかに関してはいかがですか??

Motoki:サポートに関しても、いろんな人と1on1をする時間ももらってるし、面談の同席とかも多くさせてもらっているから、この「規模の小さい組織ならでは」っていう良さがでていると思うよ!もちろん、研修とか重要視している人には合わない環境かもしれないけど、僕みたいにある程度自分でやりたいと思っている人には丁度いい研修とサポートだね!十分満足しているよ。

Takaaki:やっぱりMotokiさんにとってZEROGRAの環境は求めていたものなんですね!

Motoki:そうだね!すごく働きやすいよ(笑)

Takaaki:そしたら最後に、

それでは最後にメッセージをお願いします!

Motoki:はい!まず、成長できる環境を一番に求めている人にとっては間違いなく合う環境だと思います。僕自身も3社目だけど、過去と比べても一番やりたいことに挑戦することのできる環境だし、そのやりたいことをメンターとか先輩たちにも伝えやすい環境だと思うので、自分の今までの経験を伸ばしたいとか新しいことに挑戦したいっていう思いで入ってくれる人には最適だと思うし、僕もそういう人と仕事をしたいと思っているので、ぜひ飛び込んでみてください!

Takaaki:確かにフラットな関わりの中で成長したい人にはピッタリですよね!素敵なメッセージをありがとうございました!

Motoki:インタビューしてもらうのは初めてだったから楽しかったよ!ありがとね!

Takaaki:お時間いただきありがとうございました!

いかがでしたでしょうか?

大手からベンチャーにきたからこそ感じる魅力があるということを僕も初めて知りました。改めて、ZEROGRAという環境の魅力を知った、そんなインタビューでした!

現在ZEROGRAは、学生インターン採用(法人営業とキャリアアドバイザー)を行なっています。

少しでも興味を持ってくださった方は、気軽に「話を聞きに行きたい」ボタンから応募をお願いします!

皆さんからのご応募をお待ちしています!


株式会社ZEROGRA's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings