Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

全く別の業種からの転職。上林さんにインタビュー

こんにちは、河野です♪

今日はタイトルの通り、上林さん(マーケティング部)へ

入社のきっかけ等のお話を聞いてみました。

(以下 上林さん:上、河野:河)

河:上林さん、お忙しい中ありがとうございます。今日はよろしくお願い致します^^

改めてですが、ゼンオフィスにご入社されてどれぐらいですか?

上:2017年7月に入社しましたので、1年が経ちましたね。

河:えーなんかもっと長く居そうな感じですけどね笑

前職はどのような仕事をされてたんですか?

上:製造業でソフトウェアの品質管理部門に所属しておりました。

テスト設計やテスト実行が主な仕事でした。

河:へ~!では今の仕事内容とは全く違う感じ、、、ですか?

上:前職は業務工程のかなり後ろ側の業務をしており、ZENofficeでは前側の業務もしますので全然違いますね。

河:へ~、、、何でまた全く違ったお仕事を選ばれたんですか?

上:IT分野で自分があまり携わったことのない仕事に挑戦したかったからですかね。

河:なるほど。すごいチャレンジ精神ですね!

上:あとはZENofficeで働いている人に魅力を感じたことですね。

河:入社前にどなたかに会われてたんですか?

上:川渕さんとは面接の回数が多かったので会っていたというよりかは、会わなければいけなかったですね(笑)

河:そうなんですね!(笑)てことは、やっぱり川渕さんはすごく魅力的だったということですね。具体的にどのような魅力を感じられたんですか^^?

上:仕事のことだけでなく、プライベートの事とかも気軽に相談できそうだな方だと直感的に感じました。

河:なるほど~今もよく相談されてますもんね!(笑)最初にそれを感じるって、何か運命的なものを感じますね♪実際に入社されてからのギャップとかってありましたか?入社当初の苦戦したエピソードなどもあれば一緒に教えてください。

上:分かっていたつもりでしたが、別分野の知識を一から蓄えていくことには、かなり苦戦しましたし、今も苦戦しています(笑)

河:そうですよね~一からってなると本当に大変ですよね…。上林さんの計り知れない努力があるんだろうなっていつも感じてます。でもどうやって何もないところから勉強していかれたんですか?

上:ある程度、ZENofficeの方々がどういう勉強をすればよいかは最初に導いてくれたので、そこの基礎部分を勉強しました。今でもまだまだ基礎レベルは足りませんが…。後は勉強して実際に業務をし、失敗してを繰り返し実施して知識が少しづつ付いてきているのかなと思います。

河:なるほど。初めてのことで失敗しても周りのサポートがしっかりあるから、安心して新しいことにチャレンジできますよね。

そんな上林さんが感じるゼンオフィスとはどのような会社ですか^^?やりがいとかも踏まえてお伺いしたいです。

上:いい意味で上下関係なく、自分の考えが実行できる当事者意識が強い会社かなと思います。あとはプロジェクトの最初から最後まで携われるので、前職では業務が細分化されていた自分にとってはかなりのやり甲斐です。その分、やることも増えますので大変ですしプレッシャーは大きいですけどね。

河:そうですよね、、、でも何かいいですよねしっかり自分がやってるなーって感じながらできるって。今後は上林さん、どんな人材になりたいって思ってらっしゃるんですか?

上:あらゆる物事においてデジタル化が増えていく中で、より対人のコミュニケーションが重要になってくるかと個人的には考えますので、社内外において気軽に話しかけられやすい人間になっていければと思います。そのためにも個人のスキルを上げていくよう精進します!

河:上林さん初めてお会いしたときからむちゃくちゃ喋りやすかったですけどね^^もっともっと精進されていくんですね♪手伝えることがあったら何でも言って下さい♪

お忙しい中、貴重なお時間をありがとうございました!

ZENoffice株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings