Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【3年前の自分について振り返ってみた!】

こんにちは。
株式会社Enjinの入社4年目、
クリエイティブ部 (映像)の中西えりなです。
初めましてなので、軽く自己紹介させていただければと思います。

アメリカに12年ほど住んでいた経験があり、
日本に帰ってきてもインターナショナルスクールや、
英語で授業が行われる環境にいたので、日本語が下手です。

会社では、エリーと呼ばれています。
映像ディレクターと編集、そして映像チームのデスクをメインに仕事をしています。
映像の仮ナレ(仮のナレーション音声の事)を吹き込むと、
滝沢カレンと言われます。

初めての投稿、とても緊張しております。笑
読みにくい部分もあるかと思いますが、
ぜひ最後まで読んでいただけたら幸いでございます。

「振り返り」

突然なのですが、
皆さんは過去の自分を振り返ることはありますか?
振り返りって、改めてどういう意味を持っているのでしょうか?
私がこの質問を聞かれたら、答えることは、
「過去の自分を思い出して自分を見直すこと」です。

正式には

”これまでの自身の行いを思い返し、自分の内面を見つめ直すことで、思考や気持ちを整理すること。
 また、過去の自分を後悔する、過去から学ぶといった意味もあります。
 過去から学ぶとは、自分のとった行動や決断がどのような結果に結びついたのか見つめ、
 その原因を探し出し、次に同じ状況が起こった時の対策を立てることです。”

という意味だそうです。

私は毎日の行動を、その日の夜に振り返ったりしますが、
数年前の自分を振り返ることはなかなか無い気がします。
なぜなら、記録に残していない事があるからです。

しかし、つい先日
3年前、Enjin に入社した時の自分を振り返る機会がありました。


「3年後の自分へ」

Enjinでは、入社式の際に
全ての挨拶が終わったあと、
新入社員一人一人から「3年後の自分へ」のメッセージの映像を撮るという文化があります。
そして、3年後、みんなのメッセージを総会で流すという文化です。

(入社したての小峰くんです)

そうです、私が入社した時も撮りました。笑
そして今回、その映像素材を使って動画を作る機会をいただきました。

その完成した映像がこちらになります。

▶︎URL:
https://youtu.be/WKQ2qxNtPH0

毎年の映像だと、
メッセージのダイジェスト版のような形で流していました。
もちろん、初めはそれと同じような編集を考えてました。

しかし、撮影素材を確認時、、、

”つまらない”

ダイジェスト版でも、
毎年誰かしらの面白いコメントがありオチができて作れたのですが、
今年はそれがきつかったです。
なぜならみんなのコメントが真面目すぎたからです。笑

ただ、それがきっかけで、
せっかくなら、自分の同期の映像だし、
少し違ったことをしたいと思えました。

そこで浮かんだのが、
今流行りのYoutuber(ユーチューバー)。
楽しい企画の動画がアップされていますよね!
私も結構見るんです。
いろんなYoutuberさんがいる中で、
私は海外の方をよく見ていて、
よく定番として出される企画が

「Reaction Video(リアクションビデオ)」

(画像: Youtube Channel FBEさんの動画の静止画)

出演者に何かしらの動画を見てもらい、そのリアクションを映す企画です。
まさに、今回のテーマにぴったりだ!と思いました。

撮影に協力してもらうために、
同期のみんなに相談したところ、
やはり嫌がっていました。笑
そりゃそうですよね、昔の自分ですもん。
私も恥ずかしくて嫌でした。笑

それでも、同期のみんなは心が広く、
仕事が忙しい中でも撮影の時間を作ってくれて協力してくれました。

「編集でのこだわり」

オープニングのタイトルに出てくる、
“THE FLASHBACK”というのが今回の映像のタイトルなのですが、

日本語に訳すと、
Flashback = 過去の出来事を思い出すこと
つまり、17生に3年前のメッセージを見て思い出させる、という事です。笑

構成としては、

[映像を見る前のコメント→見ている時のリアクション→見た後のコメント→3年前の自分へのメッセージ]

という形にしました。
ここで1度、立ち止まったポイントがありました。

一人毎にブロックを作るか、交互にして構成するか。
結果的には交互にしましたが、正解でした。
なぜなら、リアクションが薄い人もいたから。笑
そこは私のディレクションミスでもあるのですが、
今回はみんなの素直なリアクションを一番映したかったので、
薄いリアクションの人でも、見ていて飽きないような構成にするとしたら
交互にして正解でした。

仕上げ(音楽やテロップなどの編集のこと)についてですが、
今回、Youtuberの企画っぽいものにしたので、
Youtuberが作るような、カジュアルで見やすい編集を心がけてみました。

動画を見ていただければと分かると思うのですが、
テロップのサイズも大きめにしたり、ポップなカラーを使用したりと。
気づいた方もいらっしゃるかと思いますが、一人一人テロップの色を変えています。

(写真は"躍動するマシュマロボディ"の勇ちゃんです)

前半の音楽も明るくておしゃれなジャズを使ったり、
ツッコみテロップにはSE(サウンドエフェクト)を使用したりなど
視聴者を飽きさせないように工夫してみました。

最後の「3年前の自分へのメッセージ」では
雰囲気を変えたく、音楽も優しいものを使用してみました。
テロップも雰囲気を変え、よりメッセージが伝わりやすいように。


総じて、個人的に一番よかったなぁと思ったのが、
同期の私がディレクションした事によって、
緊張感なしで撮れて、みんなの自然な、
17生らしさを写せた事ですね。

喋り方も、いつものみんなの喋り方です。
この動画を見ていただければ、実際の社内の雰囲気も伝わるかと思います。笑
10人もいたので、短くする事に苦戦しましたが、
なんとか15分にまとめることができました。(まだ長い)

この映像を先日会社の全体朝礼で公開し、
会社の皆様から好評頂き本当に嬉しかったです。

また、この映像制作を通して、改めて同期で初心を振り返るいい機会になったなあと感じました。
動画内に何度も出てきた、「感謝」という言葉は、
3年後の今も、Enjin社員としてみんな大切にしており、
それがあったからこそ、努力でき、何かしら成長ができたのだという事も再度実感しました。
やっぱり振り返りって大事ですね。

また、私の同期がこのメンバーでよかったなぁと。
いつもは恥ずかしかったりして口数が少ない私ですが
だいぶ同期が大好きで、本当に自慢に思っています。

そんな素敵な仲間と出会えたのはEnjinのおかげであり
Enjinの仲間がいるからこそ、私はこれからも頑張れます!


長々と日本語の下手な文章、失礼いたしました。
最後までお付き合いありがとうございました!

それでは失礼いたします!

株式会社Enjin's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more