1
/
5

Pay forwardで働く理由。

Photo by Chang Duong on Unsplash

初めまして!
セールス部 影森宇京 23歳です!
今回は、僕がなぜ Pay forwardで働いているのかについて書かせていただきます。

しかし、その前に僕が、生きていく中で一番大切にしていることを書きたいと思います。

それは、チームで一番になること。チームで何かを成し遂げること。です。

この価値観は、僕が幼稚園からしているサッカーで、高校生の時にある大会で優勝し日本一になったことが大きな影響です。

違う特徴をもった人間がお互いの足りない部分を補い、それぞれが自分のベストを尽くして目標を達成させる。

簡単なようでとても難しい。ただチームで目標を達成した瞬間の達成感、喜びは個人で達成する何倍何百倍のもので、こういう環境に身を置いてきたからこそ成長できたという実感もあります。
美味しいものを一度口にすると、もう一度食べたくなるのと同じで、
僕は一度この喜び 快感を感じてしまったので、その感情をもう一度味わうために日々過ごしています。

前置きが長くなりましたが、僕がPay forwardで働く理由は二つあります。

僕がPay forwardで働く理由の一つ目は、

「こんな人になりたいと思える人がいる。」

常に先頭に立ち行動言動で示してくれる人、センスに溢れ大きな経験をしてきている人、どんな人にも愛され犬にも愛される人、視野が広く常に相手のことを考えている人、自分の経験 能力を惜しみなく伝えてくれる人、昔から切磋琢磨し自分に足りない部分を教えてくれる人、等々

ビジネスマンとしてまだまだの僕にとって、目指すべきものが常に身近にあるこの環境が働く理由の一つになっています。
毎日新たな発見課題を得ることができ、どんな問いにも快く答えてくれる。
この環境を大切にし、自ら学びに行く姿勢を持ち続ければ人として一回り二回り大きな人間になれると思っています。

二つ目の理由は、

「スピード感」です。

今までサッカーをしてきていない社会のことに乏しい僕に、これは非常に大切な要素です。
営業の同行は一回だけ。その後は全部ひとりで営業をする。
もうチームのリーダーもやらせて頂いている。
"いずれやるのであれば何事も早い方がいい。だからこそ自然と成長のスピードも速くなる。"
と、代表もいっており、
まさにその通りで、このような環境で仕事ができていることがすごく幸せだなと思っています。


以上の「理想像を常に感じられる」「スピードを求められる環境」が僕がPay forwardで働いている理由です。
今はまだ与えられてばかりの状況ですが、速くPay forwardに何かを与えられる人材になります。

そして、このチームで大きなものを達成してまたあの達成感 喜びをPay forwardというチームで成し遂げたいし、成し遂げられると思っています!!


まとまりのない文章でしたが、読んでいただきありがとうございました。

株式会社payforward's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more