1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

SMASELL(スマセル) - 繊維・ファッション業界の法人間フリマサイト
2015年に設立し、年間220億着もの廃棄衣料がでるファッション業界の抱える問題を解決するため在庫を処分したいメーカーと特価品を必要とする小売店とをマッチングする 【アパレル在庫の企業間マッチングプラットフォーム・スマセル】を2017年7月から運営している当社。 企業の在庫を廃棄することなく、資源として、グローバルにシェアすることができるこのサービスは、主に繊維・アパレル業界の在庫問題を解決するプラットフォームとして業界からの期待も高く、スタートアップから既に急成長中を遂げています。 アパレル在庫の企業間マッチングプラットフォーム「スマセル」 https://www.smasell.jp/

Why we do

SMASELLのスローガンは「NO MORE WASTE - 廃棄のない循環型社会をめざして」です
年間8,000万トンの廃棄を少しでも減らしていきたい。そのために事業を大きく推進していきます
経営理念 「ファッションをもっと楽しく持続可能なものに」 〜あらゆるクリエイティブの力を結集し、 ファッションの持つ本来の楽しさを再生させ、 環境的にも業界としても持続可能なものに変革していく〜 このような経営理念の元、スマセルは生まれました。 スマセルは「世界一ファッション業界の在庫を資源として循環させ、つくり手と買い手の想いを紡ぐ場を提供する」ミッションを背負って活動しております。 CtoCのビジネスモデルのような個人間の問題では解決できない法人間の廃棄問題を、仕組みで解決していき、最終的に「ファッションをもっと楽しく持続可能なものにするために」わたしたちは活動し続けます。

How we do

SMASELL(スマセル)がオープンしてからこれまで、5千を超える会員様に登録をしていただいております。 ファッション業界全体としてCSR活動への取り組みや、環境破壊への懸念がニュースとして取り沙汰されることが多くなってきている時代において、循環型社会を目指すスマセルのビジネスモデルはどんどん需要が高まってきております。 メルカリの登場によって2次流通業界の市場規模が飛躍的に伸びていったことと並行し、BtoBの流通業界でも同じ現象が起きております。スマセルはその旗振り役として中心的な存在となるべく成長していくことを目指しております。