1
/
5

開発リーダーに聞く、Salesforceの魅力。チームの成長/メンバーの成長の2軸に迫る!

こんにちは!株式会社ワクトの採用担当です。

本日は、ソリューション事業部の執行役員 兼 Salesforceチームリーダーを担当している鶴田 隆行さんにインタビューをしてまいりました。

  • Salesforceの魅力
  • ワクトで働く魅力

を中心にお話しして参りますので、ワクトのSalesforceチームの働き方の工夫や今後も需要が高く見込まれるSalesforceの魅力についてご興味がある方はぜひ最後までご覧ください。

プロフィール

ソリューション事業部 執行役員 兼 Salesforceチームリーダー*

ソリューション事業部では主に”クラウドソリューション”や”ネットワーク/インフラ周り”の事業を統括。

Order/Fulfillment/SCMなどを得意分野とし、業務改善などのコンサルタントを行う。

また、Salesforceチームリーダーとして導入コンサルタント/PMを担当。

ワクトに入社された経緯を教えてください。

ワクトに入社をしたキッカケとなったのは、ある1通のスカウトメールでした。

スカウト内容としては、私の経歴や実績などから「Selesforceのチームを作りたい」という内容が記載され、どの会社のスカウトメールよりも丁寧な言葉遣いワクトで活躍してほしいという想いが伝わり、ワクトに興味を持ち、本格的に参画したという流れになります。

この当初から現在も健在する『人を大事にする会社』というワクトカラーをスカウトメールから感じましたね!


執行役員/Salesforceチームリーダーに抜粋された理由を教えてください。

前職にて、

・企業の経営者や社員が遵守すべきルールや仕組みの内部統制に携わっていた経験

・Salesforceのプリセールス・導入コンサルタントを知見を深く理解している点

が執行役員に抜粋された理由だと聞いております。


チームメンバーとはどのようなコミュニケーションを大切にしていますか?

上司と部下のような関係ではなく、年齢や役職が分け隔てなくオープンに会話できる組織作りを心掛けています!

というのも現在フルリモートでの働き方を導入し、オフィスへの出社が減ったいま、オンライン会議の際に仕事の話に終始することなく、ちょっとした雑談を交えています。

また、オンライン会議のあとは目標面談を設け、メンバーが特化したいスキルが優先できるような環境を整えています。


今後、どのようなメンバーに集まって欲しいか教えてください。

まずはSalesforceを好きになってもらえる人に集まってもらいたいと思います。

その上で、Salesforceはクラウド製品なので、すぐにキャッチアップができる方と一緒にチームを築き上げていきたいですね!


Salesforceを好きになってもらえる方と出会いたいと仰っておりますが、Salesforceを好きになってもらえるような魅力を教えてください。

3点あります。

1点目は、Salesforceは世界シェアNO.1のCRMと呼ばれているほど有名なツールなので、機能や使い方を模索する際にリソースが多くあり、その場で解決することが可能です。

2点目は、毎年3回定期バージョンアップがあるので、新しい機能が追加されたり、既存機能が拡張されたりします。

結果的に実際の業務で使える便利機能が増え、あらゆる作業が円滑に進めることができる、いわば、進化し続けるサービスです。

3点目は、SalesforceはSaaSというのがメインになるので、インフラ側を気にかけることもなく、アプリケーション開発に集中できるという点になります。

全体として他製品に比べると圧倒的にサービスが充実し、最新技術が常に使用できるというのが特徴になると思います。


ワクトのSalesforceチームで働く魅力をお聞きしても良いですか?

2点あります。

1点目は、自分の伸ばしたいスキルに合わせて、自分の想いを優先して仕事に取り組めるというチーム体制が魅力だと思います!

例えば、”開発など技術オンリーで極めていきたい”、”コンサルをメインに力をつけていきたい”など、好きなポジションで働くことが可能です。

2点目は、チーム形成の初期段階ですので、0→1で事業を大きくしていけるという裁量のある環境がある点ですね!


今後の展望を教えてください。

チームの展望としては

現在、Salesforceチームは3名という小さいチームですが、今後、チームの成長と共にメンバーが増えたら、複数のチームがいる体制を創っていきたいと考えています。

というのもビジネスのチームワークは、複数のチームが互いを補い合えるという組織こそが大きな成果に繋がると期待できると感じているためです。

また、メンバーが増えた後の長期的な目標としては、Salesforceを応用した自社プロダクトをリリースしたいと考えています。

顧客サービスの展望としては

クラウド製品でバージョンアップが自動にある製品なので、Salesforceの機能や魅力を最大限に活用できるような提案・業務改善に関わっていけるような顧客サービスを充実させたいと考えております!

また、提案においてクライアントの直近の問題でなく、クライアントのゴールに対してのシステム導入が一番だと思うので、その課題がちゃんと解決できる事業部にしていきたいです。


未来の仲間へのメッセージ

Salesforceを好きになってもらえる方に仲間になってほしいと思います!

ワクトは『人を大事にする』という軸にフォーカスした会社です。

その中で、「世の中にワクワクするビジネスモデルを作っていく、ワクワクを生み出す工場のような企業で在り続けたい」という想いを持ってこれからも成長を続けていきます。

ぜひ、ワクトで一緒にチームを築き上げていただけると嬉しいです!


鶴田 隆行さん、ありがとうございました!
株式会社ワクト's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from 株式会社ワクト
If this story triggered your interest, have a chat with the team?