1
/
5

【ワクトインタビュー#6】今の自分が一番輝く会社!トップマネージャーに聞く、チーム成長の秘訣|ワクトカラー全面公開!

こんにちは!ワクトの採用担当です。

今回は営業統括部でマネージャーを担当している森優紀(もり ゆき)さんに組織づくりで大切にしていることについて聞いてきました。

チームワークを武器とし、メンバーの相乗効果や好循環を生み出しながら組織の目標達成やイノベーションの創造を実現してきた森さん。

森さんがこれから入職を考えている方・セールスを未経験で入ってこられる方に向けて

どんなセールスパーソンになってほしいのか」

「マネジメントにかける想い」

などの考え方を中心にした記事になっております。

数々の優秀なセールスパーソンを輩出してきた森さんのマネジメント手法を徹底解剖してきたので、是非ご覧ください!


ー早速ですが、ワクトの教育にはどんな体制を敷いていますか?

初めはワクトについて知ってもらうための座学が約1週間ほどあります。

そこでは、エンジニアさんと関わっていく中で必要なプログラミング言語など、IT業界の大枠を学んでもらいます。

その後は徐々に一人で自走できるように先輩の業務を横で見てもらい、仕事の具体的なイメージや実践的な知識・ノウハウを身につけてもらうOJT制度を設けています。


ー森さんは、社員をマネジメントする際にどんなことを意識していますか?

メンバーの意見や考え方を尊重することを重視しています。

営業の仕事にはある程度の型が存在すると思うのですが、それがすべてではないと私は考えています。

それに、私たちSES営業のミッションは「エンジニアさんに気持ちよく働いてもらうこと」なので、エンジニアさん1人ひとりに合わせた柔軟な仕事が求められます。

そのためには、営業をするメンバー自身が凝り固まることなく個性を発揮しながら仕事ができる環境が必須だと考えていますし、それが結果的にセールスの正しい判断につながると思うんですよね。

なので、一緒に働くメンバーには自由にアイデアを生み出し、伸び伸びと成長してほしいと思っています!


ーではどんな時にメンバーの成長を感じますか?

仕事に対して受動から能動に自分の意志を持って行動している姿を見た時ですね。

成長には、精神的成長技術的成長の2つの側面があると思っています。

自らお客さんのことを想って考えた提案をし、結果、お客さんやエンジニアさんの喜ぶ顔が見れたことや嬉しいお声がけをいただいた時に感じられる精神的成長。

また、個人に設定される営業目標を繰り返し達成したことにより営業力が身についたと感じられる技術的成長。

この2つの成長が垣間見えた瞬間は本人が頑張ってきた背景を重々知っているので、自分ごとのように心から嬉しく感じますね!


ー今後、森さんは営業統括部をどんな部署にしていきたいですか?

これからもワクトメンバーがどんなことでも助け合える・何でも言い合えるような補完関係を深めていける部署にしていきたいですね。

補完関係をつくるために、「オープンに自分の強みや弱みを共有し合う」ことを大切にしています。

もしメンバーの改善してほしいことがあれば、ちゃんと本人に言葉にして伝えてあげることが良いチームだと考えています。

組織内のストレスを限りなくゼロに近づけることが、お客さんに良い対応をするために一番のキーポイントになってくると思います。

そのためにも何事もカバーできるチームを作りたいですね。

私が入社してから変わらないこのチームの在り方を今後も大切にしていきます。


ー最後にワクトで働く魅力を教えてください。

基礎的な活動が出来るようになった後は、自由な発想で業務を行えることです。営業は、関わる人が多い分、日々気づくことが沢山あります。

お客さんやエンジニアさんにとって良い事だと思ったらどんどん取り入れる文化があります。自分が考え抜いた方法で進めて上手くいった際は、とても嬉しいですし成長を実感できると思います。

また、週1回、全メンバーで成功事例と失敗事例を共有しています。優秀な先輩達のやり方を学べるので成長スピードも速いのがワクトの魅力です!


ーありがとうございました!

株式会社ワクト's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more