1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

私たちはSTAFF STARTというサービスを通じて、 人が自分たちの"好き"を実現する世界を提供しています。 これまで評価されてこなかったオンラインでの貢献度をを可視化することにより、販売スタッフをオムニチャネル化し、店舗とEC、ブランドと顧客をつなぎます。 STAFF STARTは、人を軸にした”スタッフテック”サービスです。 ▼STAFF START とは ショップ店員がコーディネートを自社ECサイトに投稿できるアプリ。 リアル店舗で販売していたショップ店員のデジタル上での接客を実現可能にしました。 ショップ店員のECサイト経由売上を可視化することで、今まで以上にショップ店員が評価されやすい仕組みを作ってます。 サービスサイト- https://www.staff-start.com/ ▼STAFF STARTの4つの数字  (1) 800ブランドで導入  大手アパレルメーカーにはほぼ導入済み。  導入ブランドのEC売上の平均45%がSTAFF STARTが占めます。  (2) 流通額 400億円  現在のSTAFF START流通額。  1ブランドあたり5000万円以上の売上インパクトを生み出せています。  (3) 販売員1人の月間最高売上 7900万円  STAFF START経由で販売員1名あたりの販売額の月間最高売上。  (4) 月間最高想定インセンティブ額 45万円  STAFF STARTを利用している販売員の月間最高想定インセンティブ額です。  ※インセンティブ額は各ブランドが設定しています。

Why we do

「販売員の給料を年収1,000万円まであげる」 STAFF STARTを作るきっかけは、代表の小野里がECサイトの制作の仕事をしている時にアパレルの販売スタッフをしている友人から言われた言葉でした。 「お前はいいよな。ECやってIT系社長になって儲かって。店舗の俺らはECに在庫も客も取られて、仕事が無くなるだけ」 それまでは店舗とECの売り上げは切り分けて考えられていました。しかし、店舗の販売スタッフが自分たちのセンスや販売力をSNSやECで活かすことによって売り上げを伸ばし、もっとシームレスに評価されることが可能ではないのか。それによって販売員の能力が適正に評価され、給料が上がり、働く意欲がもっと湧くのではないかと考えたのです。 そうして生まれたのがSTAFF STARTです。 私たちが大事にしているのは、"人"を軸にしていること。 どんなにテクノロジーが発達しても、人が豊かにならない世界は幸せとは言えません。 STAFF STARTは、人を軸にした”スタッフテック”サービスなのです。

How we do

"働く現場"の常識を革める わたしたちのフィロソフィーは、「Vanish Standard=常識を消す」という社名の由来そのもの。 古き良き常識や文化を革めるのではなく、進化が必要な凝り固まった常識や文化を革め続けることが当社の存在意義です。 わたしたちは企業側の負担なく「現場を活気づけるITサービス」を目指し、この凝り固まった常識・文化を革めます。 そんな存在意義、使命を全うするためには、固いルールや固い頭では実現ができない。「精神的な自由」を最も尊重しています。 〜ルールに縛られない自由な精神・思考こそ、最高の力。〜 1. 約束したことは守る。  └ 約束を守ることは、信用を得るとともに信頼関係を築くことであり、自分への自信につながる基本であることを知り、高い倫理観を持って誠実に行動する。 2. 人に、自分に、社会に嘘をつかない。 └ 嘘や偽りなく、誠実であることを大切にする。そして自分自身を取り巻く、仲間、社会に対しても自他隔てなく、誠実な姿勢で接するように努める。 3. ルールに縛られない。表現・意見を縛らない。  └ お互いの思考を尊重し、常に自由に議論できる環境こそが、既存のルールに縛られない自由でみずみずしい発想を生み、アイデアを飛躍させる。