Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【Startup Aquariumに参加しました】「本人確認市場の社会インフラ」を目指すTRUSTDOCKメンバーによる事後レポート

こんにちは!
TRUSTDOCK・セールスマネージャーの高橋です。
本日はStartup Aquariumの事後レポートをお伝えします。


代表の千葉、CTOの荘野、COOの菊池、取締役の肥後が参加しました。事前レポートではテンションの高い私たちを載せたので、事後レポートではスマートな私たちを載せましょう。足を組む、手を組む、斜めに立つ。いずれかをするとスマートなスタートアップができあがるような気がします(笑)。


TRUSTDOCKはElevator Pitchにミニパネル(職種別パネル)、職種別交流ラウンジに個別スピード面談に参加しました。まずは代表の千葉にElevator Pitchと職種別交流ラウンジの感想を聞いてみます。

Startup Aquariumは主催者、参画企業、参加者が共感し合って集まっている

千葉:いや〜いいイベントですよ!Startup Aquariumは本当に。

高橋:早速テンションが高いですね!こういった姿を披露してきたのでしょうか?



千葉:どちらかというとこっちですね。

高橋:TRUSTDOCKがつくる本人確認市場の未来を見据えている表情ですね。

千葉:うまいことまとめてくれてありがとうございます(笑)。Startup Aquariumは主催者、参画企業、参加者の方の3者の意識が一致しているんですよ。それは職種別交流ラウンジで一対一で話す中でも思いました。

千葉:確かにそれぞれこのイベントに来ている目的は異なると思うんですけど、「スタートアップで社会に新しい価値をつくりたい」という大きな目的に共感しているプレイヤーが多いように感じるんです。だからElevator Pitchもとてもポジティブな空気の中で話せました。

高橋:TRUSTDOCKはピッチで登壇する機会も多いですが、それでも空気は大切なんですね。

千葉:もちろんです!私も「TRUSTDOCKを印象付けてやろう」というよりも、「一緒に本人確認市場を盛り上げませんか?この市場は活躍の余白がたくさんあるんですよ」という気持ちでお話ししました。あの場から既にTRUSTDOCKに興味を持ってくださった方との新しい出会いが生まれています。

高橋:TRUSTDOCKに興味を持つ方に何か共通点はありましたか?

千葉:職種別交流ラウンジで話せた印象だと、「会社そのものを成長させたい」人が多かったです。「自分の成長ももちろんだけど、会社やプロダクトを成長させるために自分の能力を生かしたい」方ですね。どうやったらこういうスタートアップに向いている人を集められんだろう。

高橋:Coral Capitalに聞いておきます!

「私、来週から育休に入ります」。スタートアップの男性社員が壇上から育休宣言しました

千葉:ピッチでいうと高橋さんもミニパネル(職種別パネル)で登壇しましたよね。

高橋:とても貴重な機会でした!普段なかなか話せないような方と一緒に登壇できて、もっと経験を積みたいとさらに前向きになりました。

千葉:souco 執行役員の桑田さん、Zehitomo Senior VP of Salesの下村さんと登壇したんですか。モデレーターにはHolmesの営業責任者の松尾さんと豪華メンバーですね。来年は代わってくださいよ(笑)。

高橋:仕事を取って行かないでください(笑)。私も会場の温かい空気に助けていただいたなと思いました。TRUSTDOCKのセールスの業務内容や、スタートアップの営業スタイルに変化が起きているのではという話をさせていただきました。ちょっと細かいかなと思って心配ではあったんです。

千葉:何やら「笑いを取れた」という証言も届いています。一発芸でもしたんですか?

高橋:まさか!「顧客は売りに来る業者を求めているのではなくて、プロとしての発言を求めている。だから常に先回りして市場を俯瞰する必要があるし、こちらから情報提供をすることが大事」と真剣な話をしました。
そこから「ま、私は来週から育休に入るんですけどね」と一言添えたら、私のこの日の話の中で一番大きい反応が起きました(笑)。

千葉:「休むんかい!」の総ツッコミが起きたんですね。なるほど。つまり「TRUSTDOCKがつくっている本人確認の市場には余白がある」ように、「社員もツッコミの余白が多いユーモアな性格である」ことを伝えたかったんですね。

高橋:いや、事実を述べただけです(笑)。

千葉:ジェフがインタビューで言ってたことと結びつけたのに!

高橋:あ、これですね。よく覚えてましたね!

千葉:ということで、育休レポートを育休復帰後の最優先タスクとして設定しておいてください(笑)。

高橋:わかりました!(笑)でも、確かにスタートアップで働くひとたちの暮らしやライフの部分は見えにくいのかもしれません。「スタートアップで、しかも男性が育休を取るのか」という意外性が反応を呼んだのだと思います。育休レポートを書く!と思います。

文字では伝わらない「プロダクトファースト」などの社風も、個別スピード面談と職種別交流ラウンジで話せる空気がありました

菊池:私は肥後と一緒に粛々と個別スピード面談を実施していました!

肥後:TRUSTDOCKにイベント前から興味を持って予約してくださった方もいたし、その日に声をかけてくださった方もいてうれしかったですね。

高橋:育休宣言は話題にのぼりましたか?

菊池:肥後:のぼらなかったですね!

高橋:ハモらなくてもいいです!

荘野:エンジニアの職種別交流ラウンジでは、延々と技術の話で盛り上がれました。それと、私は2019年の7月からCTOになったこともあって「CTOの仕事はどうですか?」という質問もよくいただきました。

高橋:セールスと比べて、エンジニアは仕事が細分化されているイメージがあります。CTOやテックリード、VP of Engineeringなどなど。

荘野:特にこういったスタートアップでの働き方のイベントとなると、エンジニア組織のつくり方や社風についても興味を持ってくださる方が多いんですよね。プロダクトファーストの考え方は特に共感していただけました。

菊池:組織のことを話すのは少し緊張するんですよ。どう受け取られるのか未知数な部分が多いですし。でも、Startup Aquariumに来る方は「市場は自分たちでつくっていくもの」、「会社の成長に貢献したい」という方ばかりなので、安心して組織の深い部分もお伝えできました。

肥後:私も完全に同意です。スタートアップは横のつながりも多いので情報交換もできるんですけど、やっぱり組織設計には大きな違いがあります。その違いこそが会社の特徴であり、いわゆる社風なので一対一でお話しする機会がたくさんあって良かったなと思います。文章で伝わらない部分を伝えられる良さがイベントにはありますよね。

高橋:あ、レポートの限界を話してしまいましたね。

肥後:・・・引き続き弊社では面談を実施しているので、ぜひメンバーに会いにきて、TRUSTDOCKを体感してください!

高橋:一緒に本人確認市場の社会インフラをつくりましょう!

編集後紀

個人的にもStartup Aquariumに参加して本当に良かったなと思います。

登壇したり参加者の方とお話しする中で、TRUSTDOCKに転職したばかりの気持ちを思い出せました。「セールスのキャリアに経営や事業企画も絡ませたい」、「No.2となって会社の成長に貢献したい」と面接で千葉に話して参画を決めたんですよね。その思いはずっと変わっていません。

主催者の方、登壇者の方、参加者の方にいただいたものを、今度はお客様に提供できるように精進していきたいと思います。

ま、私は育休に入るんですけどね!

お待ちしています!

【TRUSTDOCKのメンバーインタビューはこちら】

▼経営

◆「おサイフに身分証がいらない、デジタルアイデンティティの世界」をテクノロジーの力で実現する~株式会社TRUSTDOCK・CEO千葉が描く未来~(前編/事業領域編)
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/169473?source=related_posts

◆「おサイフに身分証がいらない、デジタルアイデンティティの世界」をテクノロジーの力で実現する~株式会社TRUSTDOCK・CEO千葉が描く未来~(後編/人・組織・採用編)
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/171404

◆チームで決めて、納得感のあるプロダクトを作る~TRUSTDOCKのチーム文化~
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/175303?source=related_posts

▼セールス

◆出会った瞬間、衝撃が走ったKYCサービス、TRUSTDOCKの未来に惚れた。~大手金融、ベンチャーを経て私がTRUSTDOCKに入社した理由~
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/185053

▼エンジニア

◆「TRUSTDOCKを社会インフラにしたい」~新CTO・荘野が語るプロダクトファーストへの思い~
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/182837

◆TRUSTDOCKはプロダクトファーストな考えが根付く少数精鋭チーム~女性エンジニアから見た社内は「プロダクトの成長」に時間を割いていた~
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/171710

◆プロダクトマネージャーの最大の役割は「何をつくるか」〜プロダクトオーナー 、事業責任者へとキャリアップしていく経験、環境とは何か〜
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/206829

▼グローバル

◆TRUSTDOCKは世界スタートアップだ「本人確認」という世界の社会問題の解決を目指している
https://www.wantedly.com/companies/trustdock/post_articles/203412

株式会社TRUSTDOCK's job postings
5 Likes
5 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more