1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

「教室から世界を変える」というミッションを掲げ、2010年の創設以来100名以上の教師を学校現場に送り込んできました。2年間の教員経験を積んだ人材が、学校現場のみならず、その外部からも課題解決や教育の変革にアプローチしていきます。
Teach For Japanコミュニティは、チェンジメーカーとして、
様々なステイクホルダーを巻き込み、社会全体の課題解決を実現します。また、そのコミュニティは世界54ヵ国に広がるグローバルネットワーク「Teach For All」とも繋がっています。
認定NPO法人Teach For Japanは、「すべての子どもが、素晴らしい教育を受けることができる世界の実現」というビジョンのもと、“教員免許の有無にかかわらず”教育への情熱や社会課題の解決に対する意欲をお持ちの方々を、2年間教員として公立小中学校の現場に配置する「フェローシップ・プログラム」を運営しています。 ▼Teach For Japanのビジョン・ミッション ビジョン:「すべての子どもが、素晴らしい教育を受けることができる世界の実現」
 ミッション:「教室から世界を変える」
 ▼フェローシップ・プログラムとは 独自に選考・研修した教育への情熱と成長意欲を兼ね備えた人材を、教員として2年間学校現場(全国の連携自治体にある公立小中学校)に送り込むプログラムです。 特長として、 ・応募時点での教員免許の有無は問わない 
・最長9ヶ月間の赴任前研修が受けられる
 ・Teach For Japanのネットワークやリソースが活用できる
 ・志高く、多様なキャリア経験をもつ仲間とのコミュニティの構築
 ・現場に出てからのサポート体制 などが挙げられます。 教師として子どもに向き合いたい、子どもの未来を創っていきたい、社会にある課題を教育で解決したい等々、教育に対する想いのある方にぜひチャレンジしていただきたいプログラムとなっております。 フェローシップ・プログラムの詳細は以下より。 https://teachforjapan.org/ouractivity/ ▼Teach For Allとは 
Teach For Japanは、世界で53ヵ国が加盟するTeach For Allのネットワークの一員です。2年間の教員経験を持つ人材が、様々な分野で周りを巻き込み教育改革を推進するこのムーブメントは、約30年前にTeach For Americaから始まりました。Teach For Americaでは初年度から数多くの応募があり、
2010年度には全米文系学生就職先人気ランキングで、Google、Appleなどを抑えて一位を獲得しました。 Teach For Allについての詳細は以下より。 https://teachforjapan.org/teachforall/

Why we do

教育への関わり方にはいろいろな方法がありますが、私たちは、「教師」だからこそできることがあると考えています。教育課題に対して当事者意識を持った人材が、外からではなく現場でその解決のために活動できる機会を提供しています。
教室の子どもたちは多様です。Teach For Jaapnでは、自治体と連携することで教員免許のない方でも教師になることができるため、これまで多様なバックグラウンドの方を学校現場に送ってきています。
現在、日本は教育改革の大きな転換期を迎えております。 今年より新学習指導要領が施行され、教師に求められる資質・能力も時代の変化に伴って変わってきています。しかし、学校現場は業務の多忙化や教員不足により、教育改革に向けた研修・研鑽の機会が十分に得られない状況にあります。また、子どもをが抱える問題も、自己肯定感・学力・貧困・不登校など多岐に渡ります。ここに挙げたような課題は現場によって様々であり複雑に絡み合っています。 だからこそ、そういった課題に対して深い理解と当事者意識を持った人材が増えることが重要だと考えています。 Teach For Japanは2013年より教育を通じで貧困の連鎖を解決するためにフェローシップ・プログラムを実践してきました。 これまでの実績から、学校現場や子どもを取り巻く現状をしっかりと捉え、フェローシップ・プログラムを次のステージへ発展させ、教員養成・採用・研修の一体的改革に取り組むことで、様々な課題へアプローチして参ります。

How we do

子どもたちの「選択肢」を広げるために、歌やダンスで自己表現活動をするヤングアメリカンズの学校開催を実現した増永さん。保護者や地域の企業の方々と一緒になってホストファミリー探しや協賛集めをすることで、地域での開催も実現。翌年度以降、市が予算を確保して、学校開催・地域開催をするまでに定着しました。
「生徒がすべて自分たちでできる」ことをゴールに授業を設計・展開した長村さん。英文法の決まりや糸口を探すという楽しみを知ってもらう活動に始まり、自分たちで考えて理解する大切さを体感できる授業づくりを実践。その結果、生徒一人ひとりが学ぶことの楽しみを見出し、主体的に勉強に取り組むようになり、県統一テストでも、県平均を大幅に上回りました。
フェローシップ・プログラムは、独自の研修を受けた情熱ある人材が、2年間公立小中学校の教師として赴任するプログラムです。 フェローは、子どもたちにポジティブな影響を与えるために教師として学校現場に赴任します。そして、子どもたちはもちろんのこと、学校や地域を巻き込んで、課題を解決するための核となります。 また、2年間修了後は、教育への強い当事者意識・課題意識を持ち、学校内外で課題解決のために活躍し続けます。 修了生は、これまでは2年後も6割程度が学校現場に残っていますが、教師としてのみならず、管理職や学校経営に携わるポジションに就く方もいます。 それ以外に、民間企業やNPO、国際機関への就職、大学院への進学、エグゼクティブコーチ・講演家・社会起業家になった方や、ご自身で塾を起業・経営されている方、ゲストハウスの運営に携わる方など、多様なキャリアパスを描いています。 実際に学校現場に赴任したフェロー(教員)の活動については、当法人のウェブサイトに多数ブログ記事を掲載しております。ぜひ以下より一人ひとりのストーリーをご覧ください。 https://teachforjapan.org/blog/