Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

色々なポスターや広告を相手取り、変幻自在に情報を提供できることからカメレオンをキャラクターに採用しました。
ポスターにスマホをかざすだけで、Webサイトだけでなく様々な情報を瞬時に提供。コレクションしたり、コミュニティでシェアするようなエンターテインメント性も兼ね備えています。また、広告主は管理画面でユーザの行動をチェックできます。
私たちがメイン事業として展開している「ポ写」は、画像認識技術を使ってワクワクする未来を創造するサービスです。 【事業内容や特徴】 ■「ポ写」の概要 「ポ写」は、掲示ポスターや車内広告、ビルボード、サイネージといったOOH(交通広告などの屋外広告)の掲載ビジュアルをスマホアプリで画像認識。ポスターの続きをスマホの中で見ることができ、掲示物に対応するウェブページなどに直接アクセスできます。 さらに情報をシェアしたり、限定ポスターをコレクションしたり、その場で施設への道案内へとダイレクトにつなげたり……。ポスターと出会った一瞬を逃さず、役に立つ情報をキャッチすることができます。 ポスターの広告主にとっては、今までできなかったスマホへの繋がり(接点)を作ることができ、 より効果的なプロモーションを実現することができます。 【他社との違いや特徵】 主にコンテンツIPの所有企業と提携し、広告コンテンツの1つとして使っていただくことでマネタイズを想定。現在はポスターや風景など地理に紐付いたものに限定して展開しています。ポスターという広告からコンテンツの世界観へダイレクトにつなぐことを価値としています。 アニメや漫画などの「偏愛ビジネス」にも着手しているところです。 【今後の展望やビジョン】 「世界をつなぐ」を合言葉に、ディメンションミックスに取り組んでゆきます。2次元や3次元、あるいは時間を超えて、ユーザーが持つ世界観を現実とつなぐことをビジョンとしています。   たとえばある作品に対して強烈な思い入れがある方がいたとします。私たちが果たす役割はその方がより深い世界に入り込む、いわば「ゲート」の存在になることです。ゲートはポスターに限らずフィギュアなどへも発展可能です。ゲートから自分の好きな世界へ入り込むために、ARやVRなど、世界観へダイブするためのさまざまな手段を今後増やしていきます。 さらに遠くない未来では、同じものを好きな人同士がつながれる世界の構築を構想しています。

Why we do

■価値ある情報、広げる体験をすべての人に ポスターは、広告としての役割を十分に果たしているでしょうか? 気になるポスターを見つけた際、その情報にアクセスしたい! と思ったらどうしますか? きっかけは駅などでみかける旅行のポスターでした。それを見ても、漠然とした地域の情報や写真しか載っていません。ここはいったい東北のどこなのだろうか?  きっとポスターを作った人ならば知っているはず。このポスターにスマホを向けるだけで美味しいご飯が食べられる旅館やおすすめの季節が分かればいいのに。 ふと、「ポスターが教えてくれればなあ」と思ったのが私たちの原点です。 今の世の中には情報がたくさん溢れているのに、いや、溢れすぎているからこそ本当に欲しい情報にたどり着けないのが現状です。また、知りたい情報を検索キーワードで探り当てられるとも限らず、真に価値のある情報を受け取っているのかどうかすら分かりません。 もっと有用で価値のある情報をITの力で私たちが届けられたら。より少ない手間で、まさに欲しい情報を手に取るように受け取れるような世界になったら、と私たちは考えました。 画像認識やAIなどのIT技術は日々驚くほど速いスピードで進化を遂げています。しかし、私たちの生活はそのスピードについていくことができているとは言えません。周りを見渡せば、技術でもっと生活を楽しくする体験を生み出す可能性のあるインフラで溢れています。これをプロダクトという形にして世間に送り届けていくのが、わたしたちの仕事です。 さらに私たちの取り組みや叶えたい世界観は、「オタクメンバー」によって偏愛の方たちにも向けたサービスとして拡大しています。 コンテンツの対象をアニメやアイドル、音楽にまで広げ、価値ある情報を皆さまにお届けし、その先にある体験をより豊かなものへと私たちが広げていきます。

How we do

自社オフィスではなくシェアオフィスなどでワークすることが多く、普段メンバー全員が集まることはありませんが、いざ集まると最近流行っていることや自分の興味があることなどで盛り上がります。
年齢や経験関係なく自由に発言することが当たり前の組織です。
バックグラウンドや関わり方はさまざまですが、「最新の技術を使って、面白いサービスをユーザーに届けたい」という想いを持つメンバーが集まっています。 【私たちの特徴やカルチャー】 ・メンバーは全9名(学生インターン含む) ・IT系出身が多い。 メンバーの背景として、広告、ITコンサル、インフラエンジニア、航空業界など多彩です。 「ポ写」を面白そうだと集まり、その可能性を広げたいと思ったメンバーたちです。全体的に真面目な人が多くコツコツ進める雰囲気があります。ベンチャーとはいえビジネス経験の豊富な「大人メンバー」が集まっており、堅実に事業を進めているのが特徴です。「新しく自分たちらしいサービスを作っていこう」という気概が溢れています。 【仕事の進め方】 2019年秋の「ポ写」β版リリースを目指して、各自が鋭意奮闘しています。 旧来の働き方に縛られず、コミットできるときに都内のシェアオフェスに集まって働いています。(週末のみ、週〇回、平日夜のみなど) 「ポ写」の方向性は話し合いながら決めていくことが多いので、対面でディスカッションをしながらプロジェクトを進めます。リアルタイムで話した内容を可視化できるツール(miro.com)を導入し、ディスカッションを可視化しながら話した内容を常に共有する進め方をしています。 組織の階層がなく、各自が得意な領域から発言してもらうことを大切にしている組織です。