Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

TECHNOLOGYの力でドローンをもっと身近に、全国・世界に広めていきます
ドローン×アプリ開発は、web上で完結しない、物理制御や規制などチャレンジな課題に取り組むことができる領域です
CLUEはドローンという最新のテクノロジーが社会に安全に調和していくためのプロダクトを自社開発することにより社会課題を解決するテクノロジー・スタートアップベンチャーです。 [事業展開] 1.ソフトウェア開発事業 ドローンの自動運転技術、ディープラーニングによる画像解析などを強みとしてドローンソフトウェアを開発しています。 業界・業務に特化したソリューションとしてドローンを提供するために、DaaS(Drone as a service)モデルをベースに、サブスクリプションモデルでサービスを提供しています。 -Drone Roofer(ドローン ルーファー) https://service.drone-roofer.com Drone RooferはiPadでの操作によって誰でも簡単にドローンを飛ばすことができるアプリケーションです。 2.ドローンサービス事業 ドローンの専門家としてお客様のニーズに応じて、各種サービスを展開しています。 - ドローンによる建造物や太陽光パネル等のドローン点検業務 - ドローンによる土木測量 - ドローン講習会 等 3.海外事業 国内に限らず、あらゆる場所でドローン×テクノロジーの力による社会の「不」を解決していきたいと考え、海外でのドローン活用も推進していきます。 -CLUEが清水建設社にドローンシステムを提供。大規模工事の施工管理で活用。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000016203.html

Why we do

CLUEとは「問題解決のてがかり・糸口」という意味であり、「テクノロジーで世の中の不を解決する」を軸に事業展開していきたいという想いを由来とする社名です。 現在の中核事業となっているプロダクト「Drone Roofer」はお客様からの1件の問い合わせをきっかけに開発されました。 知人が屋根から落ちて怪我をしていること、命に関わるような怪我をする人も多くいること、後継者不足・人員不足による業界への危機感から屋根工事業務へドローンを活用できないかという問い合わせでした。 台風や地震といった災害のあと、屋根事業者様が命綱なく屋根に登り、危険を顧みず点検を行っています。 転落は労災事故の中でも多く、建設業での死傷事故は年間5184件、うち134件が死亡事故です。 DroneRooferはドローンによる屋根点検を可能にすることにより、このような人命リスクの排除だけでなく、点検時間の短縮・顧客の受注支援等の生産性向上によって高齢化・人材難といった業界の「不」を解決します。 DroneRooferの例が示す通り、ドローンが可能にする空からのアプローチは世に新たな課題解決をもたらしてくれる可能性をまだまだ秘めています。 日本だけでなく世界的な潮流である、人手不足を背景とした生産性向上への圧力はあらゆる産業でイノベーションをもたらすと考えられます。 空飛ぶロボットであるドローンはテクノロジーの進歩と低コスト化のおかげで企業のスケールを問わず利用しやすいものとなっており、今後人間の労働力を補完する存在として社会に対して影響を与えていくことは間違いありません。 ドローンはスマートフォン以上のスピードで技術革新が行われているまだまだ発展途上の技術だからこそ、大手企業が入り辛く、まだ独走している企業がいない状態です。このような状況だからこそ、ドローン市場は小さなスタートアップが世界で戦える絶好のチャンスをもたらしてくれると考えています。 CLUEは強みであるソフトウェア開発やディープラーニングの技術を活かし、社会課題に適応する形でドローン活用を推し進めます。

How we do

社員のバックグラウンドは様々ですが、エンジニアも多い環境です。
ドローンアプリの開発には飛行実験が必要なため、本社だけでなく都内の屋上付きのラボで開発を進めます。
【ミッションとバリュー】 「ドローンが当たり前に飛び交う社会に」をビジョンとして、その実現のためにミッションと4つのバリューを定めています。 ITコンサル、ITベンチャー、自動車メーカー、商社など出身者のバックグラウンドは様々ですが、ミッションとバリューに共感した仲間が集まっています。 ミッション https://corp.t-clue.com/mission CLUEが大切にする4つのバリュー https://www.wantedly.com/companies/t-clue/post_articles/127229  【開発ラボ】 ドローンのアプリケーション開発は多くのアプリケーションと異なり「ハードウェア」「3次元の動き」「天候などの影響を受ける」「規制の存在」など多くの変数がありチャレンジングです。少なくとも週に1回、都内のラボにて飛行実験を行いながら開発を進めています。 【働き方】 CLUEは最新のテクノロジーが好き、新しい未来をつくっていきたい、そんな人が集まる会社です。 ドローンの未来を一緒につくっていきたい方を求めています。 リモート勤務、時短勤務(男女共に実績あり)など柔軟な働き方も取り入れています。