1
/
5

より深くsweeepを知るには、9月に予定されているオンラインセミナーに参加するといいかも。

こんにちは。夏休みも終わり、気がつけば2021年も残り3ヶ月・・・。あっという間ですね。さて、今回はsweeep株式会社が登壇するセミナーのご案内です。

弊社は受け取った請求書の処理をAIで自動化する製品「sweeep」を開発・運営しています。どういう製品かと言うと、「請求書を紙で受け取り、開封し、仕訳を入力し、支払いをし、入力できたらバインダーに閉じ、キャビネットに保管する」という一連の流れをまるっとデジタル化してさくっと自動化をする、すごい製品です。

なぜすごいのか?それは、請求書の経理処理を自動化するということは、ただ業務効率化になるだけでなく決算の早期化にも繋がるからなんです。決算の早期化ができると、経営陣が次の手を考えるスピードも早くなります。つまり、経営にダイレクトに影響するということ。ここがすごい製品と表現した理由です。

とはいえ、どの企業も営業部など収益に直結するところからデジタル化に手を付けるので、なかなか注目されてこなかった領域でした。しかし、コロナで状況は一変。経理部だけが請求書を受け取るために出社していることが問題になり、やっと昨年あたりから経理のデジタル化に取り組む企業が増えてきました。

今まさに盛り上がっているマーケット。「今までの経理の働き方に改革を起こす!」そんな気概をもってお客さまに製品を提供しています。もし弊社に興味をお持ちであれば、9月に2つ製品紹介のセミナーがありますのでぜひ参加してみてください!

1.sweeepを導入していただいたSmartHRさんをお招きします!自社セミナー

購買申請と支払依頼の「痒いところ」はどこ? ~稟議と請求管理DXのリアル~

「sweeep」と「kickflow」のそれぞれのプロダクト紹介に加え、両社の製品をご導入いただいた株式会社SmartHRをお招きし、実際の使用感やDXの進め方、導入による効果についてお話いただきます。

■ 開催概要
・日時:2021年9月15日(水) 18:00 – 19:00
・会場:オンライン(Zoom)
・費用:無料
・申込方法:以下のフォームから、お申し込みください。
https://forms.gle/rgV9wmGRZSYNdGDm6

■ 内容
・「sweeep」製品紹介
・「kickflow」製品紹介
・SmartHR様 導入事例のご紹介、DXの進め方

■ 登壇者
株式会社SmartHR コーポレートグループ経理ユニット 稲毛 槙子氏
株式会社kickflow 代表取締役 重松 泰斗氏
sweeep株式会社 代表取締役/CEO 村山 毅

▼ 詳細はこちら


2.sweeepと同じマーケットにいる企業とも比較できる!オンライン展示会

バックオフィスの企業が集まるBOXIL EXPOでは、5分のセールスピッチと20分間の個別セミナーという2つのプログラムに代表の村山が登壇します。

・1社5分のセールスピッチ

1社5分のピッチ形式で、請求書にまつわるサービスを学ぶことができます。 事務書類の電子化が進むなか、見積書や請求書発行もクラウド型システム利用が定番になりつつあります。経理業務においてExcelにはない、クラウド請求書発行システムならではのメリットも持ち合わせたサービスをご紹介します。

■ 開催概要
・日時:2021年9月17日(金) 15:50 – 16:10
・会場:オンライン(Zoom)
・費用:無料
・タイトル:「脱Excelで請求書をオンライン化!請求書の作成〜受け取りに関する作業を効率化するためのサービスをご紹介!」
・登壇企業:Sansan株式会社・株式会社ラクス・sweeep株式会社

▼ 詳細はこちら


・sweeepの製品がじっくりわかる20分の個別セミナー

リモートワークや働き方改革が推進される中、請求書受取業務が経理全体の決算早期化や業務改革を阻んでいます。そのような中で請求書の紙運用や手入力を削減し、経理DXを推進するための手法を事例を交えてご説明いたします。 また来年改正の電子帳簿保存法を分かりやすく解説いたしますので、どんな準備をすればよいのかが見えてきます。

■ 開催概要
・日時:2021年9月15日(水) 14:10 – 14:30
・会場:オンライン(Zoom)
・費用:無料
・タイトル:請求書受取で経理DX?電帳法対応?どっちもできる方法お教えします!
・登壇企業:sweeep株式会社

▼ 詳細はこちら


今回ご紹介したセミナーは全て無料・オンラインなので、ぜひお気軽にご参加ください!

sweeep株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more