1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

◆脳科学、医学、AIを融合させ、今までにない領域において、新しいライフスタイル創造に寄与する企業です。 ◆私たちの事業 ①Clinical SaaS事業 認知症一次予防のための検査サービスを提供しています。人工知能による早期発見・早期予防行動を促し、発症を未然に防ぐことを目的とした検査サービスを提供しています。既存技術の限界により、従来はカバーできなかった健康状態の人々に対し広く使われるサービスとして提供しています。医療機関や大手企業を顧客の中心にサービス拡大中です。 ②全脳解析技術基盤(開発中) 臨床学会トップの医師の知見とディープラーニングをハイブリッドにした脳データ解析基盤の開発を進めています。データベースが深層化し、アプリケーションが無限に拡大していく可能性を秘めた、現在新規企画及び開発中のプロジェクトです。

Why we do

◆高齢化課題先進国から、世界最先端のモデルを作る 当社代表である青山は株式会社キーエンスで海外現地法人の立上げや経営に携わっていました。メキシコ駐在時代、青山は父の脳疾患の事態を知り、専門医による検査で疾病がわかったものの、10年以上前から父は病気を患っていたことが明らかになります。この事実に強い憤りを覚えた青山は帰国を決意。医療先進国であるアメリカやヨーロッパに渡り、世界の健康・医療問題の事情を研究し、脳科学分野における様々な医師や科学者の協力を得ながら、Splinkを始動。 高齢化課題先進国であるからこそ、その課題解決のノウハウはグローバルに活用できると信じています。 ◆VCからの大型資金調達!今注目のエイジング・テックのフロントランナー 近年、エイジング・テックと言う領域が注目されていますが、中でもSplinkはブレインヘルスケア(脳健康)と言う、高齢化の中心となる分野のフロントランナーとしてVCからの大型資金調達を完了し、これから成長スピードを上げていく刺激的なステージの真っ只中にいます。

How we do

社内イベント🍻
初詣🎍
◆ダイバーシティの高い専門家チームで、高みを目指す 2017年に創業したSplink。アーリーステージのベンチャーとしては珍しく、デザイナーや学会トップの医学者、外国人エンジニアなど多様なバックグラウンドと高い専門性を持ったメンバーで構成され、ダイバーシティの高いチームになっています。 社員は少数精鋭、一人ひとりの責任や裁量がとても大きい組織です。若手であっても大きな成長の機会があり、これまでの経験を0→1フェーズでさらに拡大するチャンスもあるなど、様々なチャレンジが可能です。 ◆社風(カルチャー) ・自分たちの事業に情熱を持っています! ・風通しがよく生産的な議論ができる環境です! ・"Do good” という会社のVALUEに惹かれる人多数! ◆オフィスの雰囲気 ・マネジメント経験豊富なメンバー、互いの専門性を尊重し合うメンバーが多いため、メンバー間のコミュニケーションもストレスなく、オープンです。また、役員とメンバーの距離が非常に近く、年齢に関わらず自由に議論や提案が出来る環境です。 ・アーリーステージのベンチャー企業のため、状況や環境の変化は激しく、自ら考え、その場に適した柔軟な対応が求められます。しかしチームファーストで利他的なメンバーが多いので、周囲と協力しながら進められる環境です。 ・理数系博士号持ちの社員が多数在籍し、新規技術の研究開発に対する理解度が高いです。また業務として学会や勉強会への参加が可能など自己の研鑽が積極的に推奨される環境です。 ・業務後には近くの銭湯やフットサルにいったり、パーティーを開催したりと遊び心を持つメンバーが集まっています。また、お菓子食べ放題や月1回程度の社内イベント(オフィスピザ)など様々な制度・イベントもあり、今後もさらに充実させていく予定です。