1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

「若いうちから失敗を経験することでスキルアップを図る」入社3年目の後藤が語るSMbrandでの働き方とは?


こんにちは!SMbrand人事担当です。

今回は、企画職として新ブランドの設立に携わった経験のある後藤にインタビューを実施しました。仕事内容やSMbrandで働く魅力、仕事をする上で大切にしている価値観などについて深堀してきたので、ぜひ最後までご覧になってください。

まずはじめに、自己紹介をお願いします。

中学生の頃から洋服が好きで、服飾の高校と専門学校を卒業しました。求人を見ていた際に、昔から好きだった”michellmacaron(ミシェルマカロン)”というブランドをSMbrandが運営していることを知り、弊社に入社しました。現在は入社3年目です。

現在の職務内容を教えてください。

企画職をメインで担当しています。最近は新ブランドの設立にも携わらせて頂いていて、その際にも企画や撮影管理、撮影の取り仕切りやマーケティングに関わる部分まで幅広く業務に触れました。経験が浅い分野に関しては現場で吸収し、少しずつ学んでいるという感じですね。

就職活動では、アパレル業界に絞っていたのでしょうか?

そうですね。専門学校では、パタンナーなどの洋服を作る方の分野をメインで学んでいたので、デザインはあまり得意ではありませんでした。でも弊社のブランドは、デザインを担うというより、そのデザインをどのように形にしていくかというの業務だったので自分に適していると感じましたね。

その他にSMbrandに入社を決めた理由はありますか?

自分の好きなブランドで自分のやりたい仕事ができるという点が1番大きいですね。アパレルの専門学校出身の方は、皆が名前を知っているような大手の会社に就職する人がほとんどなんですよ。専門学校に集まる求人の多くが大手の会社のものなので。それよりも私は、自分の好きな所で好きな仕事をしたいという思いがあって、その点でSMbrandに魅力を感じました。SMbrandの求人を偶然見かけてよかったなと思いましたね。あとは社内が綺麗だったからです(笑)。

SMbrandに入社してどのようなスキルが身に付きましたか?


新卒入社でしたので、企画の知識やクライアントさんとのやり取りにおける知識は勿論身に付きました。加えて、突発的な依頼や案件に対しても落ち着いて対応できるというスキルは、弊社で働いたからこそ身に付いたスキルだと思っています。弊社は流行のテイストを敏感に取り入れている会社なので、前日まで進めていた案件を全く別の内容に変更して進めていくことがよくあるんです。それが最善であるという結論を出した上で案件を進めているので、出来る限り対応できるよう努めています。やはり最初は慣れなくて、綿密に立てた計画の急な変更を理不尽に感じることもありました(笑)。でもそれがこの会社の特徴なのだとだんだん受け入れられるようになりましたね。少々無理難題な変更を依頼されることもあるのですが、難しい内容であればあるほど経験値も積めると割り切って取り組んでいます。会社の特徴を受け入れて、突発的な変更にも冷静に対処する姿勢もスキルとして身に付いたように感じていますね。

今までで一番印象に残っている仕事はありますか?

新しくできたブランドの設立に携わらせて頂いたことです。ある日、「半年後に2つのブランドを新しく立ち上げる」という話を伺い、とても関心を持ちました。以前より新しいことにチャレンジしたいという気持ちがあったことに加え、新ブランドのテイストが私が昔好きだった雑誌のテイストだったんですよ。

当初は一連の業務の中に携われるポジションがまだ決まっていないとのことだったので、是が非でも携わりたいと思い、そのポジションに立候補させて頂きました。

そうなんですね。その仕事を進めるで大変だったことは何ですか?

最初に綿密に立てた計画通りに仕事が進まないことです。プロジェクトは想定以上に上手くいかないことが多いと学びましたね。同時に、今のうちに失敗を経験できて良かったなという気持ちもあります。例えばブランドの設立を計画する際、理想はいくらでも言えるじゃないですか。でもそれをいかに現実的に捉え、理想をどこまで再現できるか、行程ごとにどれ程の期間を要するか、優先順位、など仕事をする上で重視して考えなければいけないことをたくさん認識できたように思います。

働く上で大切にしている価値観は何でしょうか?

周囲の空気は読みつつ人に合わせすぎないことを大事にしています。勿論提示された仕事もしっかり行うのですが、ずっと成行きのまま業務を行っていると、だんだん自分のやりたいことが分からなくなってしまうのではと思うんです。それを見失ったら仕事も楽しくなくなってしまうと思うので。自分の本来の目的、やりたいことを見失わないように自分の意思の軸を持つことはかなり大事にしていますね。

具体的にどのような軸ですか?

その時の業務に限らず、他の業務でも役に立つスキルを身に付けられるかどうかは絶対に考えるようにしています。多くの業務がある中で、優先順位をしっかり考え、自分の経験になるなと思ったことはまず取り組むようにしていますね。

ありがとうございます。SMbrandで働く人たちはどのような方が多いのでしょうか?

社員は服装から眩しく見える人が多いと思われがちなのですが、実はそんなこともなくて。気さくに話しかけてくれる方ばかりです。社員皆それぞれのテンションや性格には差があり、多様な人が集まっていますが、皆目指しているところは一緒という雰囲気は良いなと思いますね。

「目指すところが一緒」について詳しく教えてください。


会社をよりよくしたいという思いを社員皆が持っています。普段の会話でも、各ブランドをどのように改善していくか、社内における業務フローは何が最善かなどを話すことが多いです。各々の仕事に限らず会社全体の取り組みに関して、皆が向上心を持って向き合えているという環境は素敵だと思いますね。

後藤さんが感じるSMbrandの魅力は何ですか?

自分の意思や意見を周囲に伝えやすい環境であることです。意欲さえあれば自ら仕事を取りに行かせてもらえるので、努力次第で自身で定めた目標を達成できる環境が整備されています。その分失敗することもたくさんあって。でも手探りの状態で新たな壁に挑んで、その結果失敗するというのは将来の自分の糧になると思っています。失敗を積み重ねることで成長が得られると思っているので。若いうちから失敗する経験ができる、どんなことにも挑戦させてもらえるというのは本当に魅力的ですね。

若いうちから失敗を経験されたとのことですが、失敗してしまった時のマインドの立て直し方を教えてください。

気持ちの切り替えに尽きます。上層部の方は、「失敗の可能性を加味してでも挑戦させたい、この仕事をしたいという私の意思を尊重したい」という思いで仕事を任せてくれたと思っています。ですので、失敗して悔しい気持ちは毎度ありつつもその気持ちを引きずらないようにしていますね。失敗を通して得た反省点、改善点を明確にし、同じ過ちを繰り返さないことを肝に銘じて次の業務に励んでいます。

ありがとうございます。では、今後のキャリアプランを教えてください。

担当していた業務を他の人にも任せられるようにするために、自身の業務を簡潔にまとめ、指示できるようになりたいです。業務に手が回らない時には人手が必要になると思うんですけど、人を雇った所でその人を上手にコントロールできなければ時間とコストの無駄になってしまいますよね。指導する側される側、双方が納得のいく指導、管理を行うことのできる人材になりたいと思っていますね。

後藤さんはどのような方と働きたいですか?

自分の意思をしっかり持っていて向上心のある方と働きたいと思っています。与えられた仕事をただこなすのはそんなに難しいことではないじゃないですか。自分で仕事の幅を広げ、業務の中に楽しさを見出していけるような向上心のある方と一緒に働けたら楽しいかなと思っています。

最後に、これから新たに入社する方に向けて一言お願いします!

花形で輝かしい会社に見えると思いますが、仕事面では厳しいこともたくさんあります。ですが、意欲次第でやりたい仕事、欲しいスキルを得られる環境が整っているので、失敗を恐れず、意欲、向上心を維持しながら業務に取り組んでいくことが一番大事だと思います。

SMbrandでは一緒に働く仲間を募集しています!ご興味を持って下さった方はぜひご応募ください!

株式会社SMbrand's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more