1
/
5

期初を迎え、「南の島」でキックオフを開催!

こんにちは!ASHAです。
9月に新しい会計年度(FY)が始まるSHIFT ASIAでは、毎年期初にキックオフミーティングと称して社内イベントが行われます。今期FY2022は新型コロナウィルス感染拡大の影響もあり、SHIFT ASIA史上初となるオンラインでの全社イベント開催となりました!

今回はそのキックオフミーティングの様子を一部ご紹介させていただきます。

FY2022キックオフミーティングのアジェンダはこちら↓。

オンラインではありますが、みんなで集まってワイワイしてる感を味わいたいということで、バーチャル空間「oVice」を使ってのイベント開催。普段の業務では使用していないのですが、画面上の自分のアバターを操作することでオフィスにいる時のように近づいて話しかけることができるのは新鮮な体験でした。ちょっとしたゲーム感覚もあり、なかなかおもしろいですね。今回のイベントは、SHIFT ASIAのカルチャーをつかさどるPCD(People & Culture Development)部門のEventチームを筆頭に準備を進めてくれました。お疲れ様でした!


因みに、上の画像はCEO伊藤によるプレゼン「CEO's TALK」の時の一コマです。CEOの右隣に写っているのはベトナム語の通訳を務めた開発部門ダイレクターのBORISです。このように「oVice」では自分のアバターをバーチャル空間上の好きな席に座らせて話を聞くこともできるので、通常のオンライン会議よりも臨場感がある雰囲気が味わえるのが特徴です。

「CEO's TALK」では前期の振り返りと今期の目標やアクションプランを全社員で共有する場となりました。

今期目標達成へのモチベーションを高めたあとは・・・

オンライン飲み会!!

モッ ハイ バー ヨー!(Một hai ba, vô!)※ベトナムの乾杯の掛け声

オンライン飲み会の会場に選ばれたのは、バーチャル空間上に用意された島。この日のためにCEO伊藤が南国のとある島を1つ買ったという設定の下、各メンバーがビーチやボート、プールなど、思い思いの場所に自分のアバターを動かしながらオンライン飲み会がスタートしました。100人以上の参加者のため、最初はどうなるか若干の不安もありましたが、各々が自由に集まってグループを作ったり、違うグループを渡り歩いたりしながら、楽しく乾杯!

在宅勤務体制に入ってからなかなか会話をする機会がなかったメンバー同士も久しぶりにコミュニケーションを取る良い機会になりましたね。

ここ数カ月の間、ホーチミン市ではロックダウンなど感染拡大防止対策のため多くの規制が敷かれていましたが、ようやく10月1日から徐々に規制が緩和されてきています。そんな中でもSHIFT ASIAでは現在も完全リモート体制で通常業務はもちろん、採用活動を展開しており、新しい仲間も毎月少しづつ増えています。みんなであらためてオフィスで顔合わせできる日が待ち遠しいですね。

日本在住の方が入社する場合も、ベトナムに入国ができるまでリモートで業務を推進していただくなど、SHIFT ASIAでは柔軟な働き方を支援しています。海外でのお仕事に興味がある方、ベトナムでの生活に興味がある方、お気軽にご連絡ください。私たちと一緒に働いてみませんか?

SHIFT ASIA's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more