1
/
5

これを見れば分かる!スカラパートナーズの仕事!-開発編-


株式会社スカラでは世界へ求められる理想的な企業を目指す為、様々な事業展開を行っています。

今回も私たち採用チームが、スカラパートナーズ イノベーション開発部部長である木村 宏明に
開発の仕事についてインタビューしてきました!

Q.経歴は?

WEB系ITベンチャーでASPとWEB知識を学び、自社サービス開発会社へ転職→その後、3社目でスカラグループと合流。
スカラコミュニケーションズのエンジニアとして数々の実績を残し、
課長→副本部長→本部長・執行役員と3年間という短い期間でキャリアアップ。
そして現在は、新規顧客専門のグループ会社立ち上げメンバーとして抜擢され、様々なプロジェクトを稼働させ、新しい事業を創り出しています。

Q.どのような業務を行っているのか?

ITを手段に社会課題を解決できるような新規事業のシステム開発を行っています。
イノベーション開発部では、お客様から相談を受ける上流の段階からエンジニアがプロジェクトに参画しているため、どうしたら課題を解決できるか、どういうシステムにしたら良いかを日々メンバーと共有し合っています。どれだけ利用者目線で考えられかが、鍵となります。
一方で、プロトタイプを作ることもあるので、短い時間でシステムを立ち上げるという点にも取り組んでいます。

最近では給付金やワクチン等、自治体が使用しているシステムと連動したツールの要望があり、
申請等が不自由なくできるようなプラットフォームを開発しました。
こちらは全自治体で使用できるようなシステムやマイナンバーと連携したサービスを
開発していく予定です。
https://scalagrp.jp/news/2021/07-xid/

他の事例もあるので、ご興味ある方、こちらもご覧ください!
https://scalagrp.jp/news/2021/03-scala-pdc-ehime/

Q.仕事の魅力は?

上流から参画することで、自分がプロジェクトの主体となり取り組むことができるため、非常に良い経験になると思います。
また、既存のやり方だけでなく、自分たちのスキルの幅を広げるため、新しい技術やサービスを積極的に取り入れています。新しい技術は情報が少なく、うまくいかないこともありますが、それを乗り越えることで自身の力になり、成長を感じられます。
最近ではAIの勉強会をメンバー主体で行っています!

Q.月間/1日のスケジュールは?

相談段階からプロジェクトに参加しているため、
商談や社内ミーティングが1日のスケジュールの半分を占めます。

また、メンバーは現在6名で、月に1人1〜4案件担当しています。
1つの案件につき担当者は2〜5名で、開発タスクをissueで管理しているため、
進捗状況に応じて稼働人数を調整するなどして、チームとして案件に対応しています。

Q.やりがいを感じるのはどういう時?

新規事業は作るものが決まっていないことが多いです。
新しい事業を作る際、そのオーナーとしてどうすれば事業化できるか等考えながら
仕事に取り組んでいるため、それを世の中にサービスとして生み出すことができた時は
非常にやりがいを感じます。
私たちの仕事は細かい指示の下動くのではなく、お客様の課題を解決するためにはどうすればいいのかを自らが考え、形にすることが多いので、お客様の期待を超えて感謝された時はとても嬉しいです。

Q.どんなチーム?

みんな、前向きで自分で考えて行動できる人が多いですね!
勉強会の発案もメンバーが率先して行っています。
現在6名のチームですが技術のことなら何でも対応できる人、思ったことを発言できる人、ふわふわしているように見えるけどロジカルに考えるのが上手な人など、個性的なメンバーがいて楽しいです。仕事も楽しくをモットーにやっています。

Q.職場の雰囲気は?

リモートワークを推奨していますが、チャットや朝会でコミュニケーションをとっており、困ったことはみんなでフォローする体制をとっていますので、とても相談しやすい雰囲気だと思います。
また、メンバーにはどういうメンバーと一緒に働いているのかも知ってもらいたいので、
よく自分の価値観を共有する時間をとっています。


Q.今後実現したいことは?

引き続き新規事業の立ち上げやPoC開発をどんどん行っていきたいと思います。
そのためにはお客様から頂いた相談をいかに早くサービス化できるかを常に考えています。
今後はさらにメンバーのスキルアップを図り、多くのサービスを世の中に提供していきたいです。

また、メンバーには5〜10年後、どんなエンジニアになりたいか等、
自身の目指すべき将来像を意識した上で、週次の目標を一緒に決めています。
今後も、メンバーには「この会社に入社して良かった」と思ってもらいたいので
個人にあったマネジメントを心がけていきます。

イノベーション開発部の立ち上げメンバーの木村さんに話を聞きました!

これからも新しいサービスが世の中に提供されていきます。
私たちもスカラパートナーズの成長ならびにメンバーの成長を楽しみにしています!

今後もスカラコミュニケーションズはITを手段としてお客様の課題解決に尽力していきます。

株式会社スカラ's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more