1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【キャッシュレス決済導入店舗必見!】消費増税後の複雑すぎる税率を整理!

消費増税後の税率は全部で5種類

軽減税率制度とキャッシュレス・消費者還元事業は複数の適用条件が設けられています。

消費増税後に課される税率は大きく5種類にわけることができ、事業者はこれらのパターンを熟知する必要があります。

デジマケチャンネルでは、軽減税率制度とキャッシュレス・消費者還元事業の内容や税率の種類、そして適用ケースについて詳しく解説します。


デジマケチャンネル:【キャッシュレス決済導入店舗必見!】消費増税後の複雑すぎる税率を整理!


ケース別に見る適用される消費税率の違い

このように、同じ飲食料品を購入する場合であっても、

「持ち帰り」か「外食」か
キャッシュレス・消費者還元事業に加盟している店舗か否かによって、

3%、5%、6%、8%、10%という5つの税率のいずれかが課されることになります。


適用税率を明確に示して“お得感”を喚起することが重要

店舗を運営する事業者としては、店内やウェブサイトに上述したようなケース別の適用税率を示すといった方法により、

顧客に対して”お得感”を示す努力が重要になるでしょう

株式会社Samuraiの「Samurai Order」は、会員管理・接客・購入・販売促進といった

キャッシュレス社会で顧客を獲得していくうえで大きな武器となる機能を搭載しています。

キャッシュレス決済導入をご検討中の方は、ぜひ一度お問い合わせください。

株式会社Samurai's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more