1
/
5

刺激的な2日間、この経験を今後の就職活動の糧に【インターン参加者ブログ】

はじめに

こんにちは!SAKURUG採用担当の神谷です。

この記事では今年SAKURUGで開催された2daysインターンにおいて、特に活躍した人に対して贈られる社員賞、その中でも私が選抜した神谷賞を受賞した学生から頂いた感想を紹介します!

SAKURUGインターンに参加した感想

こんにちは!
22卒の土井悠平です。

SAKURUGさんの「企業説明会の企画立案」インターンに参加させていただき、採用担当の神谷さんからの個人賞「神谷賞」を頂いたということで、参加者を代表して今回の取り組みを振り返りたいと思います。
2日間の企画立案をやり遂げて感じたことは、大きく2つあります!(ESっぽくなってしまった)

1つ目は、企業説明会を企画する難しさです。今年に入ってから少しずつ様々な会社の説明会に参加することが増えましたが、それはあくまで受け手の立場。発信側の立場になることはなかなかないんですよね。いかに会社の理念を相手に伝えて、共感してもらうかを考える。これが今回の私たちに課せられた試練でした。現在SAKURUGさんで行われている説明会の内容一つとってみても、それぞれのプログラムに意図があり、人事の方の考えが凝縮され、形になったものであると改めて感じました。だからこそ私たちは、その意図を汲み取ることが求められていることを理解し、今後の就職活動に応用できる知見を得ることができました。

2つ目は、参加学生のレベルの高さです。初めは本インターンの取り巻く環境について、それほど期待していませんでした。しかし、オフライン、オンラインともに、意見の鋭さや説得力の高さ、論理的思考力はこれまで味わってこなかった領域にありました。おかげさまで最終発表の際の質疑応答には頭を抱えましたけどね(笑)それでも、何より刺激的な2日間を体感することができましたし、これだけのメンバーが揃ったのは、SAKURUGさんが採用活動にそれだけ注力している結果であると私は思いました!

1月にはこのメンバーでの同窓会が計画されていますが、またみんなと会えることを本当に楽しみにしています!
改めて、この機会を作ってくださったSAKURUG社員の方々、一緒に参加してくれたみんなには感謝しています。ありがとうございました!



今回、下記理由でどいへいに賞を贈りました。

・わからないことに対して怖からずにぶつかっていく姿勢

・自分の仮説の根拠立てを誰よりもしていた点

・常に上を目指しグループの支えとなっていた点

改めて、インターンに参加してくれたみんな、本当にありがとう!

同窓会、楽しみにしてます!!

株式会社SAKURUGでは一緒に働く仲間を募集しています

株式会社SAKURUG's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more