1
/
5
This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

新しい技術を常に取り入れていく、時代に合わせたデザインを作って行きたい【SAKURUG MEMBER INTERVIEW】

こんにちは!SAKURUG 広報担当の鈴木です。

wantedlyにてSAKURUG メンバーインタビューを掲載しています!

インタビューとともに、SAKURUGがどんな会社かご紹介します。

今回は、SAKURUG デザイナーの箱谷さんにインタビューしました!



SAKURUGに入社したきっかけ

前職のデザイナーの友人からの紹介で、リファイラル採用という形で入社しました。
SAKURUGのデザイナーに求めるものや、理念とかをお聞きして
ここなら言われたものをただ作るのではなく、色々自分で考えてやりがいのあるデザインを作っていけるのではないかと思い、入社しました。


どんな学生でしたか?

私は学校が楽しかったので、学校が好きな生徒でした!
座学が好きというより、実技が好きでした。
ウェブ系・グラフィック系の学校に通っていたので、写真専門の先生と仲良くなって、写真の講義をを受けさせて頂いたり、暗室を使わせて頂いたり、学校にいる時間が長かったです。
高校までは普通の学校だったので、専門学校に入って色々知れるのか面白かったです。


前職ではどんなことをしていましたか?

ゲーム系のデザインをしていました。デザインとアートディレクションの統括みたいな
ことをしていて、結構色々なデザインを扱う部署だったので、オリジナルのものから版権ものまで様々なデザインに触れられる、いい機会を得られたなと思います。
色々なソフトを使ってみたいと言ったら、UI系のXDだったりとか使わせて頂いたり
いい環境でしたね。



成長ややりがいを感じたことは?

前職も現職も新しい技術を色々やらせていただける環境であるのかなと思います。
新しいアプリとか技術を使って、ユーザーさんにどうやってデザインを伝えていくのか
試行錯誤していくことにやりがいを感じますね。
成長を感じるのは、自分の作ったものや他のデザイナーさんが作ったものを
いろんな意見を貰い、ユーザーさんの目線から見たらこうなのではないかとか
自分が一方的に作って見てもらうのではなくて、ユーザーさんからのフィードバックとか
があるとすごく勉強になるなとか思います。ユーザーさんと相互関係にいれたらいいなと思います!


今後やってみたいこと、目標

デザインって時代によってどんどん変わっていくものなので、
新しいデザインを停滞することなく、取り入れられたらいいな思います。
ちょっと前ならフォトショップとイラストレーターを使ってデザインするのって
基本だったのですが、今はウェブのデザインするときはXDがすごく増えていて、
アプリ自体を使うのはもちろんなんですけど、その時代に合わせたツールを
使って、その時代に合わせたデザインを作っていく、それだけにとらわれずにやって行くという気がしますね。



プライベートの楽しみ

展示会に行くことがすごく好きで、毎年夏に目黒雅叙園の百段階段「和のあかり」という展示に行っています。すごく綺麗なんですよね〜!

各お部屋のコンセプトがあって、ねぶただったり、風鈴祭りだったり金魚提灯だったり・・・結構いろんな「あかり」をテーマにした、お部屋があるのですごく綺麗なんですよ。みんな本当にすごいなって刺激を受けます。最近話題になっている、チームラボがやっているイベントも行く予定です!


【取材後記】
毎回デザイナーさんとのインタビューは知らないことが知れる、学びや発見の場になっています。私自身学生時代、多少なり芸術に関わってただけあり、話が盛り上がってしまいます。

インタビュー中、グラフィックの話からプリクラの話題になり「前はプリクラと一緒につけまつげが貰えましたよね〜」「目が大きくなりますよね〜」「今のはインスタとかTwitterに載せるデータが一番欲しいみたいですよ」と少し盛り上がってしまいました。目黒雅叙園「和のあかり」は知らなかったので早速行ってみようと思います!!

株式会社SAKURUG's job postings

Weekly ranking

Show other rankings