Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

What we do

AI・機械学習を活用した機能開発・商用化も実現
2019年6月、シンガポール法人を設立
私たちは、web・アプリユーザーの行動・属性情報を分析し、ユーザーが動く最適な「体験」と「今」を見える化。分析結果からプッシュ通知・アプリ内メッセージ・webメッセージ・広告配信などのマーケティング施策を一気通貫して実行することができるCE(カスタマーエンゲージメント)プラットフォーム「Repro(リプロ)」を開発・運営しています。 https://repro.io/ AI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI Labs」では、人間では抽出しきれないより多くのユーザーセグメントに向けたマーケティング施策の実施を可能とするため、マーケティングの自動化に向けた実証実験と開発を行い、商用化も実現しています。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000116.000013569.html また、2019年6月にはシンガポール法人を設立し、国内のみならず海外のユーザーに対するサービス提供を開始。今後は東南アジアを皮切りに、海外事業を本格的に拡大させていきます。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000110.000013569.html

Why we do

世の中のサービスとユーザーが結びつき、最適な体験を実現できる世界を実現
世界中で使われるサービスの成長を支援するやりがい
情報量が飛躍的に増大し、ユーザーに十分な選択肢がある現在、企業はユーザーに選んでもらい続けるために彼らが求めるコンテンツを、最適なタイミングで、複数回届け続けることが必要です。 ですが、これって本当に難しい、、 ユーザーの「今」のニーズを掴むことだけでも難しいのに、ユーザーとのコミュニケーションチャネルは増える一方です。 その結果、対処しきれない企業はマスに対して広告を打つなどの戦略を取らざるを得なくなり、煩わしいコミュニケーションを受けることになったユーザーはそのサービスから離れていきます。 Reproは、この難しい企業とユーザーのコミュニケーションを最適化するべく、web・アプリのみならず、新たな領域のデータを連携させることでユーザーの「今」をより正確に捉え、最適なタイミングとコミュニケーションチャネルで情報を配信することで世の中のサービスとユーザーが結びつき、共創し合う最適な体験を実現できる世界を創っていきます。

How we do

社外向けイベントを頻繁に開催するイベントスペース。社内のメンバー同士でゲームをすることも。
ワークスタイルは人それぞれ
◆クライアントの成功にコミット クライアントの「成功」に対してどの会社よりもコミットし、結果を出すことにこだわります。その分仕事は厳しいですが、結果が出ていてクライアントが満足していれば、働く時間や働く場所は自由。厳しさと自由さが程よくあわさったチームです。 ◆一騎当千の実力派集団 エンジニアもセールスチームも経営陣も、全てのメンバーが各領域で数多くの実績を残してきた実力者ばかりです。 また、新たにReproにジョインしたメンバーも業界で認められる実力をつけられるように、育成にも力を入れています。実力をつけたい、世界で活躍したい、そういうメンバーは大歓迎です。 ◆We go fast! 思いついたら即実行することを重視しています。「こういう新しい機能を開発したい」、「クライアントに新しいサービスを提供したい」、「社内組織をこう変えたい」、社内で生まれる新しいアイデアを即取り入れ、実践することを大事にしています。 また、アイデアや意見を言うのに役職や所属は関係ありません。 学生インターンが発案したサービスが正式サービスになったり、エンジニアがビジネスサイドの改善を手伝ったり、風通しの良いフラットな組織が5年前に上野で創業して以来大切にしている価値観の一つである「We go fast!」を支えています。 ◆デジタルマーケター必読のメディアとコミュニティを運営 アプリのグロースハックについて最新事例やデジタルマーケティングに関するノウハウを毎日お届けするメディアGrowth Hack Journal(https://growthhackjournal.com/)を運営しています。 有名アプリのグロースハッカーが一堂に会してアプリの成功ノウハウの共有を行うミートアップaCrew(https://repro.connpass.com/event/)を主宰しています。