1
/
5

「アル」(旧漫画ビレッジ)は、"マンガファンの愛で作るサイト"というのをシンプルに表現したところが素晴らしいと思った

けんすう氏 が「アル」というマンガ情報サイトを立ち上げました。

機能的には

  • 漫画の新刊情報
  • 漫画の無料提供情報
  • 漫画の「好きなコマ」情報
  • 漫画の「好きなところ」投稿
  • 「1分で分かる」という絵文字とテキスト3点で構成されたまとめ
  • 似てる漫画のレコメンド

といった構成で、これだけ見ると割と「他にもありそう?」という物です。

Webとアプリを展開しており、それぞれ少し役割が違います。
アプリ版はあくまでも新刊情報のプッシュが価値として高いですが、上記のようなその他の機能がありません。この辺りはこれから変わってきそうですね。

使ってみてまず感じたのは「シンプルなのが見やすいな」という点。
デザインとしてもそうですが、上記のような、分かりやすく欲しい情報だけがシンプルにまとまっているので、本当に1ページ見るだけで、この漫画がどういったものなのか、すぐ分かります。

もともとが「漫画ビレッジは、もともと「漫画村」という違法サービスに対抗するために作成されました。」とあるように、スタンスとしては「漫画を愛するためのサイト」

漫画ビレッジ


ガイドライン」にも

ネタバレの扱いを慎重に
作者や作品への批判や中傷はなしっ

といった記載もあり、本当に漫画業界を良くしていこうと思って作られたんだな、と感じさせます。

何かサービス等を立ち上げる時、必ず色んな「思惑」が入ってきます。
それはやはり利益を「いつ」「どうやって」出すか、といった部分が大きいですが、その思惑次第で、サービスの機能やコンテンツが大きく反映されて、一言で言うと「ややこしい」と感じる部分が、要所要所で必ず出てきます。

そういった部分が、このアルからはあまり感じませんでした。

もちろん、軌道に乗ってきたら「ややこしさ」が出てくるかもしれませんが、
とにかく、アルは「シンプルなのが良いな」と感じて、その部分のおかげで使いたいなと感じさせるサイトでした。

この、色んな意味での「シンプルさ」というのは、とても大事です。
面倒臭いものは、皆嫌うのです。

株式会社リフレクトエンターテイメント's job postings

Weekly ranking

Show other rankings