1
/
5

コロナ禍で加速した“置き配問題”を<顔認証>で解決!?特許について解説します!

こんにちは!
プロパティエージェントの若旅です。

今回は、日本の抱える“置き配問題”解決の糸口となる【特許】について解説していこうと思います。

まず、どんな特許を取得したの?

プロパティエージェント㈱の子会社であるDXYZ㈱は、
そのエリアを担当している配達員さんの顔情報をあらかじめアプリ(FreeiD)に登録しておけば、その配達員さんはマンションのエントランスから入ることができ、あなたのご自宅の前に荷物を“置き配”できるという“顔認証システム置き配”関連の特許を取得しました。
(特許第6829789号)


なぜ、“置き配”が必要なの?

コロナ禍で以前よりインターネットで買い物をする人が増えています。
でもやっぱりいつでも受け取れるわけではないですよね。
そこでいま配達員さんたちの再配達が問題になっています。
配達のニーズがどんどん増えていき、配達員さんは人手不足に…。
さらに何度も再配達しなくてはいけないとなると、希望の日時に届けられない等の問題が出てきてしまいます。

一方で、受け取る側が“置き配”を希望しても、宅配BOXが設置されていなかったり、宅配BOXの数に限りがあって空いていないなどの課題もあります。
また、オートロックが設置されているマンションなどは、そもそもエントランスから入れないので“置き配”はできませんよね。

<顔認証>が解決するってどういう事?

今回取得した特許を活用し、DXYZ㈱が提供する顔認証システムサービス「FreeiD(フリード)」と配送会社さまのシステムを連動し、顔認証によるオートロックの解除が可能となります!

オートロックマンションでの“置き配”受け取りニーズに応えられるということですね!

今後は、社会的な問題である再配達問題解消に向け、配送会社さま等とのパートナー連携をはかっていく予定ですので注目していてくだいね!

■ DXYZ株式会社について →  https://dxyz.co.jp/

プロパティエージェント株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
Invitation from プロパティエージェント株式会社
If this story triggered your interest, have a chat with the team?