1
/
5

What we do

充電器を選ぶことは未来の景観を選ぶこと。充電インフラが新たな視覚ノイズを生む可能性を考慮し、意匠性の高いプロダクトデザインを提供しております
ネイティブアプリ「My PLUGO」簡単な操作で充電器利用日時の予約。利用時も充電器のQRコードを読み込むだけでチェックイン完了。UI、UXにこだわり制作しています。
株式会社プラゴは、電気自動車(EV)充電インフラサービスの提供を推進しています。 プラゴは意匠性の高い充電器を作るだけではなく、EVユーザーが本当に使いやすい、また使いたくなるサービスを提供し、「充電体験・充電時間のデザイン」を行う会社です。 ■EV充電関連デバイス開発製造販売事業「Maker」 ファブレスながらEV充電器の自社で企画開発を行い、EV用普通充電器・急速充電器を提供しています。 日本初の急速充電器の公共予約充電を実現いたしました。 また、他社充電器にIoTモジュールを付属し、予約機能、課金機能など付加価値を提供可能です。 ■EV充電サービスユーザアプリ開発運用事業「eMSP」 EVユーザ向け充電アプリ「Myプラゴ」の開発提供をしています。 日本初の充電予約サービスを提供。クーポン連携による設置施設との連携。 アプリの会員登録不要で充電可能なユニバーサルサービスも提供しています。 ■EV充電ステーション設置運用事業「CPO」 使用された電力がすべて再生可能エネルギー由来を証明する「グリーン充電™」の提供。 ユーザが選択したマイ充電ステーションでの定額制サービス「プラゴ定額」の提供。 IoT制御を通じた「オンライン監視サービス」、充電器の定期メンテナンスや駆けつけ対応、 コールセンターによるカスタマーサポートなど充溢のサポート体制を提供しております。 ■EV充電関連ソフトウェアソリューション事業「PLUGO OPEN CHARGE LAB」 EV充電関連サービスの提供により、培った技術、機能を 他社様へソリューションとして提供するSaaS事業を提供しております。

Why we do

オフィスの入り口にデモ機を設置しています。ご訪問頂いたお客様に予約システムのデモンストレーションを実施することもあります。
弊社メンバー。年齢、性別など別け隔てなく色んな人が働ける組織を目指しています。若いエンジニアチームがそれを体現しています。※写真撮影の為、マスクを外しています。通常勤務の場合はマスク着用しています。
Our Vision ①「多様なパートナーとともにEVから拡がる未来を共創する」   EV充電ステーション運営の健全なビジネスモデル構築や、EV充電による事業機会を創出する   ソフトウェアソリューション提供を中心に、どこかに一方的な負担が生まれない形で、   企業 ー 生活者間のEV充電の接点を拡張。持続的なエコシステムを形成します。 ②「時間や体験をデザインし、自分らしいEVライフの普及を促進する。」   EV充電にまつわる時間や体験を包括した、生活者セントリックのUI/UXデザインを追求。   住環境やライフスタイルを問わずに得られる日常の充電機会を創出・拡充し   「誰もがEVを持ちたくなる」「EVで出かけたくなる」社会の実現を目指します。 ③「充電ステーションを生活・交通のプラットフォームに」   人々が行き交い訪れたくなる充電ステーションを実装。   EVユーザの利便性を踏まえた適材適所の設置戦略とサービス設計に基づいた   稼働率にコミットする実効性の高い仕組みにより、   地域や施設においてもポジティブな価値をもたらします。

How we do

弊社オフィスです。フリーアドレスで、出社した社員が自由に席を使っています。ウォーターサーバーも設置しています。トイレがとても綺麗なのもポイントです!
とある国の内閣府に実際に提案したEV Park Bay構想
PLUGOのバリュー ①「POSITIVE INNOVATOR|未知を楽しもう。」 まずやってみること、挑戦を楽しむこと。 変化を受け入れ、自らの心を動かすことが、 新たな価値を創造するエネルギーとなり、 人々を巻き込むイノベーションを生み出します。 未知を楽しむ力が、続けたくなる未来を創ることを、 私たちから証明しよう。 ②「共感ドリブン|成長も喜びも、すべての人と分かち合う。」 人々が共感し参加することで、 はじめて続けたくなる未来が生まれます。 “0→1の共感を創る” 新たな価値を発見すること。 誰もが参加し共に成長していく “順回転のサービス” へ昇華すること。 企業の枠を超えた、 能動的な変化を社会にもたらすことで、 新しく普遍的な共創の形を追求します。 ③「全方位オーナーシップ|すべてに「私なら」思考を。」 自身が主導する仕事はもちろん、プラゴに関わる すべての事柄にオーナーシップを持つこと。 「私ならどうするか」 プラゴ・お客様・社会にとってのベストを考え、 即実践することで、ビジョンにコミットする すぐれたプロフェッショナリズムが生まれます。