1
/
5

What we do

建物を造る建設業を支援するクラウドサービス
国内50,000を超えるプロジェクトで導入!(利用実績一部)
私たちは「建設の世界を限りなくスマートにする」を事業ミッションに掲げる "建設DX"スタートアップです。 建物を造ることを支援するクラウドサービス「Photoruction(フォトラクション)」及び建設産業特化の人工知能エンジン「aoz cloud(アオズクラウド)」の開発・運営、建設業者が行っているデスクワークや雑務を代行するアウトソーシングサービスの"建設BPO"を提供しています。 ■Photoruction https://corporate.photoruction.com/ ■aoz cloud https://aoz.cloud/ ■建設BPO https://note.com/contech/n/nb6af29d8c2ab Photoructionを導入している建設プロジェクトは国内で100,000を突破。都市を代表する建物の工事現場でも使われているなど急成長中のサービスです。 ■弊社のことをより詳しく知りたいと思ってくださった方向け記事↓ 【5分で分かる!建設DXベンチャーって実際どうなの?】 https://www.wantedly.com/companies/photoruction/post_articles/331612 ■受賞歴 東洋経済「すごいベンチャー100」 2019年度ベストベンチャー100選出 EY Innovative Startup 2018 Construction分野受賞 Tech Crunch StartupBattle ファイナリスト選出 IVS Launch Pad 入賞 Global Geek Audition 最優秀賞

Why we do

建設業の仕事は膨大で煩雑になりがち
私たちが普段みている風景も建設業が支えています
【建設の世界を限りなくスマートにする】 私たちが普段見ている景色は建物によって造られています。 住宅、マンション、オフィスビル、学校、私たちの生活は建設業なくして成り立ちません。 建設業は多くの課題に直面しています。 特に今後100万人を超えると予測される労働者不足は深刻です。 働き方を変え生産性を向上させることは、産業維持のために必要不可欠です。 私たちは建設産業と言えば ”スマート” と、誰もが思う世界にすれば、全ての課題が解決すると信じています。 ソフトウェアで建設業の働き方を改善する。データで建設生産の新しい在り方を問う。 フォトラクションはテクノロジーを用いて建設業のスマート化に取り組む "建設DX" 企業です。 【代表の想い】 代表の中島は大学で建設xITの研究に取り組んだ後、大手建設会社で工事現場の監督、ITツールの企画開発、新規部署の立ち上げと様々な仕事を経験してきました。 その中で建物を造るという事に対してデータ整理や書類作成など、本質的ではない仕事があまりにも多く、働く技術者が本来のパフォーマンスを発揮できていないという課題に直面しました。 私たちはそれらを解決すべく、最初のサービスとなる「Photoruction」を2017年11月にリリース、さらにデータの有効活用に向けて大学と複数の事業会社と共に独自の人工知能エンジンである「aoz cloud」の研究開発を行なっています。 建設産業は製造業と比較して生産性、利益率が著しく低い傾向にあり、改善することで将来的に産業のスマート化に繋がると私たちは信じています。 そのため私たちは「建設の世界を限りなくスマートにする」を事業ミッションに掲げ、テクノロジーの力で建設生産のバリューチェーン最適化に挑戦しています。

How we do

常にクオリティに拘ったアウトプットを意識しています。納得がいくまでとことん議論を重ねます。
チームで成し遂げることを大切にした、非常にフラットな組織です。
【成長機会あふれる急成長スタートアップ】 事業はPMF(Product Market Fit)を迎え、現在グロースフェイズ真っ只中です。プロダクトのリリースから3年でMRR(SaaSの月額サブスクリプション売上)は15倍の急成長。ユニコーンの条件とも言われる5年で72倍の事業成長(T2D3)を射程圏内としています。 ユーザーが日々増えていく中で、スピード感を持った開発が求められながら技術的な負債やスケール可能な開発組織づくりなど課題は山積です。「レガシー×DX」というホットなテーマで急成長を迎えているフォトラクションには、成長機会が溢れています。 【Photoruction Values】 フォトラクションでは一貫性を持った組織づくりのために、価値基準としてPhotoruction Valuesを定めています。Valuesは日々の業務の中で生まれる判断の分岐において、フォトラクションとしては常にこちら側を選ぶという基準になる価値観です。 ※参考記事:https://www.wantedly.com/companies/photoruction/post_articles/339794 ◆敬意尊尚 私たちは私たちが関わる全ての人に敬意を持って接します。心理的安全性を高め相互の信頼関係を築くために、立場を問わず相手の話に耳を傾け、本音で対峙し、建設的に議論をすることで最善の結論を導き出します。 ◆最速挙動 私たちが絶えず前進し成長し続けていくためには、まずはすぐに実行してみることが重要になります。1秒でも早く多くを試し多くを経験し改善のサイクルを回していくことがミッション達成への最短ルートであると考えます。 ◆知財共有 メンバーが自ら判断し率先して動くためには、経営に関わるあらゆる情報をメンバー全員が知っておく必要があります。私たちはメンバー全員がよりよい結果をもたらすことができるように、知りうる情報を全て開示し共有します。 ◆職務洗練 建設の世界をスマートにするには私たち自身がスマートでなければいけません。業務フロー、会議、意思決定など私たちのあらゆる活動の中に存在する全ての無駄を徹底的に取り除き、洗練された働き方をすることでどこよりもスマートな会社を目指します。 ◆目的逆算 目的が曖昧な活動は意思決定に迷いを生み出しチームの足取りを重くします。私たちは目的の解像度を高め自分たちの活動の有用性を明らかにし、そこから逆算して行動することで壮大なミッションを最短で達成できるよう努めます 【フルリモート前提の組織づくり】 フォトラクションはコロナ後もフルリモートを前提とした組織づくりをしていきます。地方在住の方、地方へ移住したい方も積極採用中です。年に数回程度、会社が出社を求める場合には交通費や付随する費用を支給する制度も設けています。 詳しくはこちらの記事をご覧ください。 https://www.wantedly.com/companies/photoruction/post_articles/334713