1
/
5

Sign up for free

This page is intended for users in Japan(English). Go to the page for users in United States.

【RPAチーム】期待の若手社員インタビュー

こんにちは!パソナテック採用担当の秋山です!

今回はデジタルテクノロジーグループ RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)チームのOさんにインタビューをさせて頂きました。

RPAチーム期待の若手ホープOさんにパソナテックへの入社経緯や今の業務内容について伺いましたので、ご紹介させて頂きます!

入社2年目 Oさん パソナテックのRPAチームに2019年7月よりジョイン

Q.パソナテックを知ったきっかけを教えて頂けますか?

元々は、IT企業で経営企画の業務を行っていたのですが、仕事をする中で業務改善に取り組む機会が多く、自動化やRPAの分野に興味を持ったのがきっかけになります。

これから働く会社では業務改善/業務効率化に携わりたい!という思いが強くなり、転職活動中は、業務改善/業務効率化に積極的に力をいれているシステム開発の会社・仕事を中心に見ていました。

そんな中でパソナテックからスカウトをもらい、初めてパソナテックの存在を知りました。当時は、まずは話を聞いてみようかなと思って選考に進みましたが、徐々に会社としての魅力を感じて志望度が上がっていきましたね。

Q.パソナテックのどのような所に魅力を感じましたか?

理由は沢山あるのですが、一番は『人』ですね。

面接をする中で、面接官の皆さんが、親身になって話を聞いてくれたり、自分の今後のキャリアを真剣に考えてくれたりと、面接を通して人柄の良さを感じることができました。また、前職では比較的年齢層が高く管理者も40、50代の方が多かったのですが、パソナテックの面接でお会いする方々は皆さん若く、エネルギッシュだったので、若手のうちから活躍できるチャンスのある会社なんだなと感じることができたのも決め手でしたね。

あとは、パソナグループの企業理念である『社会の問題点を解決する。』というのも、私が転職の軸にしていた業務改善や自動化といったキーワードとリンクしていて、魅力的に映りました。実際に、入社後パソナテックの社員の方々と接する中で、技術やスキル習得よりも「この問題を解決する手段はなにか。」という課題感を持っている方が多い印象を受け、理念とのギャップは感じませんでしたね。

もう一つ付け加えると、福利厚生制度がしっかりしていたことも魅力でした。長く働いていくうえで、福利厚生の手厚さも重要だなと考えていたのですが、パソナテックはスキルアップ支援制度やカフェテリアポイント制度(年間12~18万円ポイント付与)など、有給の取得推奨制度やキャリアアップを後押しする制度が多く、働きやすい環境だと感じて入社を決めました。ちなみに私は会社のカフェテリアポイントを使って日経コンピュータを定期購読したりしています。

Q.入社からご経験したプロジェクトについて教えてください。

入社後は主にUiPathを使用したシステムの運用や開発に携わっています。

入社してから1年強の中で、全部で3つのプロジェクトに携わってきました。UiPathを用いたサービスの運用保守のプロジェクトからはじまり、現在はUiPathとSalesforceなどの他システムを連携させる開発に携わっています。少し内容をお伝えすると、会計を審査するシステムで、不備があった際に自動的に抽出して弾くシステムを開発しています。RPAは業務の改善に直結するシステムでもあるので、ユーザーの方から、「システムが使いやすくなったよ」とか「業務が楽になったよ」という声をいただくと凄くやりがいを感じますね。

まだまだ不明点もありますが、在宅勤務をしている今の状況でも、分からない事や質問があればSlack上で直ぐに聞ける人がいますし、質問の回答もびっくりするぐらい早いので円滑に業務を進められてます。

Q.部門の風土や雰囲気は?

基本的に和気あいあいとしてますよ!人間関係の繋がりが強く、業務外でプライベートな話ができる仲の良さが魅力ですね!

コロナ禍の今もZoomでのランチ会や飲み会も行ってますし、Slack上で色々な部活のスレッドを作ってワイワイ話をしたりもしてます。例えば、カメラ部、ディズニー部、飲み部等など・・・趣味の合うメンバーと話をしたり交流する機会も活発なので在宅勤務の今でも、コミュニケーション不足になることも無いなぁ!と思ってます。

後は、自分の意見をしっかりと聞いてくれる環境ができていると思います。現場常駐にて勤務をしていた際に、本社オフィスに行く機会が無かったため、週に1回帰社日を設定して下さいと上司に進言したら直ぐに意見を取り入れて対応してくれました。

勿論、正当な理由がある前提ですが、上司や先輩がメンバーの意見を取り入れ、実行してくれる風通りの良さは魅力だと思っています。

UiPath AI EXPOに参加時のOさん

Q.こんな方がRPAチームに合っている!?

この技術を習得したい、このスキルを学びたいと思っている人よりも「本質的に業務改善をしたい!」という方が向いているかなと思います。クライアントと接する機会も多いので、クライアントが抱えている課題や問題に対して、『どんな技術やツールを使えば喜んでくれるのか』という目線を持ち、課題を解決することにやりがいを持っている方がパソナテックでは活躍していると感じます!

後は、人間関係の繋がりが強いので、一人でコツコツやりたい。という人よりチームで協力しながら仕事を進めていきたい人が向いていると思います!新しい技術の情報をSlack上で共有したり、持ち回りで研修したり、部活を立ち上げてワイワイ話したりと横のつながりが活発なので、皆でチームを盛り上げて良い環境にしていこうという意識を持った人が良いと思いますし、現に今のチームもそういった考えを持った人が多いかなと感じてます。

最後に・・・

労働人口減少や、働き方改革の一環として生産性を向上させること等の目的から昨今、RPAの導入が加速しています。パソナテックとしてもクライアントのニーズに応えるべく事業の拡大を目指していますので、業務改善に興味のある方・自動化やRPAに興味のある方は是非ともチャレンジ下さい!!

株式会社パソナテック's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more